【サバ缶】を使ったお勧めの炊き込みご飯の作り方!

スポンサーリンク




最近大人気の「サバ缶」!遂にツナ缶を抜いて堂々の第一位になりました。サバ缶はダイエット効果など健康効果を期待できる加工食品として注目されています。そんな、サバ缶を使った美味しいお勧めの炊き込みご飯の作り方を紹介いたします。

サバ缶を使ったお勧め炊き込みご飯

マイタケとごぼうの風味とさばの旨味が凝縮した美味しい炊き込みご飯!缶詰なので青魚が苦手な人でも食べやすい味です。

材料

・白米 2合

・サバ缶(水煮)1缶(190g)

・マイタケ 1パック

・ごぼう 4分の1本

・水 適量

・三つ葉 4分の1袋

・しょうが 2分の1かけ

調味料

・みりん 大さじ1

・酒   大さじ2

・しょうゆ 大さじ2

サバ缶を使ったお勧め炊き込みご飯の作り方

コメは炊く30分前に研いで、ザルにあげ水気をきる。

ごぼうはささがきにして水にさらしておく。

三つ葉は5㎝の長さにきり、しょうがは細切りにする。

サバ缶はサバと汁を分ける。

炊飯器に釜にコメ、調味料を入れ水を2合の目盛までいれ混ぜる。

笹切りにしたごぼう、マイタケはほぐしながら入れる。

後は、通常炊飯。

炊きあがったら、三つ葉、しょうがを加えてざっくり混ぜ10分蒸らす。

茶碗に盛ったら三つ葉を添えて出来上がり!

さば缶の水煮が苦手な方は、骨なしのサバ缶味付けを使うとよいでしょう。

味付けを使う場合は、色見野菜、ニンジンなど入れるとよいと思います。

炊き込みご飯の具材や、サバ缶の種類は、お好みに合わせる事で無限のレパートリーになります。

サバ缶の効果

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シーウィングス さば水煮 200g
価格:108円(税込、送料別) (2018/6/28時点)

 

なんといってもサバにはすごーい効果があるのです。

サバ缶には、ビタミンB12が多く含まれている。

ビタミンB12とは水に溶ける水溶性のビタミンで、赤褐色の見た目から「赤いビタミン」と呼ばれています。

葉酸と協力して血液中のヘモグロビンを作り、脳からの命令を伝える神経を正常に保つ働きをします。

このビタミンB12は、海苔以外の植物性食品にはほとんど含まれていないため貴重なのです。

鯖の水煮にはこのEPAやDHAも半端なく豊富。

学力アップから、体のあちこちに良い成分がいっぱい入った魔法の食品なのです。

アルツハイマー予防からインフルエンザ予防まで効果が期待できるというから驚き!

ただし、体にいいからと言っても食べすぎには注意が必要です。

サバ缶の水煮には「プリンタ体」も多く含まれているので、ビールと一緒に毎日晩酌なんてしてると「痛風」になる可能性もあるので注意!

また、サバ缶でも味付けは、カロリーが高めなのでダイエット中などは水煮をお勧めします。

また、数多く販売されていますので製造元もしっかり確認しておきたいですね。

国産をお勧めします。

お勧めサバ缶味噌煮

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シーウィングス さばみそ煮 200g
価格:108円(税込、送料別) (2018/6/28時点)

 

 

スポンサーリンク