1敵の血でわかる!がんからのメッセージ!最先端医療の謎に迫る!

スポンサーリンク




これまでのがん検診は、がんの種類ごとに異なる方法で調べなければならず負担が大きいうえ、更に早期発見が難しい事も少なくありませんでした。それが、たった「一滴の血」を調べるだけで13種類ものがんを発見できる画期的な検査方法を生み出したのです。

一滴の血の検査でわかる13種類のガン

・すい臓がん
・肺がん
・胆道ガン
・前立腺がん
・内腫
・神経膠腫
・乳がん
・胃がん
・すい臓がん
・大腸がん
・大腸がん
・卵巣がん

これら13種類のがんを早期発見をできるのです。

しかも、正しく判定できる精度は95%以上。

実は、この検査で調べるのも血液中をめぐるメッセージ物質です。

・メッセージ物質とは
細胞から細胞へと情報を伝える物質。

メッセージを発しているのは、なんとあの憎きがん細胞だというのです。

スポンサーリンク




がん細胞からのメッセージ

エクソソームと呼ばれる直径わずか1万分の1mm程の小さなカプセル。

がん細胞は、このカプセルの中にあるメッセージ物質を隠して全身に送りだします。

このエクソソーム、がんが身体に広がる為の重要な武器である事が突き止めされました。

例えば乳がんは、なぜか通常がんが出来にくい脳に転移します。

その理由もエクソソームの働きにあります。

もともと脳の血管の壁には厳重なバリアがあり、がん細胞は脳の中に入れません。

そこ乳がんの細胞は、まずエクソソームを血液中に放出し血管の壁の細胞へと送り込みます。

血管の壁は、これをがん細胞からの物とは知らずに開封。

すると、中にあるメッセージ物質が仲間のふりをしてバリアをゆるめてと語り始めます。

その結果、血液に乗って流れてきた乳がんの細胞はバリアが緩んだ部分から脳の内部に侵入。

転移を果たすのです。

私たちの身体には、そんな悪意に満ちたウィルスメール様なメッセージも飛び交っていたのです。

でも、このがん細胞のメッセージを逆に利用しようと言うのが「血液1摘からの最新ガン検査」なのです。

実は、がん細胞が出すエクソソームは、がんの種類によって中に含まれる物質が異なる事分かっています。

それを調べれば、体内にどんな種類のがん細胞が潜んでいるかが分かると言うのです

実用化を目指して急ピッチで研究が進められています。

国民の多くの方が、この検査を受けられる時代が来れば、がん早く見つけ出し早く治療する、新しいがん診断方法を導入することで、がんによる死亡が国全体で減らせる、これが究極の目標となっているのです。

自宅で簡単がん検診

がん発見の方法は違いますが、民間の企業でも同じ試みの開発が始まっています。

がんの種類は特定されますが自宅で出来る、がん検査キッドはすでに販売されています。

忙しく、時間がない、そんなあなたに自宅で、自分で簡単に。

わずかな血液で健康チェック!

DEMECALメディカル血液検査キッド

 

 

スポンサーリンク