【衝撃】症状でわかる「うつ病」の危険なサインとは!

スポンサーリンク




現代社会に蔓延する「うつ病」。

そんなうつ病を疑うべき症状とは?

もしかしたら自分が「うつ病」かもって人必見!

【衝撃】症状でわかる「うつ病」

近年増え続けている「うつ病」。

うつ病は、思いのほか見逃さやすい病気です。

その理由の一つに、うつ病にかかりやすい方は、自分の辛さを人に表現する事を避ける傾向があります。

また、手助けを求める事はないでしょう。

初めてうつ病を経験する時は、その病気の兆候を気づかないものなのです。

他人が気づいて初めてわかる事も多くあります。

自分は、まさかうつ病になるなんてって考えてますし、そもそも「心の異変=うつ病」に結び付かない事が殆どです。

初症状を長年放置した結果、うつ病が悪化してしまうケースはよくあります。

出来るだけ早くうつの症状をキャッチして対策する事が大切です。

心と身体の異変には、うつ病のサインが隠されているのです。

うつ病のサイン

・心の落ち込み

頻繁に気分が落ち込むようになります。

落ち込んでは、何とかやる気を出してまた落ち込むの繰り返し。

特に真面目な人は、うつになりやすく気持ちが落ち込んだままでいる事に罪悪感を抱きそれがかえって悪循環になってしまいます。

理由もないのに憂鬱な気分になったり、不安な気持ちになる事が増えてきます。

また、集中力が低下し何事にも気力が入らなくなります。

1つの事に集中するのが困難になります。

周りで同僚が話をしているのを見ると自分の噂話をしているのではないかと不安になります。

この状態が悪化すると仕事や人付き合いに影響が出始めます。

1つの事に対し深く考える事が難しくなります。

つまり、思考能力の低下により自分の考えをうまくまとめる事が難しくなり場当たり的な対応に終始するようになります。

スポンサーリンク



身体の異変

心に何かが残っていて、目を閉じても複雑な感情で寝つきが悪くなります。

今日を振り返りネガティブな考えが頭をよぎります。

明日の事を考えると、更に憂鬱になりまったく眠れません。

睡眠も浅く、夢も悪い夢ばかり見る様になります。

寝不足の為、朝起きるのが辛く目が覚めた瞬間から嫌な気持ちになります。

睡眠時間とうつ病は密接な関係があるので、意識的な対策が必要です。

また、うつ病の症状が出始めると、食事にもバラつきが生まれます。

ある時は、まったく食欲がなく本当に食べれなくなります。

物を食べても幸せな気持ちになれないのです。

それとは逆に、過食の状態になったりもします。

強いストレスが原因で食欲にバラつき、偏食になってしまいます。

また、身体がだるくて重く感じます。

やたら疲れやすくなり、しかも疲れが取れなくなったら注意が必要です。

睡眠と食事が不十分なのですから、疲れが抜けないのも当然です。

この様な生活を続けると、うつ病は悪化してしまいます。

ライフスタイルの見直しが必要です。

と言っても、生活を見直す心の余裕すらないのが「うつ病」なのです。

特に飲酒は危険です。

依存しがちな時は、メンタルのバランスが崩れている可能性があります。


仕事や行動の異変

うつ病になると、仕事への影響が出始めます。

集中力が散漫になり、自分の悩みで心が仕事に向かなくなり当然、ミスも多くなります。

会社でも人に会いたくなったり、話もしたくなくなり、徐々に孤立していきます。

口数も減り、笑顔も消えていきます。

積極的に行動をすることが難しくなります。

また、うつになると生活リズムが夜型になりがちです。

仕事でのストレスの場合、家にいる時間は少し気持ちが楽になり0時を過ぎた頃から明日の事で憂鬱になり、遂には遅刻や、欠勤を繰り返す傾向があります。

会社に休みの連絡を入れた瞬間、憂鬱な気分から少し解放されます。

しかし、また夜になると休んでしまった事で、次の日会社や学校に行くのが怖くなってきます。

これらの症状が2~3週間以上続いて、日常生活に支障をきたしているなら「うつ病」の可能性があります。

真面目な人ほどかかりやすい「うつ病」。

特に「メランコリー型性格」と言って「几帳面で仕事熱心、対人関係は律儀で誠実、他者への配慮が強く責任感が強い性格」の人が「うつ病」にかかりやすいと言われています。

ためらわずに、心療内科、精神科を早めに受診する事が大切です

人ごみを避け、外にも出られなくなったら重症です。

うつ病の完治には数年かかる事もあります。

治療を続けることで、必ず改善します。

我慢せず、病院に行くことが「うつ病」を治す第一歩なのです。
関連記事はこちら(うつ病の苦しみ)

 

スポンサーリンク