愚か過ぎる韓国!大統領と軍のアホバカ事件簿!

スポンサーリンク




トランプ来訪接待に完全に失敗した韓国!激おこぷんぷん丸のトランプ大統領!また、アホ過ぎる韓国軍に笑いが止まらないW!KY過ぎる韓国大統領の御接待に呆れるばかり!

愚か過ぎる韓国!

2017年11月7日、韓国の迎賓館で行われたトランプ大統領と文在寅大統領の国賓晩餐会のメニューで、竹島の韓国側が主張する独島の名前に関した独島エビが振舞われた。

また、この晩餐会に元慰安婦と呼ばれる女性を招いた。

↑潔癖症のトランプ大統領はハグを拒み腕で払いのけようとしていますW

菅官房長官は、日米韓3か国の連携強化が求められる中、悪影響を及ぼすような事は避ける必要があると指摘した。

ここまで来るともはや、哀れみしかないですね。

大体、独島自体日本から盗んだものですから!

と言うことは、日本かから盗んだエビを大統領に出したわけです。

しかも360年前の醤油で食わされたW

機内食より酷いおもてなし↑

しかも、売春婦まで呼んでの晩餐会!

そもそも、この慰安婦とされる女性は色々と疑いを向けられている女性!

年齢的にもつじつまが合わないし、当時の慰安婦の証言がコロコロと変わる記憶喪失のおばさん。

あちこちで喋る事が二転三転しており、そのたびに指摘を受けている。

それをごまかそうとして、また話を変えるもんだから行った場所や状況などがどんどん変わってきてしまう有様。

基本的に18未満の慰安婦は居なかった訳ですから、年齢も全く合わない!

また、当時300人の日本軍に日々犯されたとしているが、全くのデタラメ!

そもそも慰安婦はフィクションなので、彼女らは職業売春婦であったのです。

トランプ大統領の妻メラニアさんも韓国はつまらなかったでしょうね~。

娘のイヴァンカさんに至っては、突然ドタキャンで行かなかったですからね。

これはトランプ大統領の指示だったらしい。

トランプ大統領も後2.3日日本に居たかったでしょうね~。

日本では安倍首相とゴルフをしランチに1300円のハンバーガーを食べ終始リラックスしたムードでした。

メラニア夫人も楽しく過ごしたし、娘のイヴァンカさんも皇居の周りを散歩したり楽しんでましたね。

本当に仲良しぶりがトランプ大統領の笑顔で分かりました。

それに引き換え、国内向けアピールの為にトランプ大統領を利用した文在寅大統領!

そりゃトランプ大統領も怒るわけだわ!

しかも、沿道では50万人に及ぶ反米デモ!

日本でも反米デモはありましたが、やったのは韓国人ですからW

米軍キャンプでの出来事

トランプ大統領は日本を来日した際は、横田基地に降り立ち米軍キャンプで演説!

在日米軍からUSA!USA!USA!の歓喜が上がった。

しかし、韓国の米軍キャンプを訪れた際はまたもや文在寅大統領がマイクをとり長々と演説をした。

その時、トランプ大統領はずっとしかめっ面で演説が終わるのを待っている状態!

なんて接待の下手な大統領なんだ!

ほんと呆れますね!

そもそも北朝鮮問題で3か国が一枚岩にならなければいけない時期にこの対応ですからね~!

当然トランプ大統領の機嫌を損ね、共同演説後には握手すらしなかった。

また、米韓の共同軍事演習の中止も決定した。

スポンサーリンク



アホバカ事件簿!韓国軍

韓国軍の笑えるエピソードをまとめてみました。

ほんと笑えます!

