【タイムトラベラーの証言】2987年の世界とは?

スポンサーリンク




20歳の時、彼はソビエト軍の仕事をしていた。

ソビエト軍の中で、トップシークレットになっている多くの武器やテクノロジーや見た。

その時点では、ほんの数人だけが様々な実験段階の武器や航空機について知っていた。

これらのプロジェクトのほとんどは、ソ連崩壊後に終了した。

タイムトラベラーの証言

私は、皆さんに私が係わったこれらのプロジェクトの1つについてお話ます。

それは・・・本物のタイムマシーンでした。

タイムマシンは既に完成していた!

タイムマシーン、それはロシア語でkoppektopnctopnn「歴史修正機」と呼ばれていた。

そのプロジェクトは、時間に関する偉大な科学者やエンジニアが指揮していた。

当時の彼は、単なる一人の兵士に過ぎず、そのテクノロジーについてそれ程よく分かっていませんでした。

しかし、彼はそれに利用された10名の兵士の一人でした。

そうです。彼はこれらの実験に利用されたのです。

信じがたい事であるが、彼は本当にこれらの研究に係わっていたのだ。

今でもそれについて話すのは危険だと彼はいう。

1987年のある日、16か17世紀に彼らを送る計画がありました。

それは、ロシアの歴史を変える為です。

しかし、科学者達は過去に誰かを送る事が出来そうにありませんでした。

暫くして、彼らは未来に誰かを送ってみようと決めました。

2987年にです。

ソ連が未来に人を送ったのはそれが初めてでした。

その前に、動物や様々な物を送る実験が何度もありました。

例えば、コニャツクの入ったグラスなどです。

失敗もたくさんあり、これらの実験中に人が死にそうにもなりました。

研究者らは、彼らを二人ずつ5つのグループに分けました。

グループはそれぞれ様々な時代にタイムトラベルしました。

彼とアレックスは2987年に送られました。

そのマシーンは巨大で中央には大きすぎるリングがあり、彼らは真ん中に立たされました。

研究者らは銀製の腕時計に似た装置を彼らに与え、マシーン調整後、人間の身体と綿とシルクに対してのみ作用すると言いました。

彼らの制服は綿で出来ており、パイロットの制服に似ていました。

マシーンは磁力と電力で彼らを様々な時間に送りました。

彼らは、もし腕時計をなくしたら戻ってこれなくなると言いました。

それぞれの腕時計は、実際にタイムトラベルをするタイムトラベラーの為だけにデザイン、製造されており、交換したり共有したりできませんでした。

全ての訓練終了後、研究者らは彼らを2987年に送りました。

スポンサーリンク



【証言】2987年の世界

私は皆さんに1つお伝えする事が出来ます。

私は自分が依然として地球上にいるのか分かりませんでした。

最初、私は外にいる人を確認できませんでした。

私たちが見た数人の人はロボットのようでした。

それらは、変わった機械に覆われていました。

彼らのテクノロジーと比べたら、私たちのVRメガネは単なるサングラスです。

彼らの洋服も本当に変わっていて、綿やウールや合成素材ですらないのは確かでした。

人は全く歩いておらず、ただポイントAからポイントBへ移動するだけでした。

どうやっているのかは分かりませんでした。

私たちの服装は彼らにとって風変わりだったに違いませんが7、誰も私たちを見ていませんでした。

私たちは見えない存在という印象を持ちました。

彼らには表情が無く忙しそうに見えました。

私は同僚のアレッグが上空の彼らの交通手段を見る様に促しました。

私は、すべてが頭上に浮いているのが見えました。

冗談抜きにそこではすべてが浮いていたのです。

地面に接してる建物はなく、周辺のすべては浮いていました。

車、街頭など全てです。

私は本当に驚きました。

全ての建物は太陽光パネルに覆われ、私たちが向かう道を見つけた時、その時代の広告を見つけました。

例えば、それらの1つは火星への旅というものでした。

しかし、その広告の中では火星が素晴らしい所に見えました。

私が知っていたような赤い砂漠ではなく、美しい所でした。

火星はテラホーミングされていた。(関連記事はこちら)

