【必見】夜間働く人は癌になりやすい!驚愕事実の謎に迫る!

スポンサーリンク




今、私たちの2人に1人は癌になります。

実はその背景に意外な事実がありました。

人類は、この数百万年に驚異的な進化を遂げました。

しかし、その代償に癌になる可能性を高めてしまったのです。

科学や医療の進歩した中、人類は未だ癌を克服する術を得ていません。

一体なぜなのでしょうか?

現代社会において、癌の発症率と意外な関係が分かってきました。

今回は、癌の発症率を高めている意外な事実の謎に迫ります。

癌の発症と赤外線の意外な関係

大腸がんの死亡率を例にとってみると意外な事実が分かってきました。

大腸がんになる死亡率の高い地域を示した地図と、各地に降り注ぐ赤外線の量を重ねると、紫外線量の少ない地域ほど癌の死亡率が高いことが分かってきました。

紫外線が癌の発症リスクを左右するのは何故なのか?

それは、紫外線を浴びることで体内にできるある物質が影響していたのです。

その物質とは、紫外線を浴びることで皮膚に作られるビタミンDです。

当然、紫外線量の多い地域に住む人の体内では、ビタミンDが大量に作られます。

その逆に、紫外線量の少ない地域では、体内で作られるビタミンDの量が少ない事が癌になりやすい原因だったのです。

赤道から離れた緯度の高い地域で暮らすことは、日光を浴びて癌を抑制するという仕組みを台無しにしてしまいました。

それは、人類が発明した電気です。

一晩中輝く街の明かり。エジソンが発明した電灯は人々に夜に活動できる暮らしをもたらしました。

しかし、人類の永い進化の中で夜は眠る暮らしをしてきた人類にとって、この変化が癌のリスクを更に高めてしまった事が明らかになりました。

スポンサーリンク




夜勤勤務と乳がんの発生リスク

注目のきっかけとなったのは、夜勤をする看護師に癌が多い事でした。

昼間だけ勤務を行っている看護師をとした場合、夜10時以降の夜勤を月に数回行っている人は1.8倍

常に夜だけ働いている人は、2.9倍も癌の発症リスクが高い事が分かったのです。

これは、睡眠中に分泌されるメラトニンの量が関係していたのです。

夜間働く人は、日中勤務する人の5分の1しかメラトニンが分泌されていません。

血液中のメラトニン量が癌増殖に影響するのか?

癌を移植したマウスの実験で、メラトニン量の違う血液を注入しその差を調べました。

その結果、メラトニンが少ない血液では癌が大きくなっていたのに対し、メラトニンが多い血液では癌は大きくならない結果が出たのです。

この実験で、メラトニンが癌の増殖を抑制していることが明らかになったのです。

この結果から、夜間活動する人に癌の発症率が増加する事が分かりました。

夜間勤務は、男性の前立腺癌のリスクを3倍にする事も最近の研究で明らかになりました。

本来、癌を抑える仕組みがライフスタイルの変化で機能しなくなってしまったのです。

スポンサーリンク