「巫女」になるには?!外国人を虜にした日本の文化とは!?

スポンサーリンク




君の名はで一躍有名になった「巫女」さん!美しい巫女の舞に海外の旅行客が感動してい。
今、日本の巫女さんに外国人が興味深々。

私たち日本人であれば見慣れた巫女さん。
神社を訪れると必ず会いますよね。
お守りやお札を受け取る時やおみくじを引くときに関わった事あるではないでしょうか?

「巫女」になるには!?

祭事の時には舞を踊ったり、華やかなイメージがありますよね。
実は、裏方のお仕事も多いのです。

そんな巫女さんについて学ぶと今後神社に行った時に見方が少し変わるお話をします。

巫女さんとは・・・

主として神社に鎮座している神に仕える女性の事を言います。

神如(しんにょ)」「舞姫(まいひめ)」「御神子(みかんこ)」と呼称される場合も御座います。

主な仕事は「資格を持つ神職の補助」です。

「資格を持つ神職」というのは、そこ神社の神主さんや宮司さんの事で、その方が仕切る行事や祈願などお手伝いをするのが巫女さんのお仕事です。

具体的な役割は、社頭授与といって、お守りやおみくじを訪れた参拝者へお渡しする役割があります。

また、神社で売られているお守りやお札を袋に入れたりする内職作業もあるのです。

大きな神社では、部署ごとに分かれていてパソコンを使ったディスクワークなどのお仕事も兼ねています。

また、祭神際には笛や太鼓に合わせて舞を披露することもあります。

舞の練習は、通常の奉仕の合間に練習しないならないので何かと大変です。

また、清掃などの奉仕もあり結構大変なのです。

大変なお仕事ですが、皆さん笑顔でお仕事してますよね。

日本の文化を大切に思っている方が巫女さんになるので、頑張れるんでしょうね。

巫女の中には神職の資格を持っている人もいますが、一般的には特別な資格は必要ありません。

条件は・・・女性である事ということだけです。

巫女さんになりたい人は少なく、主に神職の近親者や、その神社に縁がある場合がほとんどです。

その為、特に初詣前後にアルバイトの巫女さんが増えます。

この時の倍率はかなり高いらしいです。

しかし、真冬の寒さの中お参りに来る人の為、立ち続けるのは至難!

巫女さんって若い人が多い事にお気づきだと思いますが・・・

巫女が神社に奉仕できる年数はごくわずかです。

実は巫女は20代後半で定年を迎えるのです。s

その理由は、巫女とは若い未婚の女性という定義があるからです。

定年後でも、まれに事務職員として働いたり、舞の指導者として続けられる人もいます。

大抵の巫女さんは、18歳~28歳です。

スポンサーリンク



外国人を虜にした日本の文化とは!?

外国人のコメント

日本の文化はとても奥が深くて本当に美しいと思います。

日本のアニメや漫画で巫女を見るたびに素敵だと思っていたわ!

しかし、実際の巫女さんも驚くほど美しかった!

なんて意見が寄せられています。

最近では、ごく一部の神社にて巫女の体験ができる神社があり、外国人の注目を集めています。

もちろん体験でも、しっかりとマナーを習得してからの体験となるみたいですが。

あの、巫女さん衣装にあこがれるんでしょうね。

日本の文化ってホント海外からするとアンビリバボーなんですね!

 

スポンサーリンク