酢の効果!2週間毎日たった大さじ1杯のお酢で効果抜群健康法

スポンサーリンク




現在大人気の酢。今や酢は調味料と言うよりも流行りの飲み物という時代。

お酢にはとっても身体に良い成分が含まれているのです。

酢の効果!

実はお酢は種類によって効果が違うのです。

お酢を2週間摂り続けるだけで、腸内環境を改善し内蔵脂肪まで減らせるのです。

また、お酢には血圧を下げる効果もあり、血管を若返らせる効果もあるのです。

何故お酢にはそんなパワーがあるのか?

・血圧を下げる

※酢には血管を広げる効果があるが、正し毎日飲み続けないと効果が期待できない。毎日大さじ1杯のお酢で効果的。

・骨粗しょう症予防

・ダイエット

・コレステロール値を下げる

・糖尿病の予防

・美肌

・疲労回復

・便秘解消

・体が柔らかくなる

などの効果があるのです。

 

スポンサーリンク



お酢に含まれる成分

酢酸:血糖値を下げる、血圧を下げる、内臓脂肪を減らすのでダイエット効果も期待できるのです。

酢酸エチル:鼻がツンとしたりむせたりするのは、この酢酸エチルが原因。

これは、加熱する事によって除く事が出来ます。

きゅうりの酢の物の美味しい酢の物の作り方

合わせ酢の作り方

酢:みりん:醤油=同量X4倍の水を煮立たせ鰹節を加え、鰹節をこし冷まします。

きゅうりを薄切りにし、冷した上記の酢水で酢洗いし、絞ったら再びこの酢水を加えて出来上がり。

昆布酢の作り方

昆布に酢を入れ時間で完成

賞味期限は冷蔵庫で2週間

酢を瓶に入れ昆布を入れ1時間で美味しい昆布酢を作る事が出来ます。

この昆布酢も、みりん:醤油:同量X4倍の水で薄めるだけで、更に美味しい酢の物が作る事が出来ます。加熱はしなくても大丈夫!

昆布にはグルタミン酸が沢山含まれているので、酢酸の酸性度を弱め食べやすくなるのです。酸っぱさを和らげ、旨味を増してくれるのです。

昆布酢は、昆布からカルシウムを最大限に引き出す効果もあるのです。

これによって、骨粗しょう症にも効果的です。

是非試してみてください!

 

農林水産省の食酢に含まれない物

もろみ酢は、分類上は清涼飲料水とされている。

ただし、もろみ酢にはクエン酸を沢山含んでいる為、疲労回復などの効果があります。

 

お酢は1日どれ位お酢を摂れば良いのか?

実は、1日たったの大さじ1杯のお酢を摂るだけで良いのです。

毎日続ける事で効果が期待出来るのです。

調理で酢を使うのが”めんどくさい”と言う方にはドリンクタイプの酢をお勧めします。

最近は、沢山の種類の酢の飲み物が売ってますので自分に合った味を選ぶ事が出来ます。

健康長寿が良く使う人気お酢ベスト5

1位 黒酢

2位 穀物酢

3位 米酢

4位 リンゴ酢

5位 バルサミコ酢

スポンサーリンク