【貴乃花親方退職】もう相撲が嫌になっちゃつたので辞めます!

スポンサーリンク




9月25日17時より、貴乃花親方の引退記者会見が開かれた。

一体何が引退の理由になったのか?

引退理由

 

引退の理由が、3月9日貴ノ岩への暴行問題で告発状を提出したのに対して、協会側から圧力がかかり、事実無根と認める事は私には出来ない!という理由で引退会見を行った。

告発状をめぐり協会と対立

 

今場所の中盤で、貴ノ岩に対しての告発状は、事実無根だと認めろと協会の理事長からの圧力があったと言う。

悪の根源(八角理事長)

どこかの一門に所属するルールと引き換えに、暴力事件の事実をなかった事にしろって言われたのだ。

また、このような状態の中で、弟子たちが怪我をしたりしないように!

弟子は、かわいいのでこれからも見守ってあげたいと話した。

年寄引退が最善の道と判断し苦渋の決断!

要するに、もう相撲協会が嫌になっちゃったんですね。

また新たな団体の設立の意思はない事を会見で話した。

それが引退の理由です。

しかし、相撲協会も腐っていますね。

貴乃花は年寄まで降格されたが、本当の年寄りこそ引退すべき古き人達ではないだろうか。

これからの相撲協会を背負って立つ人間が、この様な形で協会から消えてしまう影響は今後の相撲人気に影響が出る事は間違いないだろう。

相撲協会もしかり、スポーツの世界の協会ってとんでもない権力の世界ですね。

 

 

 

スポンサーリンク