F15戦闘機マンホールに落とす

F15戦闘機を地上誘導していた時に、右のタイヤをマンホールに落とす事故が発生した。

傾いたF15戦闘機は、右の主翼が大破してしまったのです。

マンホールが手抜き工事で、板の上にセメントを塗っていたことが原因でした。

1機120億円のアジア最強の戦闘機が落とし穴にハマった結果の出来事W

脱出レバー操作ミス事件

平成10年7月、当時空軍大学校の少将がF15Kの後部座席に同乗していた時に事件が起こりました。

どういう訳か、脱出装置のレバーを引いてしまったのです。

絶叫と共に空に射出された少将殿は自動で開いたパラシュートで無事地上に帰還しました。

ところが、戦闘機の脱出装置は座席の下の小型ロケットが点火して脱出する仕組み。

そのため、ロケットの熱で戦闘機内のコクピットやレーダーなどが焼け数億円の設備が全て壊れてしましましたW

また、この戦闘機に搭載される空対地誘導ミサイルの周波数が、韓国の一部携帯電話の周波数と同じである事が判明したのです。

つまり誤作動でどこに飛んでいくのか分からず、自爆する可能性もあるため有事の時に撃てないのです。

韓国の戦車

韓国の戦車K-1の火災検知器を米国製から自国製に変えたのです。

ところが、砲を左に向けて発射すると消火用のガスが噴射してしまう事故が発生し全車回収となったW

韓国では自国の戦車K-2を制作しようとしたが18年経っても国産エンジンと変速機を組み合わせた部品が開発できない。

自動小銃K-11

20mのさく裂弾を発射でき夜間暗視装置も一体化した欲張りな設計。

開発に13億円をかけ超ハイテクライフルは完成したのだが・・・・

現在の小銃が3~4㎏に対し、K-11の予備弾丸を含めた総重量はなんと10㎏。

携帯して作戦を行うのは大変でしょうW

当初80丁が納入されましたが、スイッチを入れた瞬間に故障し、その故障率が47.5%。

更に夜間暗視スコープの故障が大量発生し使い物になりませんW

期待された炸裂弾ですが、爆発する事故が多発し配備が中止された。

ヘリ空母

輸送艦とヘリ空母を合わせた機能を持つ大型の軍艦を作りました。

艦名は独島

この艦にはゴールキーパーと呼ばれるバルカン砲が設置されている。

これはミサイル迎撃の為の防衛装置なのだが、設置後大問題が発覚した。

この装置は、レーダーと連動して高速で飛来するミサイルを破壊します。

艦の前後に設置したのですが、何故か後ろの方を高い場所に設置した。

結果、ミサイルを攻撃する前に後部甲板の上に置いてある味方のヘリを攻撃してしまう事になったのですW

ヘリをゴールキーパーの真下に置くから問題ないと韓国側は言っているが・・・

しかし、下向けに射撃すると後部甲板を破壊してしまう事になるのだW

まさにオンゴール!

そもそも、味方のヘリを攻撃してしまう心配はないのです!

なぜなら韓国にはこの艦に搭載する為のヘリコプターがないのですW

ヘリが無いのにヘリの空母作ってどうするんだという話である。

何故ヘリコプターが無いかと言うと、海で使用するヘリコプターは錆などの塩害防止の塗料を塗らなければならないのだが、この技術が韓国にないのです。

またレーダー性能だが、レーダー波が甲板に跳ね返ってしまい存在しない物を映し出してしまうゴーストと呼ばれる現象が起きてしまうのです。

結局、原因が分からずそのまま使用しているのです。

またこの艦に搭載された4つのバッテリーが13年4月に浸水事故で故障してしまった。

普通なら修理するのだが、残りの2個で航行を続け同年9月にバッテリー火災を起こしてしまった、消火活動で残りのバッテリーも水浸しになり航行不可能になり、アジア最大級の自慢の艦艇は長く漂流することになったW

また、この艦に積まれた機雷なのですが、殆どの機雷が水中で爆発しなかったのです。

テストを地上だけでやってゴーサインを出したのが原因です。

水中では、音やレーダーの伝わり方が違いますからね。

潜水艦

ドイツから潜水艦を輸入したのだが、20か月近く動かさないという事が起こった。

買ったのは良いが、動かし方が分からなかったのだW

ほんと笑うしかありませんねW

 

スポンサーリンク