汗が半端ないって!その症状もしかして「多汗症」かも!?

スポンサーリンク




手から半端ない量の汗が出て紙がくっつき文字が書きにくい!額から半端ない大量の汗が噴き出てきて目に入り前が見えない!など同じ悩みを抱えてる人!この湿気のある時期、更に汗の量が半端ない!これらの原因と対策とは?

汗が半端ないって!こんな症状ありますか?

・手から大量の汗が出て紙がくっついてしまう

・手から大量の汗でスマホ誤作動する

・手から大量の汗で仕事で使う手袋に汗がたまる

・額からの汗が目に入り前が見えない

・体には汗かかないのに額からだけポタポタと汗がしたたり落ちる

・額から汗がポタポタ落ちて大事な資料を汚してしまう

・電車に乗ると大量の汗が額や手から大量に噴き出る

こんな悩みを抱えている人にとって本当に汗って厄介ですね。

なんでこんな半端ない汗が出るのか!

この嫌な臭いの原因ともなる大量の汗の原因と改善方法を紹介したします。?

もしかしたら・・・「多汗症」かも

スポンサーリンク



手から半端ない大量の汗が出る

日常生活において支障が出るほど手のひらに汗をかくこの状態は「多汗症」と言います。

その中でも手のひらに大量に汗をかくことを手掌多汗症と呼ばれています。

汗っかきと多汗症の違い

汗っかき・・・運動して体温が上がると大量の汗が全身から出る

多汗症・・・緊張や心理的な状態によって、体温が高くなくても汗が出てしまうことを言います。

汗っかきとは、運動したあとなど体温を調整するための発汗が活発であることが原因。水分の取りすぎや、代謝がよい人に多く見られる生理的現象です。

一方の「多汗症」とは、ストレスや緊張状態によって交換神経が過度に汗腺を刺激し異常な手汗や脇汗、頭からの汗、足底から汗が大量に出るといった症状が出ます。

こんな事ありませんか?

・足底から大量の汗でヒールが滑ってはけない

・靴下までびっしょりになってしまい家に上がると足跡が濡れてる

・脇汗がひどく、上着までびっしょりになってしまう

・脇汗がひどく色物の洋服を着れない

自立神経のバランスが原因かも

自律神経の障害により多汗症になるケースは多く見られます。

社会的ストレスや不安からくる半端ない汗です。

診療内科にて自留津神経を整える内服にて治療が可能。

他にもこんな病気かも

更年期障害、ホルモンバランスの崩れ、糖尿病、急性リウマチ、結核、がん、脳梗塞や事故などによる脳のダメージなどが原因になることがあるのです。

皮膚科にて治療

上記の症状が当てはまるようであれば、医療機関で相談しましょう。
多汗治療は、主に皮膚科や、多汗症外来を受診してみてください

塩化アルミニウムの塗り薬は、多汗症の治療によく用いれます。

汗に含まれる水分や、皮ふの細胞と塩化アルミニウムが合体して、汗腺を防ぐ「栓」になり、発汗量を抑えるという治療です。

汗腺にフタをするだけなので、根本的な解決方法とはいえませんが、手軽に多汗症の症状を一時的に抑える効果が期待できます。

低コリン剤の服用

抗コリン薬は、多汗症の症状を抑える飲み薬として使用されます。

抗コリン剤は、交感神経から汗を出す命令を伝達する「アセチルコリン」という物質のはたらきを抑える効果があります。
つまり「汗を出す」という指令をカットするため、気になる部分だけでなく、全身の汗腺から汗が出にくくなるのです。

電気治療

電気を水に流すことで発生する「水素イオン」が、汗腺そのものを小さくして、汗を作りにくくできる治療法です

「ボツリヌス菌」の注射

A型ボツリヌス菌の毒素を、多汗症の気になる部分に注射する治療方法です。

食生活の改善

食生活でも、食べる食事によっては交感神経に影響をうけます。
コーヒーやエナジードリンク、チョコレートに多く含まれる「カフェイン」、塩分や脂質の多い食生活を続けていると、交感神経に異変が起こるため汗は出やすくなります。

まとめ

色々な治療法や生活習慣の改善で効果が出る可能性があります。

あきらめないで、皮膚科、および心療内科の受診をお勧めします。

まずは皮膚科にて相談してみましょう。

様々な治療法や簡単な発汗を抑えるクリームなどありますので是非一度受診し相談してみてください。

改善が見られなければ、心療内科に受診してみましょう。

半端ない汗を改善するためには、民間療法より適切な医療機関にて治療する事をお勧めします。

規則正しい生活と食生活、十分な睡眠、ぬるめの御風呂にゆっくりつかるなども効果的です。シャワー浴で済ませす、お風呂でゆっくり一日の疲れをとってみてください。



 

 

スポンサーリンク