【孤独のグルメ】中野区百軒横丁チキン南蛮と地鶏モモ串の店「泪橋」

スポンサーリンク




孤独のグルメseason7 8話で紹介された中野区百軒横丁の下町風情溢れる商店街で、ゴローの目に飛び込んできたのは、 チキン南蛮、地鶏モモ串の宮崎郷土料理のお店「泪橋」百花繚乱、変幻自在の鶏のメニューからゴローは何を選び食したのか!

孤独グルメで紹介されたメニュー

・チキン南蛮

・地鶏モモ串

あっと言う間に焼き鳥6本平らげる!

メニューに焼き鳥定食がないことを嘆くのであった!

下戸のゴローは、焼き鳥を久しぶり食らい改めて焼き鳥の旨さを噛みしめるのであった。

続けて、つくね2本とピーマンの肉詰め!

ピーマンの肉詰めは苦うまい

シャキッシャキッとしたピーマンの食感が食欲をそそる。

たまらず飯を注文!

出てきたのは、梅干しの入った焼きめし!

これでスイッチが入り、鳥の煮込みを注文!

鳥の煮込みって珍しいですよね。

続いて焼肉!

「俺の肉が泣き出した」

まずはカルビから〜

やっぱり焼肉には白いご飯だな〜タレとの相性申し分ない!

体が熱く燃えてきたゴローは、「まるで俺の体は製鉄所、溶鉱炉のようだ!俺はまるで人間火力発電所だ!」と例えた。

汗をかきながら飯をたいらげるゴローであった。

 

スポンサーリンク




居酒屋でしか楽しめない鶏のフルコース

泪橋

おつかれ様セット(生ビール+串5本)980円

串焼きは、テッポウ、フワ、ハツ、タン、レバーの5本。

フワは、鶏の肺とのことらしい初めて聞いたw。

焼き鳥のタレは伝統なうまみたっぷり。

とりわさ 500円

新鮮でなければ出せない逸品である。

酒の肴に相性抜群!

チキン南蛮 780円

カリッと揚がったチキンと特製タルタルソースがベストマッチ。

肉汁と特製タルタルソースで口の中が幸せな気分に♡

お店は、常連客で満員御礼。

お店は、やや手狭なので和気あいあいとした雰囲気がありました。

泪橋紹介

泪橋 (なみだばし)
ジャンル 焼鳥、焼きとん、居酒屋
予約・
お問い合わせ

03-6383-2900

予約可否

予約可

住所

東京都中野区中野5-53-10

交通手段 中野駅北口から5分

中野駅から393m

営業時間 17:00~24:00
定休日 日曜日
予算(口コミ集計)
¥5,000~¥5,999

予算分布を見る

スポンサーリンク