二コラ・テスラが語る【3 6 9】数字の謎に迫る!

スポンサーリンク




二コラ・テスラは、「あなたが3,6,9という数字の素晴らしさを知れば宇宙の鍵を手にする事になる。
と言いました。二コラ・テスラが語る3,6,9の宇宙の謎に迫る!

彼は3,6,9にまつわる行動をとっていました。18枚のナプキンで食器を拭いたり、ホテルの部屋の番号は、3で割れる部屋にしか泊まりませんでした。

3,6,9は何なのか?

数学は私たちが作つたものではなく発見したのです。

銀河や星、自然の中で数字を発見し世の中のどこにでも当てはめる事が出来、世界共通の言語です。

何処に行っても、1+2=3ですよね。

世の中の仕組みを形成している宇宙の黄金比というものが存在しており、すべてのパタ

ーンや法則が適用されています。

では、二コラ・テスラの言っていた、3・6・9は何を意味するのか?

自然には、この二進法の法則が適用されていると言われています。

1が存在し、その2倍を求めると1・2・4・8・16・32・64・128・256・512・1024・2048と続きます。

これは、細胞分裂も同じような法則に沿っています。

この法則をThe Blueprint of Godと呼びます。

日本語訳では=「神の青写真」と呼びます。

そして次に何故1から9の数字で3・6・9だけが特別なのかを説明します。

結論から言うと3・6・9の数字は、高次元の数字を表しているのです。

3次元から4次元へとつながる目に見えない力です。

逆にそれ以外の数字は、物質世界を表しています。

ちょっと難しですよね!

では、1~9の数字から3・6・9を除くと1・2・4・5・7・8となります。

1+1=2
2+2=4
4+4=8
8+8=16 この16は1+6=7になります。

16+16=32 3+2=5になります。

32+32=64 6+4=10 1+0=1

これをずっと繰り返すと、1,2,4,8,7,5という数字が繰り返し出てきます。

ここで369だけが、ここに出てこないのです。

逆に3・6・9の数字を見てみましょう。

3+3=6
6+6=12 1+2=3
12+12=24 2+4=6
24+24=48 4+8=12 1+2=3
48+48=96 9+6=15 1+5=6
96+96=192 1+9+2=12 1+2=3

気づきましたか?

3と6が繰り返し出てきましたよね。

ただ9は、出てこないのです。

では9を倍にしてみると・・・・

9+9=18 1+8=9
18+18=36 3+6=9
36+36=72 7+2=9
72+72=144 1+4+4=9
答えはすべて9になるのです。

これを、The Symbol of Enlihtmentと呼びます。

日本語訳は「悟りのシンボル」です。

地球上の様々なところで、この法則があります。

ミラミッドの位置、星の位置、自然の中、建造物にもこの法則が適用されています。

自然不思議な法則、対数らせん・フィボナッチ数列の記事はこちらを参照してください!

とりあえず、9が凄い数字だと言う事は分かりましたよね。

この世は二元性で成り立っている

この世の中は、陰と陽、男と女、プラスとマイナスがある様に、世の中は二元性で成り立っているのです。

どうゆう事が説明すると、3・6・9を抜いた数字の1・2・4・8・7・5を見ると、磁石のS極とN極の様に一方では1・2・4、もう一方には8・7・5があります。

ただこれらの数字は36に支配されているのです。

1・2・4は、3に支配されていて、8・7・5は6に支配されています。

これは、1+2=3、2+4=6、4+8=3、8+7=6、7+5=3、5+1=6、1+2=3

気づきましたか?

答えが全て3・6・3・6・3・6を繰り返すのです。

ここで、1・2・4は3に支配されていて、8・7・5は6に支配されてる事が分かりましたよね。

この1・2・4・8・7・5の数字は両極の3・6を表している事から現実の物質世界を表しているのです。

スポンサーリンク



3・6もまた9に支配されている

3+6=9つまり、これはどうゆう事かと言うと93・6の両極全てを含む数字なのです。

9は宇宙そのものです。

振動、エネルギー、周波数です。

9を含まない1~8の数字を足すと36になります。

3+6=9

つまり9は、全ての数字を含みます。

ただ同時に9は、0でもあるのです。

9は、無でもあるのです。

1+9=10 1+0=1 2+9=11 1+1=2 3+9=12 1+2=3

この様に9はゼロのの役割をしているのです。

円はなんで360°なのでしょう?

3+6+0=9

180°(1+8+0=9

90°(9+0=9

45°(4+5=9

22.5°(2+2+5=9

正三角形の内角60°X3=180°(1+89

正方形の内角90°4X=360°(3+6+09

正五角形の内角は108°X5=540°(5+4+09

正六角形の内角は120°X6=720°(7+2+09

この様にどんどん分割していくと一点に集中して特異点が出来ます。

逆に多角形をどんどん増やして行くと円が出来、真空になります。

9はすべてでもあり、無でもあるのです。

この世の中は、無から始まって全てでもあるのです。

全てに意味があり、また全てに意味も無いのです。

無と言うのは、プラスでもなくマイナスでも無く絶対的調和です。

二元性を表すシンボルとして陰と陽が使われますが、これを数字で表すと、3と6の両極があって9がある。

9は調和のとれた絶対的存在です。

悪と正義、白と黒、真実と嘘、男と女が合体して愛が生まれます。

なので瞑想などで無になろうとするのは、この調和のとれた存在になる事なのです。

話を戻すと、二コラ・テスラは、この 3 6 9 の法則を利用してフリーエネルギーなど考えついたのです。

皆さんの知っての通り、聖書や神話などでも全てこの数字を使っています。

悪魔は=666とかね。

日本では弥勒菩薩(ミロクボサツ)で良く聞きます。

その数字の持つ力の意味を知っているからです。

宇宙の秘密を見つけたければ、エネルギー、周波数、振動について考えよ

by二コラ・テスラ

世の中の全てはエネルギーで出来ています。

目に見えるもの、全て。

目に見えない物さえも、エネルギーで出来ています。

この空間でさえもそうです。

原子や分子が振動して物質化します。

音で考えたら分かりやすいですよね。

違う振動数で違う音が鳴ります。

原子と分子が振動して全てを作り出すのです。

皆さんが意識した筝や考えた事が、水の波紋のように周りに影響を与えます。

まさに見えない力3・6・9が働いているのです。

二コラ・テスラは神秘的な力にも注目していたのですね。

人類が本当の意味で成長するには、科学だけでなく神秘的な力も取り入れなければいけないのです。

科学が非物質的な現象の解明に挑んだならば、10年間で今までの人類の歴史全てをはるかに量がする進歩を遂げるだろう

by 二コラ・テスラ

スポンサーリンク