NHKが2019年よりスマホやインターネットで配信開始!受信料はどうなる?

スポンサーリンク




HKが2019年から2チャンネルの配信を始める意向を表明した。

受信料問題で危機のNHK。今度はスマホや、インターネットから受信料を徴収するのか?真相に迫る!

NHKが2019年よりスマホやインターネットで配信開始

受信料の未払い問題で揺れ動くHNK、しかも企業まで参加してNHKの映らないテレビを発売するという異例の事態になっている。

そんなNHKが、今度は2019年ど中に総合、教育、2チャンネルの配信をスマホや、インターネット視聴可能にするというのだ!

総務省は13日の有識者検討会で審議する報告書にこの方針を盛り込み、19年度の通常国会に改定案を提出する見込みとなつている。

腐りきったNHK

受信料の契約や、受信料の徴収の下請け業者の手荒な手法に国民は怒りを感じている。

また、NHK役員の報酬額もけた違いに高い。

日本の総理大臣より多くの給料をもらっているというのだから驚きである。

スマホや、インターネットを使用している人は自動徴収されるの?

実は、結論から言うと・・・・されません!

今のところだけど!

スマホなどは、有料のアプリをダウンロードする形で徴収するらしいです。

なんでも、この事業を行うのに1兆円かかるとかで、更なる受信料の厳しい回収が始まりそうだ。

スポンサーリンク



NHK受信料の断り方

実際日本には放送法という法律がありテレビを設置していればNHKと契約しなければならない!と定められています。契約をしたら受信料を払わなければいけないのです。

しかし、一方的に電波を飛ばしてそれはないでしょう!

NHKの受信料は取れる人から取る!しかし払ってなくても基本的にとがめられる事はありません。

20167年3月現在

振込の場合

NHKの受信料は・・・月/1,310円 BS付きなら月/2,280円

受信料の支払い率(全国)

払っている・・・76%

払っていない・・・24%

4人に1人は払っていないのです

NHKの受信料が払いたくない人向け断り方

・居留守を使う

・この家の人じゃないから分かりません

・NHKで直接契約しますので結構です

・家にテレビはありません

・帰ってください

※帰ってくださいで帰らないしつこい人には刑法13条の不撤去罪になりますよ!と言いましょう。

ま、一番無難なのはテレビ見ない主義なので家にはテレビはございませんと答えるのが一番の対策だろう!

スポンサーリンク