「ボツリヌス菌で死亡」乳幼児に「はちみつ」は食べさせてるのは危険!

スポンサーリンク




はちみつを食べた乳幼児が「乳幼児ボツリヌス症」で死亡した。
来夏に規約を設け、乳幼児に対する危険性を明確にする事が分かった。
なぜ、乳幼児に「はちみつ」が危険なのか謎に迫る!

ボツリヌス菌

ボツリヌス菌とは、乾燥や熱に強い「芽胞(がほう)」を形成する菌で主に「海、川、湖や土壌」に広く存在しています。

「芽胞」は、酸素の少ない状態で発芽して増殖し、極めて強い毒素を産生すると言われています。

また、芽胞の状態では、一般的な細菌と異なり、100℃で数分間の加熱しても生き残ることがあるのです。

乳児ボツリヌス症とはなんですか?

生後1歳未満の乳児は、腸内環境が成人とは異なり、腸管内でのボツリヌス菌の定着と増殖が起こりやすいとされます。

ボツリヌス菌は、芽胞を形成しますが、この芽胞で汚染された食品を乳児が食べると、腸管内で発芽、増殖して、毒素を産生して乳児ボツリヌス症を発症することがあるのです。

乳幼児ボツリヌス菌の症状

乳幼児ボツリヌス菌の症状は、便秘が数日間続きます。

全身の筋力低下、脱力状態、哺乳力の低下、泣き声が小さくなるなどです。

特に、顔面は無表情となり、頸部筋肉の弛緩により頭部を支えられなくなるといった症状を引き起こすことがあります。

ほとんどの場合は、適切な治療により治癒しますが、まれに亡くなることもあるので注意が必要です。

なぜ生後1歳未満の乳児にハチミツを与えてはいけないのでしょうか?

大人の場合、ボツリヌス菌が体内に入っても、他の腸内細菌がボツリヌス菌を死滅させるので問題ありません。

しかし、1歳未満の乳児の場合は、腸内細菌の環境が整っておらず、ボツリヌス菌が増えて毒素を作ってしまうことがあるのです。

スポンサーリンク



生後1歳以上であれば大丈夫ですか?

生後1歳以上になると、離乳食等により腸内環境が整う時期となるため、ハチミツを避ける必要はありません。

ハチミツは栄養価の高い食品ですが、生後1歳以上になってから与えましょう。

乳児ボツリヌス症の発生状況

乳児ボツリヌス症は、国内では、保健所が食中毒として報告した事例は1986 年以降3 例。

医師が乳児ボツリヌス症として報告した事例は1999 年以降16 例もあります。

また、欧米でも発生しており、米国では毎年100 例以上の発生報告もあるのです。

1歳未満の赤ちゃんにハチミツやハチミツ入りの飲料水・お菓子などの食品は危険です。

ボツリヌス菌(芽胞)の耐熱性は120℃,4分とされており、通常の加熱や調理では死にません。

お菓子屋・飲料水は、それほど気にする必要はないと思いますが、

気になる方は、控えた方が無難ですね。

できれば、1歳過ぎてから与える様にした方が良いです。

赤ちゃんに与えるお菓子屋、飲料水は原料表示を見てから購入する事をお勧めします。

消費者庁より「引用」

スポンサーリンク