【理研】薄毛治療遂に完成!毛包治療20日間で毛髪1万本!2020年実用化

スポンサーリンク




脱毛症に悩む人は、日本全国に2,500万人以上いると言われています。
遂に、毛髪の元を大量に作る技術が開発されました。

髪の毛を増やす”毛包”遂に完成

男性ホルモンをコントロールする薬の投与など、治療は限られていました。

理化学研究所などで毛髪を作り出す「毛包」と呼ばれる器官を再生医療の技術で作り、移植する治療の開発に取り組んでいます。

研究グループによると、人の頭皮の3種類の細胞を増やし、特殊な機械で培養し「毛包」を大量に作り出すことに成功したというのです。

グループによると、20日間ほどで毛髪1万本に相当する、およそ約5,000の「毛包」を作り出せるとしています。

研究グループでは、来月から動物に移植して安全性を確かめる試験を開始するそうです。

早ければ、再来年にの2020年に実用化

実用化は、2020年頃になるという。

しかし、気になるのは毛包治療の治療費ですね。

保険適用内なのか?適用外なのか?

毛髪治療は数々あるが、すべてにおいて治療費がばか高い事。

薄毛は治療したいが、費用が高すぎて手がでないのが現状。

画期的だったAGA治療も、値段が高くしかも治療をやめると、せっかく生えてきた毛がまた抜けるというもの。

発毛クリニックでの治療もバカ高く、安いのは初回のみ!

市販されている発毛剤も、高すぎる。しかも効果がほぼ望めない。

是非今回の毛包の技術は、病院で保険適用内で出来るようにしてもらいたいものだ。

一回の治療で2千円程度がベストですね。

薄毛に悩む人々にとって、本当に毛が生える技術もうれしい話であるが、治療費が高ければ何の役にも立たない。

誰でも気軽に治療ができる世の中を目指し、安価で出来る治療にすることが本来一番「薄毛に悩む」人にとっての手助けとなるものであり、高額ば治療では意味がない是非そこのところを考えてもらいたい。

せっかくの素晴らしい研究成果なのだから、「薄毛に悩む」人々が皆治療ができる世にしてもらいたいですね。

でも、絶対に高いんだろうな~。

スポンサーリンク