【何を意味する】救急車両の赤色灯とサイレン音の謎に迫る!

スポンサーリンク




皆さんも普段運転中に、回転灯を点灯してパトカーが背後から接心してきて慌てた経験はないでしょうか?

謎、パトカーはサイレンも鳴らさず回転灯を点灯させているのでしょうか?

サイレンを鳴らて回転灯をつけていれば、当然緊急走行中なのはわかりますが!

回転灯だけの場合は、何を意味するのでしょう?

パトカーが回転灯だけを点灯させてる意味

パトカーが、回転灯を点灯させて走行しているときは、次のような理由があります。

1・緊急性がない事件現場「交通事故など」に向かう場合。

2・パトロールをしている場合。

回転灯を点灯させて走っていると目立ちます。

それを見た人は、パトカーの存在をしり事件や、事故の減少に繋がります。

ちなみに、消防車も火災予防のため、赤色灯を点灯させて走ることもよくありそうです。

また、注意すべきことは「現在速度計測中のサイン」です。

スピード違反車を追尾して計測するときは、赤色灯を回しながら、計測するという決まりがあります。

したがって、自分の後ろについたパトカーが赤色灯を回転させていたら、あなたがスピードを測られてしる可能性大です。

覆面パトカーでも、グリルの中の赤色灯を回転させながらスピードを計測します。

パトカー、救急車、消防車、これらサイレンの音は、状況によって音が違う場合があるそうです。

パトカーのサイレン音でイメージすると「ファンファンファン」が大半を占めます。

しかし、この「ファンファンファン」は刑事ドラマなどで使用されているサイレン音で、実はこのサイレン音は現在使われていません。

「ファンファンファン」という音は、昭和49年大の頃、警視庁で一時期採用されていたそうです。

現在のパトカーのサイレン音は、消防車と同じような「ウーウー」という音です。

厳密には、パトカーの場合は4秒くらいの周期で「ウーウー」が鳴ったりやんだりします。

ちなみに、白バイはパトカーより少し高音の「ヒューン」というサイレンになっています。

スポンサーリンク




災害の種類で違う消防車のサイレン

消防車は、火災現場へ向かう時は「ウー」というサイレン音に加えて「カンカンカン」という鐘の音を鳴らせて走行しています。

つまり、火災発生を意味しています。

「ウー!ウー!ウー!」は「救助」「救急」「警戒」など火災以外の災害現場に行く時です。

「カン!カン!カン!」は、無事、消化し消防車が消防署に戻るときのサイレン音です。

火事が消えたことを知らせるために「カン!カン!カン!」と鐘の音だけを鳴らして走行します。

また、火災現場などで消防車とパトカーが一緒に停まっていることが多いですが、役割は、消防車は火消しを、警察は交通規制や誘導などを行うためです。

住人への配慮を考えた救急車のサイレン

救急車のサイレン音といえば「ピーポーピーポー」を思い浮かべます。

実は、この音を聞くだけで少々不安を募らせる人がいます。

そこで、救急車は同じ「ピーポー」でも、住宅地を走る際には、住民への騒音に配慮して、少し低めの「ピーポーピーポー」と鳴らして走行しているのです。

一方、交差点に進入する際には、多くの人々に存在を知らしめるため、注意喚起をするためパトカーと同じ高音の「ウー!ウー!」というサイレンを鳴らします。

緊急車両のサイレンが聞こえたら道を譲る運転を心掛けたいものです。

サイレンを鳴らす、鳴らさない、行為にもいろいろな意味があるのです。

今度、回転灯だけを点灯しているパトカーを見つけたら注意してみてください。

スポンサーリンク