今回の災害から見えたこと!備えるべき事の大切さ!

スポンサーリンク




西日本を中心に大雨で記録的な豪雨に見舞われた。災害で分かった事!やはり食料と水の大切さ!

今回の災害から見えたこと!

西日本全体が大規模な豪雨に見舞われ今もなを復興、行方不明の捜索に作業が続いている。

規模が大きかった地域では、自衛隊や地元の消防隊によって人命救助が行われている。

数年人規模の助けに救助の手が足りず、支援物資に関しても交通網の遮断により滞っている状態!

やはり、国難レベルの災害では当然人命銃所が最優先となる。

水道管は遮断され、市の給水車には水を求める被災者の行列ができた。

水を得るまでに5時間も並んだ地域もあった。

スーパーや、コンビニでも食料取得に大勢が訪れ品薄の状態。

孤立した地域では、食料の確保は皆無に等しい状態である。

何故、日本人はこれだけの震災に見舞われながらも、自主防災の意識が薄いのだろうか?

普段は物に溢れた生活を送っているため、このような災害の時にしか実感できないのが現状である。

これから台風シーズンに突入する日本列島、異常気象の影響で大規模な災害は身近に迫っている。

次に来る台風8号は915Hp!

このような巨大な台風がこれから日本列島を次から次へと上陸する事になる。

また、南海トラフの懸念や、首都直下型地震も懸念されている今、災害に対する防災意識をもう一度考える時期に来てるのだ。

スポンサーリンク



備えるべき事の大切さ

災害はいつやってくるか分からない!

災害が大きければ大きいほど、救援が届くまでに時間がかかる。

最低限でも、一週間分の備蓄は各家庭で備えるべき時代に突入しているのです。

食料の買え置きあるから大丈夫!なんて思っていても、いざという時に必要な物を瞬時に持ち出せる冷静な判断はできない!

やはり、防災バックに費用な物を揃えて置くことで、それだけ持ち出せば1週間は持ちこたえる事が出来る対策を各家庭で備えておくことが必要と言えるのです。

必要な物を、必要な時に持つ出せる準備をしておく。

災害は決して他人事ではありません!

いざという時の為に、災害グッズの準備を・・・



 
人気の防災グッズ

 

 

 

スポンサーリンク