ネアンデルタール人が滅び、なぜホモサピエンスが進化と繁栄をしたのか?

スポンサーリンク




ネアンデルタール人は滅び、我らが栄えた!

その違いはなんだったのか?

5万5千万年前、私達人類が出会った最強のライバル。

人類誕生の地アフリカから私たちの祖先は世界へと広がり始めたホモサピエンス。

その前に立ちはだかったのが、ヨーロッパに君臨していた全く別種の人類ネアンデルタール人。

両者は、1万年に渡って同じ土地で暮らしライバルとしてこの地球の覇者を争ったのです。

ところが屈強な体の高い知性を持つハンターだったネアンデルタール人は、なぜか忽然と姿を消し、私たちの祖先だけが生き残った。

これは、人類進化における最大のミステリー!

しかし、最近の研究で私たち人類の中にネアンデルタール人の遺伝子を受け継ぐものがいる事が分かっている。

青い目を持つこのネアンデルタール人の生き残りに謎が隠されているに違いない!

脳の大きさも、肉体も私達ホモサピエンスよりも優れていたネアンデルタール人。

ネアンデルタール人が滅びホモサピエンスが進化した

エルサレム

地球上のおよそ半数の人が信仰する3つの宗教の聖地。

実は、ネアンデルタール人とホモサピエンスはこの中東地域で出会った事が分かってきました。

きっかけとなったのはイスラエル北部にあるマノット洞窟での発見です。

5万5千年前に私たちの祖先ホモサピエンスが暮らしていた痕跡がここで見つかったのです。

実は、この遺跡からわずか40Km離れたアムッド洞窟でネアンデルタール人が住んでいた跡も見つかっています。

ここでは18体分の人の骨が出土しました。

これまでこの時代には、サピエンスとネアンデルタール人は、遠く離れた場所で暮らしていたと考えられていました。

ところが、日常的に顔を合わせてもおかしくない位置に住んでいた事が初めて分かったのです。

つまり私たちの祖先ホモサピエンスとネアンデルタール人が同じ時間で、同じ場所で隣り合って生きていた事を示す初めての証拠なのです。

ネアンデルタール人は、30万年前に誕生。

その10万年後に誕生したのがホモサピエンス誕生。

10万年の進化の差は歴然。

どちらかというとネアンデルタール人の方が現代人らしいW

ネアンデルタール人は、従来考えられたいたよりかなり高度な知識を持っていた事を示す証拠も見つかっている。

実際、ネアンデルタール人の頭蓋骨は、ホモサピエンスより明らかに大きいのです。

つまり、とても大きな脳をもっていたのです。

頭蓋骨から復元した脳の大きさは、ホモサピエンスより10%以上も大きかったのです。

更に言葉を話すのに欠かせない舌骨や耳小骨を調べた結果、しゃべる能力があった可能性が高い事も判明。

今、人類史にパラダイムシフトが起きています。

かつては、私たちが賢く優秀だから生き残ったと考えられていましたが、しかしそれは間違いだったのです。

スポンサーリンク



なぜネアンデルタール人は滅びたのか?

それは・・・ハインリッヒイベント

地球規模の異変「ハインリッヒイベント」と呼ばれる巨大な気候変動が起きたのです。

当時北アメリカを覆っていた巨大な氷の塊が海へと崩落。

その影響で海流が変わり、ヨーロッパの気温が急激に乱高下を始めたのです。

極端な寒さと暑さが、繰り返し森は消え生き物は激減。

私たちの祖先のサピエンスはこの危機をどう乗り越えた繁栄したのか?

その鍵となったのが集団同士の交流でした。

私たちの祖先、ホモサピエンスは集団で暮らし1,000人規模の村を構築することで、情報を共有し食物なども分け与えるなど共同生活することで仲間同士で助け合い危機を乗り越えたのです。この集団生活が武器の製造の向上や食の向上に繋がったのです。

一方ネアンデルタール人は、小さな家族単位の生活でした。

仲間の助けを受ける事が出来ずに孤立。

わずかに残った森で数少ない獲物に頼るしかありませんでした。

しかし、その肉弾戦は常に死と隣り合わせ。

狩りで命を落とす者も多く殆どが30代までに亡くなったと推測されています。

ネアンデルタール人は、大きな体を維持するための十分な獲物を得られなくなったのです。ネアンデルタール人は、大量のエネルギーを必要としていました。

長い時間をかけて氷期に適応した体になってネアンデルタール人。

そかし、それが結果的にあだになってしまったのです。

ジブラルタル

ヨーロッパの南端イギリス領ジブラルタル。

ゴーラム洞窟、ここは追い詰められたネアンデルタール人が最後に暮らした終焉の地と言われています。

ここに、ネアンデルタール人が最後に残したメッセージが刻まれています。

それは・・・ハッシュタグ

何の目的で残したのかは未だ謎ですが・・・

ここでネアンデルタール人は、絶滅したといわれています。

そして、この地球には私達ホモサピエンスだけが生き残る事になったのです。

と、ここで話は終わりそうですが・・・・

実は、なんとネアンデルタール人は生きているのです!

なんと私達現代人にネアンデルタール人のDNAが刻みこまれているのです。

ドイツの研究所でネアンデルタール人の骨から14年かけてDNAを取り出す事に成功したのです。

復元したネアンデルタール人の全ゲノムを世界各地の現代の人々と比べました。

すると、アジアやヨーロッパなどほぼ世界中の人々におよそ2%ネアンデルタール人のDNAが受け継がれていたのです。

ネアンデルタール人とホモサピエンスは出会い交配した。

そして、両方の遺伝子を持つ混血人が世界中に広がっていったのです。

ネアンデルタール人との混血はおよそ5万5千年前。

このころに生まれた子供たちが現代の私たちと繋がっているのです。

確実にネアンデルタール人のDNAが組み込まれているのです!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク