AmazonCEOジョフ・ベゾスが語る後悔最小化理論とは?

スポンサーリンク




アマゾンCEOジョフ・ベゾス

ジェフリー・プレストン・ベゾスは、アメリカ合衆国の実業家、作家、教育者。Amazon.com の共同創設者でありCEO、取締役会長、社長。出生名はジェフリー・プレストン・ジョーゲンセン。世界最大の資産家であり、フォーブスの長者番付によると2018年時点で1120億ドルの資産を有する

私たち、人間の素晴らしところは、常に問題を解決し続ける点です。

AmazonCEOジョフ・ベゾスが語る

起業家や発明家などは、好奇心と情熱でもって現状に満足することなく、常に問題解決に取り組みます。

アマゾンで常に伝えている批評に対する心得があります。

批評された時はまず鏡を見つめ、その批評は正しいかを判断すること。

それが正しいのなら解決するのです。

批判されることはない」そう思うことは繊細すぎるのです。

挑戦と批判は、表裏一体です。

画期的なことに取り組む時、批判や誤解を受け入れる覚悟がないなら、そもそも始めない方がいい。

スポンサーリンク




後悔最小化理論

人生の終わりに人が良く後悔するのは、失敗したこと自体ではなく、挑戦しなかったことに後悔するのです。

人生の意義を満たせないことが後悔に繋がるのです。

それは、仕事だけではありません。

例えば、好きな人に想いを伝えられなかった事。

勇気を出せなかった事。

行動に移せなかった事。

そういったものが、人生を振り返った時に深く心に刺さります。

しかし、運のいいことに、私の周りには愛を持って背中を押してくれる人たちがいました。

「仕事と生活の調和」

仕事と生活の調和についてよく語ります。

幸せな私生活を送っていたら幸福感を持って仕事に励めます。

そして、仕事が最高になれば家に帰っても最高なのです。

バランスを取るものでなく、循環するものなのです。

それは、誰にでも助け合えばできるはずです。

あなたの会社にも、みんなのテンションを下げる奴いませんか?

雰囲気悪くしちゃう人、そんな人にはなりたくないでしょう!

皆さんは、元気を与える人になってください!

変化を求めない事

それが何よりも危険だ

ジョフ・ベゾス

 

スポンサーリンク