【快眠】目覚めスッキリ!夜ぐっすり眠れる5つの方法を紹介!

スポンサーリンク




あなたは何でこんなに朝起きるのが辛いんだろうと思った経験は御座いますか?

答えは至ってシンプルです。それは夜ぐっすり眠れていないからなのです。

そこで、今回は今日から始められるグッスリ寝られる方法を紹介致します。

【快眠】目覚めスッキリ

朝の目覚めがスッキリしないと1日のスタートが辛いですね。出来れはカーテンは開けたまま寝ましょう。人間の遺伝子に組み込まれた仕組みを利用することで、暗くなったら眠る、明るくなってきたら起きるといった自然な睡眠をとることで体内時計が働き目覚めがよくなります。しかし、カーテンを閉めないと外の街灯がまぶしいなど、環境によってはカーテンを閉めて寝てください。

この朝の光を合図に脳内がセロトニンが作り始めます。セロトニンが作出されて暫くたつとスッキリとした目覚めができるのです。逆に真っ暗の状態からいきなり窓を開け光を受けるとセロトニンがまだ生成されていないので非常にスッキリしない状態になります。


また、朝のシャワーを浴びる事により、交感神経が優位になります。熱いシャワーの刺激で夜の副交感神経から昼の交換神経に切り替わります。それによってスッキリとした気分になるでしょう。

昼と夜の神経をきっちり交換することが大切なのです。

スポンサーリンク




夜ぐっすり眠れる5つの方法を紹介!

寝室は寝るための部屋だけに使う

寝室を寝るときにだけ使う事により、思考が寝室=寝るとなります。

テレビなどはおかず、パソコンを置かないなど、寝室と生活の場はしっかりと分ける事が大切です。

睡眠中は明かりをすべて消す

人間は進化の中で、光を使う生活はまだそんなに長くないのです。ですから暗くなると本能的に眠くなります。光は眠気を感じさせるホルモンであるメラトニンの生成を抑制してしまいます。眠る前のスマホの操作はついしがちな行為ですが、寝つきを悪くしてしまうのでリビングで済ませて寝室にはスマホやタブレットを持ち込まないようにしましょう。

適度な運動を心がけましょう

人間は精神的に疲れる事だけでなく、身体的に疲れる事をする。

運動することによって不安は消え睡眠の質は向上します。不眠症に悩人人は、日中に軽い運動をするとよいでしょう。

寝室は快適な空間にする

より良い眠り、寝つきの良さの左右は布団の硬さや枕の高さなどを調整するとよいでしょう。

1日の3分の1を過ごす空間なので、布団などはしっかりとした高品質の物を選ぶ事により、朝起きた瞬間から腰が痛いなどの症状は治まり、快適な目覚めになるでしょう。

夕食は控えめに

寝る前の食事は、たくさん摂取すると消化活動の為、体が働いてしまいます。また水分の取りすぎにも注意が必要です。尿意を催し睡眠時間の妨げになってしまいます。

入浴の温度は低めに

ぬるめの入浴で、疲れをとり日中のストレスを取り除きましょう。入浴で極度に体温の高まりは抑える様に適温で入浴する。体温の急激な変化は入眠の妨げとなります。できれば入浴後、リラックスできる音楽など聴いてから寝室に入るとよいでしょう。とにかく寝る前にリラックスすることが大切です。

最近の研究では、睡眠不足は糖尿病を引き起こすと言われています。

通常、人間には8時間の睡眠が必要だと言われています。

なので、これだけの時間は布団の中にいる様にしましょう。

毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きる習慣をつけましょう。

こうする事によって体内時計を正しく調整することができ、逆に体内時計が狂うと疲れを感じやすくなります。


スポンサーリンク