本当に風変わりな紫色の海や島々や木々。

紫色の海以外は私たちの惑星の様でした。

私とアレッグが普通の服を見つけた後、その時代に合ったものという意味ですが、渡地たちはツリカピヨンと呼ばれる大変特別な場所に行きました。

その場所から、人々は様々な惑星に旅行をしています。

トイカピヨンで私たちは磁気で作動する特別な物を見つける事が出来ました。

それは、私たちを浮かせるものでした。

それは本当に奇妙で、私が初めてそれを試した時は、本当にもう少しで

フィートの高さから落ちるところでした。

暫くして私たちは浮く事が出来る様になりました。

歩くとでも言いましょうか。

その装置は車に近い事に気づきました。

そして、車も空中に浮いていました。

私たちは、その時そこでお店やそれに近い物は見つかりませんでした。

その時は私には、どうやって人々が物を買っているのかが分かりませんでしたが、今思うと全てオンラインショッピングだったのだと思います。

当時は、私たちにインターネットがありませんでしたし、それが何なのかすら知りませんでした。

ですから、私は想像できませんでした。

暫くした後、その街をアレッグと一緒に探索しながら、たぶん2人の人間とロボットに引き留められました。

今でも確かではありません。

彼らは私達を大型車で軍の基地に連れて行きました。

軍の基地で、私たちは軍服のような服装の人に会いました。

なぜ「のような」と言うと、現代にはそれに似た服がないからです。

その人は私とロシア語で話しました。

それは変でした。

彼は私たちに、今いる場所はムルマンスクだと言いました。

私は、そこは同じ待ちだと思いました。

彼らは私たちに様々な質問をしました。

彼らは私を明るい部屋に連れていきました。

そのライトは非常に明るく、肌を焼くような感じがしました。

彼らは私たちがどうやって境界を越え、どこからやってきたのか、どうやってテレポートをハッキングしたのか尋ねました。

彼らの話から、その時地球上には。、4つの国があるのが分かりました。

それは、ソビエト連邦、アメリカ合衆国、アジア連合と、そして彼らが言うには、我々の「A」4つだと。

しかし、私にはそれがどこの国なのか分かりませでした。

私には、どうして未来にソビエト連邦が存在し得るのか分かりません。

私の知っているソビエト連邦は1991年に崩壊しました。

これら私が答えなかった全ての質問の後、彼らは私を真っ赤な棒で叩き始めました。

そして叩かれる度に自分の肌の匂いを感じました。

酷い苦痛でした。

私たちは、1987年にいた時にタイムトラベルについて何も話してはいけないと言われていました。

ですから、私は自制し続けようとし、そして時が来るのを待っていました。

私たちは、私たちの時計が3:40になったら、自動的に1987年に戻される事を知っていました。

彼らが私の腕時計に疑いを持たなかったことは本当に幸運でした。

おそらく、それは彼らにとってはあまりにも原始的だったからだと思います。

そしてそれが、タイムマシーンの一部とは考えなかったのでしょう。

自分の肌が焼ける匂いの後に、私は1987年で目覚めました。

しかし私は一人でした。

毎日私は、アレッグに何があったのだろうと考えています。

彼は殺されたのか、それとも戻って来れなかったのか、それとも戻ってきたのかと。

しかし、彼はソビエトによって1987年に殺害されました。

今でも私には1つ分からない事がありました。

どうして、あの時代に1991年に崩壊したはずのソビエト連邦があったのか?

それはパラレルワールドや過去のソビエト連邦の国々は再統合されたのか。

私はそうでない事を望みます。

私には答えの分からない沢山の疑問があります。

私は他のタイムトラベラーの体験談に触発されエーペックルテレビに自分の話をしようと思いました。

まとめ

この人は2987年に行ったことがある本物のタイムトラベラーでしょうか。

最終的に決めるのはあなたです。

関連記事はこちら

 

Related Post

スポンサーリンク