天皇陛下のあるお言葉に”石原慎太郎も絶句”被災地から賞賛の声が

スポンサーリンク




石原元都知事が皇室に対してどの様な意見をお持ちかご存知でしょうか?
あるインタビューで石原慎太郎さんは「皇室について同の様にお考えですか?」と聞かれ次のような発言をされています。

天皇陛下のあるお言葉に”石原慎太郎も絶句

「いや~皇室には興味ないね!僕は国歌も歌わないもん!国歌を歌うときは自分の文句で歌うんです。「わがひのもとは」って歌うの!

これは、石原元知事が国歌を歌う場合、歌詞を「君が代(天皇の世は)ではなく、「わがひのもとは(私の日本は)」と歌詞を変えてしまうというのです。

また、石原元知事は幼少期の戦時中に、父親から「天皇陛下がいるから皇室に向かって頭を下げろ」と言われさ際に、「姿も見えないのに遠くからみんなお辞儀をする。馬鹿じゃないの!」って思ったね!と語っていたそうです。

この様な考えを持った石原元知事が、都知事となり陛下とお会いする機会も少なくありませんでした。

そんな中、天皇陛下との間でこのようなやり取りがあったのです。

それは・・・・

2011年に発生し未曾有の大災害を引き起こした東日本大震災の時でした。

震災後、天皇皇后両陛下が被災地をお見舞いに行かれ、多くの国民を励まされたのは周知の事実でしょう。

しかし、現地にお見舞いに行く前に、天皇陛下と石原元知事は一度お会いになり、次のような言葉を交わしています。

それは、福島県などから避難している方々がいる東京武道館を天皇皇后両陛下が見舞われた際の事です。

石原元知事は普段、遊園会などには一切参加せずに副知事を代わりに出席させることが多かったのですが、今回は久しぶりに両陛下を迎えられました。

その際、天皇陛下が翌年の12月に心臓手術をする予定である事を知っていた石原さんは、陛下の健康を気遣いお見舞いの休息時間に、このように話されたそうです。

「陛下もお疲れでしょう。被災地には若い男宮を名代に差し向けてはいかがでしょうか?」

陛下は黙って石原さんの話を聞かれてしましたが、被災者の見舞いを終えて武道館を出るときに石原さんに歩み寄ってこ告げたと言います。

石原さん、東北へは私が行きます

この陛下の言葉に、石原さんは茫然とし絶句したそうです。

その後、石原さんは考えを改めました。

「あれから東北3県に行かれて、みな感動した。行って頂き良かった」と言われたそうです。

自分の身体を顧みず、国民のために行動をする陛下を見て石原さんの考えも変わったのでしょう。

スポンサーリンク



被災地を訪れる陛下の姿に海外から絶賛の声が

東北の避難所を訪れた陛下の神対応

被災者の避難所を訪れた際、膝を床につけ身を屈めて被災者にお寿葉をかけられています。

とれも素晴らしい対応ですね。陛下の人柄がうかがえます。

それに比べ東京電力の対応は、立ったまま被災者前でぺこりと頭を下げえるだけ!

また、陛下の思いやりはそれだけではありません。

那須御用邸のお風呂を陛下のご意見で被災者に開放!

御料牧場の卵約1000個野菜など避難所に搬送されています。

国民の苦難を共にするべく、計画停電の時間に合わせ御所のブレーカーを落として生活(計画停電が行われない日でも自主的に電気を消されて生活していたそうです。

以前被災地に行かれたどこかの大臣とは大違いですね!

↑水たまりが超えられなくて、おんぶされてた人W

それに比べ両陛下には改めて感謝と敬服の念を抱かずにはいられません。

Related Post

スポンサーリンク