【髪の種】2020年「人は脱毛症や薄毛」の悩みから解消される!

スポンサーリンク




理化学研究所と再生医療のベンチャー企業が発表した最新医療の技術。2020年、薄毛から解放される?癌とハゲの薬を作ったらノーベル賞と言われるほど、人類はこの悩みを抱えている。その研究の最前線に迫る!

【髪の種】2020年「人は脱毛症や薄毛」治療開始

理化学研究所と医療ベンチャー企業のオーガンテクノロジーズが、髪の毛を作る「毛包」という器官を大量に再生させる事に成功し2020年の実用化を目指すと発表した。

2020年と言えば東京オリンピックで盛り上がりそうだが、世界中のハゲの間でも大注目されるだろう。

日本が誇る再生技術で、髪の毛を増やそうと言うのです。

対象となるのは、日本全国に約1800万人いるとされる、AGA=男性型脱毛症の方です。

開発したの、理化学研究所の辻孝博士。

スポンサーリンク




その方法「毛包」を増やす研究とは

正常な部分の頭皮を一部切り取り、健康な毛包を取り出します。

そこから、三種類の細胞「上皮幹細胞・毛乳頭細胞・色素幹細胞」を取り出して培養。

数を増やした所で再び3種類を組み合わせて「毛包」の元基=種を作ります。

それを、髪がない部分へピンセットで移植していくと、そこから髪が生えてくるというのです。

こちらは、マウスででの実験写真です。

移植した部分から毛が生えてます。

一旦移植した毛包は1回ではなくて幹細胞がそこで生涯に渡って格納されるので、髪の毛はなんと抜けも再び生えてくるという優れもの。

理研によると、20日間で髪の毛1万本分の「毛包」を作ることができると言います。

今の植毛治療のように後頭部から頭頂部へ毛包を移植据えるだけでは毛髪の数は増えない!

つまり、細培養できれば毛髪の数を増や事が出来るのです。

7月にはマウスを使い安全性を確認する実験を行う。

来年にはAGAの男性を対象とした臨床研究をする予定となっている。

このニュースにハゲのおっさん達の声

髪の毛が増えるのを開発すれば多分ノーベル賞ものだねと絶賛。

信じられない!だってもう毛根ないもん絶対戻らないでしょう!と諦めの声も!

これらは、今まで数々の育毛剤に失敗した経験があるからではないのかな!

中には、実験台となって失敗するより、このままの方が良いかな!なんて男性もいますが、大勢の薄毛で悩む人々の関心は非常に高い。

気になる「毛包治療」の費用は・・・

理研は治療費に関しては、まだ未定としていますが皆さんが考える予算は!

・5万~10万円ではないでしょうか!

・10万ぐらい?

・50万位と思う結婚していたら出さない

理化学研究所の今後の研究

理研は、男性型脱毛症での治療を確立、その後女性型脱毛症、先天性脱毛症などの開発も進めるとしています。

薄毛撲滅で日本と世界はどう変わるのか?

まず、毛髪剤は薬局から消えるでしょう!

また、かつら産業も倒産の危機になる可能性がありますね。

それに「このハゲ~」で有名になった議員はもうこの言葉を使えなくなりますね。

日本では、ハゲに対してまだまだ偏見を持たれてる人がたくさんいます。

薄毛で悩んでいる人の本当の気持ちを分かってないのです。

ま、この治療が開始すれば最初の内は、あの治療始めたら~なんて、また馬鹿にされるのでしょうね。

いずれにせよ、素晴らしい画期的な治療法になることは間違いないでしょう。

 

 

スポンサーリンク