日本がワースト1位の世界に誇れない事10選!

スポンサーリンク




スポンサーリンク

日本って世界中から素晴らしい国と高評価を受けていますよね。

しかし、そんな日本でも世界に誇れない残念な世界一位が存在します。

そんな、残念過ぎる日本のワースト1位を10個紹介します。

日本がワースト1位の世界に誇れない事10選!

日本の恥ずかしいワースト一位の事とは一体何が思い浮かびますか?

日本と言えば世界でも一位を沢山とるほどの技術や産業が自慢できますよね。

もちろん、日本が良い事で世界一位なのは沢山ありますが、今回は日本の残念なワースト一位を紹介します。

日本は農薬の使用量が世界一位

日本はなんと農薬の使用量が世界一位なのです。

「農薬散布」の画像検索結果

中国かと思いきや、日本だったとは残念!

農薬が体に良いか悪いかは別として、あまり良いイメージはないですよね。

アメリカも農薬沢山使っているって感じがしますが、日本はアメリカのなんと5倍以上の農薬を使っているのです。

なので健康とか気なる方は有機野菜などを選ぶとよいでしょう。

日本は寝たきりが世界一位

日本は、世界一平均寿命が長い国として良く知られていますが、同時に寝たきりの人数も世界一位なのです。

これは、平均寿命から健康でいる期間の健康寿命を引いて出た計算式ですが、残念ながら、体が動かない時間が世界一長いらしいです。

医療技術も進んでいる為、ボロボロの身体になりながらもギリギリ生きている人が多いのが現状です。

日本は精神科病院の数が世界一位

日本には、8605の病院があるのですが、その内の1076棟、12.6%が精神病院が占めている。

精神床頭数はOECDの平均の約4倍。

「日本の精神科病棟とベッド数」の画像検索結果

しかも世界には入院する為のベッドが186万個ありますが、その内の34万が日本に存在していて、これは世界の精神科で入院している5人に一人は日本人と言う事になります。

相当ヤバいですよね!

