【ナメック星人もビックリ!】驚異の再生能力プラナリアの謎に迫る!

スポンサーリンク




ナメック星人も驚きの再生能力!

地球上で最も分裂のできる、300個に切り刻んでもすべてが再生したなんてギネス記録もあるほどです。

そんな、ちょっと顔が可愛いプラナリアの謎に迫ります!

プラナリアんの再生能力

プラナリアの再生能力はいちじるしく、ナミウズムシの場合は前後に3つに切れば、頭部からは腹部以降が、尾部側からは頭部が、中央の断片からは前部の切り口から頭部、後部の切り口から尾部が再生される。このような、各部から残りの部分が正しい方向で再生されることを「極性がある」といい、具体的には何らかの物質の濃度勾配ではないかとされている。

  • 頭に切れ込みを入れて3等分にすれば、3つの頭を持つプラナリアに再生する。
  • ある学者がメスを使い100を超える断片になるまで滅多切りにしたが、その全片が再生して100を超えるプラナリアが再生したという逸話がある。プラナリアが再生できる栄養環境さえあれば可能であるとされる。
  • 切断実験をする際は、1週間前から絶食させておかないと、切断時に体内の消化液で自身の体を溶かしてしまい、絶命する

 

プラナリアの再生能力はいちじるしく、ナミウズムシの場合は前後に3つに切れば、頭部からは腹部以降が、尾部側からは頭部が、中央の断片からは前部の切り口から頭部、後部の切り口から尾部が再生される。このような、各部から残りの部分が正しい方向で再生されることを「極性がある」といい、具体的には何らかの物質の濃度勾配ではないかとされている。再生が秩序正しく行われるための体内の濃度勾配を司る遺伝子として、Nou-darake遺伝子が同定されている。

頭に切れ込みを入れて3等分にすれば、3つの頭を持つプラナリアに再生する。
ある学者がメスを使い100を超える断片になるまで滅多切りにしたが、その全片が再生して100を超えるプラナリアが再生したという逸話がある。

プラナリアが再生できる栄養環境さえあれば可能であるとされる。

切断実験をする際は、1週間前から絶食させておかないと、切断時に体内の消化液で自身の体を溶かしてしまい、絶命する。

スポンサーリンク




プラナリアの生息域

プラナリアは日本中の川の上流に生息しており、石の後ろなどで発見することが出来る。

主にカゲロウの幼虫などの水生昆虫を餌とし生きています。

また、アクアリウムなどではプラナリアが大発生し、害虫として扱われ嫌われ者なのです。

目がとても可愛い!

楽天やアマゾンでも購入できる

 

なんと楽天にも売ってたW。

しかし、地球上にはまだまだ謎の生物がたくさん存在しているんでしょうね。

これからも、不思議な生物や動物を発見したら紹介していきます!

スポンサーリンク