【警告】キラウエア火山の噴火は日本の恐ろしい事態が現実になる前兆!

スポンサーリンク




1983年以来、ずっと活発な火山活動を続けているキラウエア火山。5月3日に噴火し、次いで17日には爆発的な噴火が起き、今月4日の午後0時32分には、M5.7の火山地震も起きている。溶岩は同州の最大の淡水湖グリーンレイクに流れ込み、わすが数時間で湖を蒸発させた。
大規模噴火を続けるキラウエア火山は、日本の巨大地震と火山噴火を引き起こす事が過去のデータで判明した。

キラウエア火山と日本の巨大地震や富士山噴火との関係

実は、過去のデータ分析によると、キラウエア火山が噴火すると日本列島の周辺でも火山噴火や巨大地震が発生する傾向があることが分かった。しかも、富士山噴火を危惧する学者も多く危険性が高まっていると話す。

それに加え、南海トラフ巨大地震も切迫しており、もし南海トラフ巨大地震が起これば20年間の経済損害額は1410兆円に及ぶと土木学会が公表したばかりである。

しかも、南海トラフ巨大地震と富士山の噴火が同時に起こる可能性もあり、日本はまさに「国難」レベルの災害になる。

土木学会では、対策の強化や都市機能の分散を進めるべきだとしています。

キラウエア火山の噴火は、「遠い島の話」では、なくなるのです。

スポンサーリンク




日本の恐ろしい事態が現実になる前兆

日本では、今年に入りあちらこちらで火山の噴火が起きています。

最近、ニューででも火山噴火の話題多いと感じていまっせんか?

1月には、桜島噴火・草津白根山噴火、3月には諏訪之瀬島噴火・新燃岳噴火、4月には霧島連山の硫黄島噴火、海外でも特に中南米の地域で噴火が多数確認されている。

地震学者も富士山噴火を警戒

太平洋プレート上にあるハワイ島の活発な火山活動は、プレートの西端の日本付近の火山活動や巨大地震に影響を及ぼす事があり得るというのだ。

過去のキラウエア火山噴火と日本の噴火や地震

1894年3月21日:キラウエア火山噴火
日本
1894年3月22日:根室半島沖地震(M7.9~8.2)
その他にも
同年 4月6日:浅間山噴火
同年 6月20日:明治東京地震(M7)
同年 7月3日:蔵王山噴火

1896年1月3日:キラウエア火山噴火
日本
1896年1月9日:茨城沖地震(M7.3)
同年 3月8日:蔵王山噴火
同年 3月15日:霧島連山・御鉢山噴火
同年 6月15日:明治三陸地震(M8.5)

1897年6月24日:キラウエア火山噴火
日本
1897年7月8日:草津白根山噴火
同年 8月3日:草津白根山噴火
同年 8月5日:三陸沖地震(M7.7)

1923年8月25日:キラウエア火山噴火
日本
1923年9月1日:関東大震災(M8.2)
同年 9月1日:相模湾地震(M7.3)
同年 9月2日:千葉県南東沖地震(M7.3)

1924年7月19日:キラウエア火山噴火
日本
1924年7月31日:駒ヶ岳噴火
同年 8月15日:茨城県沖地震(M7.2)
同年 9月13日:浅間山噴火

1960年1月13日:キラウエア火山噴火
日本
1960年1月16日:阿蘇山噴火
同年 3月21日:三陸沖地震(M7.2)
同年 5月22日:チリ地震(M9.5観測史上最大)日本以外

1961年7月10日:キラウエア火山噴火
日本
1961年8月12日:釧路沖地震(M7.2)
同年 8月14日:十勝岳噴火
同年 8月18日:浅間山噴火
同年 8月19日:北美濃地震(M7.5)

1963年10月5日:キラウエア火山噴火
日本
1963年10月13日:択捉島沖地震(M8.1)
同年 11月10日:阿蘇山噴火
同年 11月20日:那須岳噴火

1973年5月5日:キラウエア火山噴火
日本
1973年6月1日:桜島噴火
同年 6月17日:根室半島沖地震(M7.4)
同年 6月24日:根室半島南東沖地震(M7.1)

1982年9月25日:キラウエア火山噴火
日本
1982年10月2日:浅間山噴火
同年 10月26日:草津白根山噴火
同年 11月28日:硫黄島噴火

以降は割愛そして・・・

2018年5月3日:キラウエア火山噴火

2018年5月14日霧島山(新燃岳)噴火

同年6月16日:桜島噴火

同年6月17日:群馬県南部地震(M4.6)

同年6月18日:大阪府北部震度(M5.9)

同年 Xデー

今回の大阪の地震と南海トラフとの関係性はないと気象庁は発表しているが、果たして本当だろうか?

大阪の震災を予知出来なかったのに、なぜ南海トラフとの関係性はないと言い切れるのか信憑性に欠ける!

以上まさにキラウエア火山で噴火が起こると日本で何かが起こる事実!

これらは「週刊実話」でも取り上げられている。

予測によると2019年までに富士山の噴火が起こると言われている。

また、過去のデータなどの科学的根拠に加え、サイキックたちも同様の主張を唱えている。

FBI超能力捜査官のJ・マクモニーグル氏も2018年秋に10.5mの津波を予

また東京都で震度6の地震を予知している。

恐ろしいのは、前者の予知は「南海トラフ巨大地震」の可能性があるというだ。

いずれにせよ、すべてがデータや、予知通りになるわけでもないが、備えに越した事はないであろう。
シリーズ累計販売数60,000セット突破 防災セットSHELTERシリーズ

Related Post

スポンサーリンク