「現役医師が語る生命の不思議”人は死なない”」の謎に迫る

スポンサーリンク




最先端の医療技術を有する、東京大学医学部附属病院。
その最前線で活躍する医師が今、こんなメッセージを世に問いかける。
肉体は勿論滅んでも、我々の本当の体というか魂はずっと続くので「人は死なない」と語る。

”人は死なない”

そう語るのは東大病院で救急チームを率いる、矢作直樹医師(57)

現役医師が語る「生命の不思議”人は死なない”」

そのメッセージに込められた思いとは?

東大病院救急部集中治療部部長、矢作直樹医師(57)

2年前に発表した著書が口コミで広がり今、大きな話題となっている。

そのタイトルは「人は死なない

矢作医師によると、肉体はもちろん滅んでも、我々の本当の身体というか魂はずっと続くので、魂としてみる、永続するのでそういう意味では”人は死なないと”いうことです。

古代から日本人は人は死ぬとその霊は肉体から離れてあの世に行くとを考えていました。

昔の日本人は皆、直感的に人の死後の存続を信じていたのだと思います。

科学に基づいた最先端医療に携わる医師でありながら、魂や死後の世界の存在を肯定する矢作医師。

数多くの死の現場に立ち会う中で生まれた、独自の死生観に今、注目が集まっている。

例えば、末期がんで助からず最後に亡くなる時や、亡くなる直前ぐらいに「はっと驚いたような顔をするんですよ」

それが、”お迎え現象”だという。

それまで苦しそうな顔してたのが急にきれいな顔になるのだという。

おそらく、お迎えに来られた人とお話でもされてるんじゃないかと語る。

2001年に、東大病院の救急部集中治療部部長に就任した矢作直樹医師。

東大大学院では教授を務め救急医療の進歩に情熱を注ぐ。

矢作医師の教授室は、本の山で埋め尽くされている。

独身の矢作医師は、365日救急医療の現場に身を置く。

人の生死を見つめ続ける中で、日本人の死に対する意識は年々薄れていると感じている。

最近は昔と違ってだんだん、かく家族化になって人の死に際に立知合わない人が多くなりましたという。

病院でそういう身内の方を亡くされて、「昔だったらこんなに嘆き悲しまないのになっ」ていう人がやっぱり増えてきたような気がするという。

いわゆる”死ぬ”ということを理解して欲しいんですけど、病院に入ってくると”死なない”と思っていらっしゃるご家族が結構いるのだという。

スポンサーリンク




医療決して万能ではない!

むしろ不確実なことだらけだという!

だから逆に言うと「わからないので一生懸命やらないといけない」ということ。

人間の力は微々たるもの

矢作医師には、そう思わざるを得ない不思議な体験があると言う。

単独での登山に熱中していた大学生の頃。

冬の北アルプスで急斜面から滑落。

命からがら下山したときのことだった。

吹雪の中、風の音だけが聞こえてる中で”もうくるな”と頭の中で聞こえたという。

最初は、それがこだまかなと思ったがその時、矢作医師は普段感じてる、あるいは見ているのとは違う世界があるのに気付いたという。

北アルプスのふもとで聞いた”不思議な声”それ以来、医療の仕事に没頭するようになった矢作医師。

矢作医師いわく、医療の役割とは寿命を全うすることをお手伝いする”ことだという。

生命の不思議

医療現場で垣間見る”命の不思議

そして、あの世にはせる思い。

人は亡くなってもカタチのない世界というのはどこにあってもいい。

距離的な言い方が正確かどうか分からないけどもここにあると!

だから昔の人が言ってた、”里山であの見てますよ”ってな調子だという。

矢作医師にとって”死”とは?

お疲れ様と言うとりあえずのこの世でもゴールだという。

必ず良い人生が送れた後には、より良い次の人生が待っているのだ!

スポンサーリンク