【衝撃】中国産うなぎ!ヤバすぎる理由とは!?

スポンサーリンク




うなぎは日本人が大好きな魚のつです。

栄養満点でスタミナが付き、肌に良い魚として知られています。

スーパーでは、国産うなぎが並ぶ中、安価で中国産のうなぎが売られています。

生産数が多く価格も手ごろな事もあり、安全かどうか不安に思いながらも購入する人がいるのが現実です。

実際、中国産うなぎが安全なのか?気になりますよね。

また、中国産と国産うなぎの見分け方などはあるのでしょうか?

今や、牛丼チェーンなどでもうな丼が安価で食べられていますが、中国産うなぎは安全なのでしょうか?

そんな、中国産うなぎについて紹介いたします。

【衝撃】中国産うなぎ!ヤバすぎる理由とは!?

中国産と国産!いったいどこが違うかと言うとズバリ餌です。

中国産のうなぎが危険と言われる理由は、餌に含まれる成長ホルモンや抗生物質が日本の基準を大きく上回っているという点です。

中国産うなぎは、国産うなぎより脂がのっていて大きいいにも関わらず安価。

この価格の安さに危険が潜んでいるのです。

噂では、うなぎの餌に人糞や家畜の糞が餌になっているという噂もあります。

また、使用が禁止されているマカライトグリーンと言う成長促進剤を養殖の水に入れうなぎを大量に生産しています。

マカライトグリーンとは

殺菌消毒能

還元作用があることから、活性酸素を発生し殺菌消毒作用を示すと考えられている。作用機序は酸化還元作用によるもので、細菌の細胞壁の特異的な合成阻害作用などがあるわけではなく、抗生物質、合成抗菌剤とは根本的に作用機序がことなる。医学生物学的にはオキシドール液、イソジン液などと同属の、消毒剤・消毒殺菌剤に分類される。観賞魚の白点病や水カビ病などの治療に用いられる。毒性のため、食用の養殖魚に用いることは2005年8月1日から禁止となった。

 また、中国人は中国産うなぎをあまり食べない。

中国産うなぎの70%は日本に輸出されています。

自分たちは食べないから何を与えても大丈夫」と利益の為に、養殖場では無理やり成長スピードを上げているのです。

中国では、大気汚染も危険の1つ

中国では、大量の危険物質が発生しています。

過去に中国で養殖されたうなぎから発がん性物質が発見された事実があります。

スポンサーリンク



中国産うなぎと国産うなぎの見分け方

産地表示を見ればわかる!なんていう考えは過去に産地偽装の事件もあり必ず安心と言うわけではありません。

パッケージに「国産」と表示されているだけで、産地が明記されていないのは「中国産」の確率が高いです。

目で判断できるポイント

・肉厚、皮厚なのは中国産

中国産うなぎは蒲焼にしても肉厚で押すと弾力があります。

皮も厚めなのが中国産です。

国内産は皮が薄く蒲焼にすると皮の存在感を感じる事が少ないと言われています。

中国で養殖されているうなぎは、特徴として太く短いことがあげられます。

肉厚の為、脂分が多く臭みが出やすい。

国産うなぎは、「細長く、身は固め、脂は少なめ

中国産うなぎは、「太く短く、身は柔らかめ、脂は多め」

これから、夏バテ解消でうなぎを食べる機会があったら良く観察してみて下さい。

中国当局の取り締まりもあり、食に関する安全性は徐々に改善していますが、金儲けの為にはなんでもありの国ですからね~。

冷凍餃子で死亡事故まで起こっているし、プラスチック米まで作る国ですからね。

やはり、国産に限りますね。

スポンサーリンク