【速報】東海道新幹線内で刺された男性死亡!愛知県岡崎市の20代の男を殺人未遂容疑で逮捕

スポンサーリンク




9日9時50分頃、東海道新幹線「のぞみ265号」の車内でナタのような刃物を振り回し男がおばれ、乗り合わせた乗客に襲いかかった!3人が負傷し、内1人は首を切られ搬送先の病院で死亡が確認された。

切付けられた男性搬送先の病院で死亡

9日午後9時50分頃、東海道新幹線東京発新大阪行きの「のぞみ265号」の車内で、ナタを振り回し暴れた男が乗り合わせた乗客に次々に襲いかかり30歳代の男性が救急車で搬送されるも病院で死亡が確認された。

新幹線は、小田原駅で緊急停車し駆け付けた神奈川県警の捜査員が男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

襲われた男性が死亡したことから、容疑を殺人に切り替えて捜査する模様。

他に男女1人ずつが負傷している模様。

神奈川県警によると犯人は

関係者の話によると、犯人は男は愛知県岡崎市に住む自称(小島一郎)22歳。

小島容疑者は被害者の男性に馬乗りになりメッタ刺ししていたという

被害者の男性がぐったりしているにも関わらず、自称小島容疑者は必要に被害者を刺し続けていたという。

神奈川県警によると、小島容疑者は「むしゃくしゃ」してやったと犯行をほのめかしている

凶器に使われた刃物はナタのような斧のようである。

凶器を所持し犯行に至ったことから計画的な犯行といえる。

今後、男の精神状態や違法薬物など使用していないか調べが進むと思われる。

しかし、今回の事件を受けて日ごろ新幹線を利用する乗客にとってショックは計り知れないだろう。

一刻も早く事件の真相が明らかになることを望む。

このような無差別殺人が公共の場で起こる可能性が今後もあり得る世の中になりつつある。

飛行機や、電車など搭乗ゲートに金属探知機の設置など課題が残る事件となるだろう。

なを10日午前0時50分頃には新幹線は運転を再開。
三島駅から先に向かう乗客は、別の新幹線に乗り換え新大阪まで運転する予定。

 

 

スポンサーリンク