死刑執行後の死刑囚の遺体はどうなるのか?の謎に迫る!

スポンサーリンク




死刑が確定し、執行された死刑囚の遺体はどうなるのか?

引き取りを拒む家族も多くいるらしく、その後の遺体はどうなるのか?

そんな謎に包まれた死刑囚の遺体の謎に迫る!

死刑執行後の遺体の葬儀はどうなるのか?

死刑執行後の死亡確認は拘置所の在中の専属医師が行う。

その後、死亡が確認されると遺体の処理は拘置所の職員で行います。

拘置所の職員は、執行された遺体の体をきれいに清める。

死刑が執行し死亡確認後に、法務省よりご家族へ連絡し遺体の引き渡しが行われる。

しかし、家族の中には死体を引き取らない家族もいるそうです。

家族が遺体を引き取った場合

家族の意思の元、葬儀、火葬等が行われる。

引きと手がいない場合

家族の連絡が取れなかったり、家族が引き取りを拒否した場合には、刑事施設にて火葬を行う事になります。

重罪な犯罪を犯した場合、家族の引き取りてはない事の方が多い。

したがって、刑務所の隣接の火葬場で火葬され刑務所付近の刑務所用の墓地の納骨堂に埋葬される。

スポンサーリンク




東京拘置所で死刑が執行された場合

東京拘置所で死刑が執行し、引き取りてがいない場合、雑司ケ谷墓地の中に法務省の納骨堂があり、そこに納骨されることになる。

拘置所内で葬儀は行われるのか?

拘置所内で行うという文献もありますが、通常施設の長が火葬、埋葬を行う形式となっており、お経など読むか読まないかは不明である。

おそらく、執行前のお坊さんが引き続き簡単なお清めのお経を読むと考えるのが妥当である。

葬儀と言っても、質素な簡単な火葬、納骨のみである。

たとえ重罪を犯した死刑囚であっても、刑を執行されれば普通の人と同じ扱いになるのが倫理的である。

したがって、遺体もお清めし火葬し供養するというのが一般的なのです。

何が理由で重罪犯罪を起こしたのかは知りませんが、次に生まれ変わったとしたら罪のない人生を送って貰いたいものである。

スポンサーリンク