【驚愕】腸内環境を改善することでうつ病が治る謎に迫る!

スポンサーリンク




腸内環境改善で、うつが治るって本当!?

ということで、今回は腸内環境とうつ病の関係性について迫ってみたいと思います。

最近腸内環境という言葉をよく耳にします。

腸内環境を良い状態にすることは、健康にとって今や欠かせないファクターです。

しかも、体全体への症状だけではなく、心にも影響を及ぼすことが分かってきた腸。

うつ病との関係もすでに指摘されているという腸内環境、本当に場内環境を整えることでうつ病が治るんでしょうか!?

汚い腸が鬱を引き起こすのでしょうか!?

まずは、うつ病と腸の関係について!

うつと聞くと心の問題で腸とは、一見関係のないことのように思います。

しかし、緊張するとお腹が痛くなりますよね。

心の調子って体と深く繋がっているのです。

うつ病の原因はまだ全て解明されているわけではないのですが、一つにはセロトニンという神経伝達物質が関係していると言われています。

セロトニンという神経伝達物質は、最近では幸せホルモンとして有名になってきた物質です。

その呼び名の通り、精神を安定させて幸せな気分にしてくれるホルモンのことです。

うつ病になるとセロトニンの働きが鈍くなり、幸福感を感じにくい眠れないなどの症状が現れるのです。

このセロトニンですが・・・・

実は体内に存在するものの、その90%は腸にあり脳にはわずか2%ほどしか存在しないことが分かっています。

汚い腸だと、セロトニンの分泌がうまくなされず、幸福感を感じにくくなるこのメカニズムが、うつ病と腸内環境を関連付けているのです。

スポンサーリンク




では、腸内環境を整えれば鬱病は治るのでしょうか!?

うつ病と腸内環境の関係がわかったところで、腸内環境を整えることによってうつ病は治るのかという謎があります。

全校でお話ししたとおり、汚い腸がうつ病のすべての原因であれば、腸内環境を整えてキレイな腸にすることでうつ病は治るはずです。

しかし、うつ病の原因はこの腸内環境だけの問題ではない、というのが現在の通説です!

うつ病の患者の脳を、MRIで見ると脳の記憶をつかさどる器官である海馬が萎縮しています。

人間は、ストレスにさらされるとコルチゾールという物質を分泌します。

コルチゾールは、本来炭水化物などの代謝に関与する大切なホルモンなのですが、

長きにわたるストレスや大きすぎるストレスを受けると大量にコルチゾールが分泌され、海馬を萎縮させてしまいます。

これが原因で、うつ病を発症させてしまう場合もあるということです。

この場合、腸内環境を整える生活を送ったとしてもうつ病を治せるのかは疑問が残ります。

実際、腸内環境を整えることによってうつ病が治ったというケースは10人のうち3人の割合だそうです。

では、きれいな腸はうつ病を治すより予防に効果があるのでしょうか!?

うつ病が治せるかもと思って読んでおられた方、もしがっかりさせてしまっていましたら申し訳ありません。

でもここまで調べたからこそ気づいたんですが、逆に腸内環境を整えることによってうつ病が治る人がいるということも事実なんです。

とうことは、腸内環境を整えてキレイな腸になることは、あながちうつ病に無関係ではないということです。

腸をきれいに保てば、セロトニンが正常に働き、心穏やかに保ってくれます。

ストレスにも強い体になって、うつ病の予防になるということです。

つまり腸内環境を整えることはうつ病を治すよりむしろ、予防に有効だと言えるのです。




キレイな腸を目指す5つの方法

では、腸内環境を良くしてうつ病を予防するためにはどうすればよいのでしょうか?

ここでは、5つの方法に分けてわかりやすくご紹介いたします。

1・適度な運動

適度な運動は、腸の動きを活発にします

また、一定のリズムでの運動は、セロトニンの分泌を促すことがわかっています。

2・ストレスをためない

うつ病の原因の一つのストレスは、社会生活を送っているとどうしても避けては通れないものであります。

趣味などでうまく発散させて、ストレスをためないことが重要です!

3・体を温める

極端な気温の変化などは、ストレスのもとです。

なるべく体は温めましょう。

腸は温めることでがっぱつに働きます。

飲み物などでも、夏でも常温以上の温度で摂ると腸に負担をかけません。

4・規則正しい生活

決まった時間に起きるなどの規則正しい生活も大切です。

朝の光を浴びるとセロトニンの分泌も促されます。

よく眠り朝はしっかり朝日を浴びる。

基本的なことですが、やっぱり大切なんですね。

5・バランスの良い食事を摂る

高たんぱく高脂肪の食事を控える。

水分不足に注意するなど、バランスの良い食事を心がけましょう。

また、ダイエットなどで特定の食品ばかり食べる、単品食べを脳はストレスと判断してしまいます。

様々な食品を食べて、きちんと栄養を摂りましょう。

日頃から意識して、腸をきれいにする食物繊や発酵食品を摂取することも大切です。

いきなり5つともやってあると意気込んでも大変なので、規則正しい生活をすることから始めるなど、一つずつクリアしていくと良いかもしれません。




スポンサーリンク