【衝撃】運転免許所の番号で前科!犯罪歴が分かるのか!?

スポンサーリンク




普段運転免許所をじっくりと見る機会は少ないと思いますが。
よく見ると気になる12桁の番号が記載されています。
また、交付年月日の右横にも5桁の番号があります。
この番号から、前科や犯罪歴が分かると騒がれています。
その真相に迫ります。

【衝撃】運転免許所の番号

運転免許所には中央に12桁の番号と、交付年月日の右横に5桁の番号が振られています。

この運転免許証の番号から過去の犯罪歴や学科試験の点数が分かったりするという説があります。

実は、運転免許証の番号には意味があるのです。

以外と知られていない運転免許証の数字の意味を紹介します。

運転免許証の12桁の数字の意味

12桁の数字の内、右から1番目、2番目の数字は公安委員の番号です。

つまり、初めて免許証の交付を受けた公安委員の番号となります。

北海道が10番台、東北が20番台、というように日本列島の北から順に数字が割り振られています。

例えば、東京で初めて免許を取得した人は30番台となります。

数字を見ればどこで免許を取ったのか一目瞭然です。

<公安委員会番号一覧>

北海道 10番台

東北 20番台

東京30番台

関東甲信越 40番台

北陸中部 50番台

関西 60番台

中国 70番台

四国 80番台

九州(沖縄を含む) 90番台

となっています。

また、海外で初めて免許を取った場合には、初めに国内免許に切り替えた都道府県の公安委員会の番号で登録されます。

左から3番目、4番目の数字

これは、免許を取得した西暦の下2桁になります。

例えば、1969年であれば69となります。

2018年であれば、18となります。

左から5番目~10番目の数字

これは、各都道府県の公安委員会が独自に決めている管理番号です。

各都道府県によって基準が異なり、その意味は公表されていません。

ちなみに、5番目~8番目の数字だけが赤で網掛けがしてありますが、これは電話番号のハイフンのように、並んだ数字を見やすくするものだとか。

左から11番目の数字は、チェックディジットと呼ばれ、入力ミスを検出する為に設けられた数字です。

この機能は、銀行口座番号やクレジットカード番号などにも使われています。

免許証を再発行してもこの数字は変わりません。

左から12番目の数字は再交付の回数を表しています。

最後の12番目の数字は、紛失・盗難などによる再交付の回数を表しています。

再交付が無い人は0、再交付を受ける度に1づつ数字が増えていきます。

これは、あくまで紛失・盗難の回数で破損などによる再交付の場合は数字は変わりません。

スポンサーリンク



前科!犯罪歴が分かるのか!?

次に交付年月日の右横にある5桁の数字について。

この5桁の数字は照会番号です。

これは、交付日ごとに割り当てられる照会番号です。

免許センターの番号や即日交付、後日交付などの区部となっています。

その日に交付された免許の通し番号など、様々な情報が含まれています。

番号の割り振りは、各公安員会ごとに異なる基準となっています。

免許証の番号から過去の犯罪歴や違反点数、学科試験の点数などが分かったりするという説がありますが、これまで説明した通り運転免許証にその様な情報が付加されていることは考えられないのです。

仮に交通違反や犯罪歴として残る事件を起こしてしまっても、その情報を番号に反映した場合、運転免許証の更新時にしか行えない事になり、まったく意味のないものである事になります。

12番目の数字以外の11行は免許の取り消しで再取得などなければ基本変わる事はないのです。

ただし、ICカード化が進んだ現在、ICチップに多くの情報を入れておく事は技術上可能であり、運転免許所から様々な個人情報へのアクセスがしやすくなっている事は事実なのかもしれません。

個人を特定するうえで重要な個人情報が詰まっている免許証。

紛失にはくれぐれも注意が必要ですね。

という訳で、免許証の番号から犯罪歴や前科が分かる事はないので安心して下さい。

スポンサーリンク