ストレス社会の日本ならではですね。

日本は食品添加物の数が世界一位

アメリカ・・・130種類

ドイツ・・・64種類

イギリス・・・21種類

日本・・・1500種類以上

先進国でも別格なほど添加物が多いですね。

直接的に体に悪影響を与えるかは別ですが・・・

日本はペットの殺処分が世界一位

これ、一番残念ですね。

平年17年では年間、猫が20万匹、犬が10万匹と合計して30万匹の猫や犬が殺処分されているのです。

「日本の殺処分」の画像検索結果

「日本の殺処分」の画像検索結果

1日800匹も殺されている計算になります。

他の国と比較すると

イギリス・・・7000匹

ドイツが・・・0匹

こう見ると日本の異状さが分かりますよね。

中途半端な気持ちで動物を飼い、途中で放棄してしまう。

また、去勢せずにどんどん増えてしまい公園などに置き去りにするなどが原因となっています。

現在では殺処分の数も減少しています。

スポンサーリンク

神奈川県など殺処分ゼロなど各都道府県の取り組みや、動物愛護団体等の活動のおかげで現在では殺処分は減少傾向にあります。

日本は若者の自殺率が世界一

これも非常にダークで残念な話ですが、日本で精神科が多い事と結びつきますよね。

日本全体の自殺率は、少し前のピークから徐々に下降傾向ですが、なんと15歳~24歳の間の若者の自殺率が上がっているらしい。

「日本の自殺率」の画像検索結果

ヨーロッパなどの自殺率は日本の約半分程。

ここから、日本の社会の異常さがうかがえますね。

自殺の主な原因は、仕事のストレスや鬱やいじめなど様々。

スポンサーリンク



日本は残飯廃棄量が世界一位

日本は、なんと年間2000万tの食べ残しを捨てているらしいです。

この数字を聞いてもピンとこないですよね。

言い換えると、1秒間に8600個のおにぎりを捨てているのと同じらしいのです。

これは、人口が2倍のアメリカよりも多い量となっている。

また、日本の食品は殆どが輸入に頼っているが、その輸入した3分の1を捨てている事になります。

世界では、1500万人が餓死しているので、この情報を聞いただけで世界がヤバいのが分かりますよね。

日本の水道水の塩素濃度が世界一位

日本の水は安全で綺麗と皆さん思っていますよね。

「世界の水道水が飲める国」の画像検索結果

塩素とは、プールの消毒だったり、漂白剤とか殺菌とか消毒の効果があります。

ある一説では、アトピーとか皮膚病とか発がんとかにも影響していると言われている。

他の国と比べると約10倍も塩素が含まれているのです。

確かに、世界には水道水を飲める国も少なく13~15か国で程度しかないのも事実。

確かに、水道水の菌やバクテリアとか消毒できる分仕方がないと思いますが、逆に塩素がめちゃくちゃ入っているのでこれが世界一綺麗な水かは疑問ですね。

日本は家事をしない夫が世界一

ヨーロッパでは、約30~40%の夫が家事をする中、日本ではたった18%らしいです。

めちゃくちゃ少ないですよね。

100人の内、18人しか家事をしないと言う事になりますよね。

これは、仕方ない気がしますよね。

日本の労働時間を考えたら・・・

残業も多いし、そこまでしたら更に自殺者が増えてしまいますよね。

日本は遺伝子組み換えが世界一位

これは日本の食品の多くは海外から仕入れていて、そのほとんどが遺伝子組み換えらしい。

「遺伝子組み換え」の画像検索結果

ほぼ、遺伝子組み換えでない食品を食べるのは不可らしいです。

一概に遺伝子組み換えが体に悪いかどうかは定かでないが・・・

世界に誇れない日本のワースト一位でした。

引用元:NokimanShowより一部引用

Related Post

スポンサーリンク



22 件のコメント

  • ちなみに水道に入ってる塩素(次亜塩素酸ナトリウム)は食品添加物でもあるぞ
    ついでに法律で一定以上濃度がないと飲料不適だからね

    • 失礼します。
      そうなんですよ~。誰かが、保証しないと、安心出来ないような、いわゆる、トランスレーションなんですよ。水、米、麹、大豆、野菜や、果樹、酒、すべて、自己責任のもとに置いて、選ぶこと。そう。このセンテンスを、眺めている、貴方、人生も、同じ。貴方が、チョイスするのです。貴方が、すべてなのです。

  • これらの情報の元ってどこですか??
    あまり聞いたことのないワーストが多いのと、文中の「らしい」という言い方が気になって、、、。

  • 日本は人口の多い先進国で、日本より人口が多いのはアメリカだけです。
    日本の次に人口の多い先進国はドイツで、約8200万人。
    アメリカは法律で精神病院を作れない州がありますから、日本が一番多いのは当たり前です。

    あと、日本以外の国で、水道の水が飲める国を知りません。飲み水とそれ以外の水で比べて、どんな意味があるのでしょうか?

    • 文中に、水道水を飲める国、日本を含め13カ国と出てます。確かに少ないですが。あと韓国も飲めると、YOUTUBERの方が言ってました。

  • こういうの見て「え?そうなんだ?ホントなのかな?」と思うとこまではまあ良いとして、そっから自分で興味持って調べるとかしないのかね。

    オリンピックの選手村で使う野菜が基準満たせなくて国内で確保できないとか、輸入食材に頼り切ってる外食・加工食産業から凄まじい量の食いもんが破棄されてるとか、割と有名な話だと思ってたけど。

    自国の至らない部分を指摘されたときに「それはいかん、なんとかしたい!」じゃなくて「いやそれにはこう言う事情が…」とか「〇〇国はもっとだめなとこが…」とか「データの取り方が日本に不利で…」とかばっかりだもんね。

  • europa Austriaとかみんな水道水ですよ!swiss mo北欧も! 日本は飲めるけど、自分は飲んでない!

  • 日本の精神病床数が世界で一番多く、精神病院に入院している人の5人に1人が日本人なのは、日本が「ストレス社会」だからではありません。国際的には地域包括ケアのように、生活の場で治療するのが一般的なのに、日本では未だに入院(隔離収容)による治療が根強く残っているからです。ご職業が介護職とのことなので、お判りいただけると思います。

  • こういう記事を書いて「改善しましょうね!」と間接的に日本人に説教したいのだろうけど、こういう記事ばかりだから日本人が自信が無くして、外国人に「日本人は自信がない人が多い」と思われるんだろうなと読んでて思った。
    この10つを改善しても左翼は新たに日本人に説教し出すよ。終わらない。

  • 日本じゃ不審死とかも、立件できなければ自殺扱いで計上するって話だからな。 ようするに自殺統計に殺人が入っている可能性が大きい。

  • 水道水についてですが、ドイツでも水道水が飲めます。塩素は入っていないか、ほとんど入っていません。なので水道水を飲むと塩素の味が全然しません。「日本の水道水はきれいでそのまま蛇口からの水が飲めて、すごい!」というような日本の水道水はなにか特別であるようなイメージはアメリカや発展途上国の水道と比較しているんだと思います。考えてみれば日本もヨーロッパも山岳地帯を流れてくる水なので比較的きれいな水が得られます。 それなのになぜ日本の水道水はあれほど塩素を入れるのか・・・塩素くさいくて正直まずいと思います。聞いた話なので本当かどうかはわかりませんが、日本の水道水の塩素の分量はアメリカが日本を占領していた時期にアメリカ軍によって決められた基準に基づいているものだそうです。

  • 農薬に関してですが、日本では数日で効能が切れる、謂わば薄い農薬を害虫や病気の発生に合わせて散布しています。「量」ではなく、内容の検証が意味をなす報告です。

  • 食品添加物について検索すると
    日経新聞 2013/4/18の記事に
    「「検疫」では米側が日本の食品添加物の審査手続きを早めるように求めた。日本が認める添加物は約800種類で米国は3000種類ある。日本で規制緩和が進めば米国の食品メーカーの輸出増につながるとみている。」
    とありますが。

    農薬については、日本は天敵利用…例えばテントウムシのテントップなどの生物農薬も含みます。
    「農薬」と見做す物の判断がまったく異なる。
    中国の人たちが日本のコメや野菜を買いたがるのは、そういう事です。

  • はじめまして。
    なと申します。

    記事の方読ませていただきましたが、1つ伺いたいことがありコメント致しました。

    日本はペットの殺処分が世界一位

    ということの根拠となるリソースやデータはどこで収集なさったのでしょうか?

    現在、独自で犬や猫の殺処分について調査しており、もしそれが事実であればそのデータを利用したいと考えています。

    ご返信お願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください