人類の成長とAIの進化のシンギュラリティの謎に迫る!

スポンサーリンク




人工知能の権威レイ・カーツワイルが最初に唱えたシンギュラリティ。

AIが人間の知性を超える事によって世の中の概念が変わる事を意味する。

その時期は、2045年と言われている。

人類の成長

人類の成長は、メチャクチャ遅いですよね。

一般的にはサルから成長したと言われ、それから今に至りますが、

かなりの長い年月をかけて今の人類の姿があります。

約700万年前に人類が誕生したと言われています。

人類の成長に対し、テクノロジーは、とんでもない速さで急成長しています。

1800年から2018年の約200年間と、1600年から1800年の200年間では、

同じ200年間でも成長の度合いがまるで違うのです。

この様に人類とテクノロジーの成長は全く違うのです。

私たちは今、第三次産業革命から第4へと移行しつつあります。

第一次産業革命が、19世紀の初め蒸気機関車の発明など世の中が機械化されました。

第二次が、電力エネルギーの発明で大量生産できるようになりました。

第三次が、私たちのいるところでコンピューターの発明で自動化する事が出来ました。

そして、第4次産業革命は機会が人間の指示なしに自ら動く様になります。

違う言い方だと、物理とデジタルの融合です。

ほんの200年でテクノロジーはここまで進化をしました。

AIに詳しいニック・ボストロムによると地球が1年前に誕生したとすると、

人類の歴史は約10分前、そして産業時代は約2秒前と言われています。

人類は、時間がたつと共に成長してきましたが、

AIの誕生と共に一気にテクノロジーの進化が加速します。

スポンサーリンク



AIの進化のシンギュラリティ

AIは、人工知能です。

AIと言っても3種類のAIに分けられます。

・ANI(弱いAI)Articial Narrow lntelligence

このAIは決められたルールの中でしか考える事が出来ません。

実はsiriもこの部類です。

一見siriって頭良い様に見えますが狭い範囲で事前にプログラムされた範囲で動いています。

・AGI(強いAI)Artificial General lntelligence

これは人間と同じ位の知能を持っていて、人間の仕事をこなす事が出来るAIです。

残念ながら今はこのレベルにまで達していませんが。

いずれ人間の脳のコピーをそのままコンピューターに入れる技術で、

2030年には可能になると言われています。

・ASI(人口超知能)Artificial Super lntelligence

ここで知能の爆発が起きて一気に別次元のレベルに行きます。

これは、単純に言うと神です。

人間の何億倍も頭が良いです。

これで何が出来るのかと言うと、

なんでもできます。

どんな病気も治るし、世の中の問題も殆ど解決されます。

人類は、不老不死を手に入れるか、あるいは絶滅するか?

これはSFの世界ではなく、近い未来訪れる事です。

AIは果たして人類と共存するのか?

それとも人類と融合するのか?

それとも、AIに地球を支配されてしまうのか?

もうすぐ答えは出るだろう!

 

 

 

 

Related Post

スポンサーリンク