【衝撃】CERNの非公開ワープ実験で旅客機がとんでもない事に!

スポンサーリンク




SF映画などではお馴染みのワープ技術だが実際は夢物語と思われていた。
しかし、2009年に旅客機がワープしたと主張する人々がいる。

【衝撃】CERNの非公開ワープ実験

CERN(欧州原子核研究機構)が保有するの大型ハドロン衝突型加速器がワープを引き起こしたのではないかと噂になっている。

大型ハドロン衝突型加速器(LHC)が稼働中にある事件が起こった。

英国タブロイド紙「Express]や情報サイト「lnquisitr」などが、LHCの稼働中に航行中の旅客機を乗員・乗客ごとワープさせていた事を報じた。

驚く事にワープマシンは既に完成していたと言うのか?

そもそも、CERN(欧州原子核研究機構)は宇宙の誕生を明らかにする数々の実験を行う事を目的に、スイスとフランスンの国境地下に建設された全長27kmのトンネル型装置である。

公式には2008年9月に稼働が開始された事になっている。

しかし、その後すぐに電気系統の故障で、大ががりな補修、点検が行われ2009年11月20日に要約本格的な稼働を始めた。

しかし、本稼働直前にある秘密の実験が行われていた事を陰謀サイト「Freedom Fighter Times」が指摘している。

スポンサーリンク



旅客機がとんでもない事に!

ロシアの情報筋によれば、2009年11月1日スペイン航空会社のイベルワールドA7-301便のエアバス機が本来着陸する空港から5500マイル(約8850km)も離れた別の空港へ着陸した事が確認されたという。

A7-301便はスペイン・マドリッドを離陸し、南米ボリビアのサンタ・クルス・デ・ラ・シエアへ向かい、既に着陸態勢に入っていた。

しかし、驚いたことに次の瞬間、なんと遥か遠くに離れたアフリカ北西部沖のテネリフェ島・テネリフェ北空港に着陸したのだ。

着陸体制の航空機が一瞬にして8850キロも離れた空港にワープしてしまった。

一体どうゆう事なのか?

乗員乗客170名は無事だったが、パイロットは勿論、どちらの空港管制局にとっても全く理解の出来ない出来事だった。

テネリフェ北空港に着陸した飛行機は様々な検査や調査が行われたが乗客をそのまま留めておくことは出来ず17時間後に同期は本来の目的地である南米ボリビアのサンタ・クルス・デ・ラ・シエアへ向かって飛び立ったのだ。

LHCの実験との関連性は?

実は、この不可解な出来事と、時同じくしてLHCは非公開の実験を行っていたと言うのである。

この時の実験で、LHCは最高記録となる高エネルギーの陽子ビームを加速させていたのだが、この実験が周囲の磁場を乱しLHCと南米ボリビアの有名な史跡である太陽の門との間にタイムワープの通路を発生させたのではないかとの疑惑が浮上している。

つまり、LHCの高エネルギーが時空や空間を歪めた恐れがあるのだ。

もし真実だとすると驚くべきことだが、CERNもこの事態を予期していなかったと言われている。

つまり実験で生まれた、偶然の産物だったのである。

兼ねてより、LHCの危険生は多くの科学者が唱えており、地球どころか、この宇宙全てさえも壊しかねない恐ろしい実験なのだ。

スティーブン・ホーキング博士もこの実験は危険だと警鐘を鳴らしていた。

ミニブラックホールを作り出すとか、危険過ぎる。

異次元へのスターゲートを開きかねない!

2015年に墜落したジャーマンウイングス9525便の事故はLHCの影響を受けいて電気系統が破壊された事が原因ではないかとささやかれている。

ひょっとするとあの航空史上最大の謎「マレーシア航空失踪事件にも関与しているのではないだろうか?

失踪したマレーシア航空は、他の宇宙に飛ばされたか、時空の歪みに巻き込まれ過去か未来に飛ばされたのか定かではない。

また、LHCが引き起こす極めて高エネルギーのマイクロ波パルスが巨大地震を引き起こしている可能性も指摘されている。

何故こんな危険な実験を行うのか?

この研究所のシンボルはシヴァ神=破壊と再生の神

今後、とんでもない事が起こらなけらば良いと願うばかりである。

スポンサーリンク