【驚愕】興味本位で行ってはいけない日本の危険な場所4選!

スポンサーリンク




地元や旅行先などで、不気味な場所や良くない噂が絶えない場所ありますよね。

そんな中でも、特に足を踏み入れたら危険な場所を紹介します。

【驚愕】興味本位で行ってはいけない

興味本などで決して行ってはいけない、日本のスポット5か所を紹介します。

日本には、危険な地域や場所が存在します。

興味のある方は行ってみると良いですが命の保証はありません。

スポンサーリンク



日本の危険な場所4選!

ウトロ地区

ウトロ地区は京都府宇治市にある在日韓国人・朝鮮人の集住地域です。

1945年の戦後より、退去命令を受けても様々な理由で、帰国出来なかった不法滞在者が占拠しており、現在5人に1人は生活保護を受給しながら生活をしています。

これに対して様々な団体が立ち上がりデモを繰り返しています。

ヘイトスピーチの舞台になることもあり、巻き込まれない為にも無意味な訪問は極力避けた方が無難と言えます。

町中にはハングル文字や日本語で書かれた手書きの看板があちらこちらに掲げられ、築数十年は経過している古びた建物が立ち並んでおり、まさに荒んだ光景が広がっています。

上野駅13番線男子トイレ

東京都上野にある上野駅13番線の男子トイレは、「ばってん場」とも呼ばれています。

実はここ、男性同性愛者の出会いの場として有名なのです。

便をする為の個室から2人の男性が出てくるところを見たという声も後を絶たず、中で何かをしている卑猥な音を聞くこともしばしば。

トイレ内の迷惑行為の多さから、小便器の間に仕切りが設置されるなど対処に手を差し伸べられているが、終電間近でホームも閑散としているにも関わらず、トイレには3人の男性が様もたす様子なく立ち尽くしているなど、まだ危険な香りが漂うスポットです。

トイレ近くに男性が数人いたら犯罪に巻き込まれる可能性があり注意が必要でしょう。

青木ヶ原樹海

山梨県南部都留郡に位置する通称「富士の樹海」。

数多くの心霊現象も起こる世界屈指の自殺スポットとして有名で、

山頂付近で飲食店を営む店員は、自殺志願者とそうでない人が見分けられると言います。

大抵の場合、自殺志願者は夕方一人でバス停に降り立ち、

樹海への入り口の自動販売機で飲み物を買って行きます。

これは、樹海に入ってから大量の睡眠薬を飲む為です。

現在でも多い時には、年間100人以上の遺体が発見されています。

海外のサイトが選んだ「地球上で最も不気味な場所ベスト15」でも、

1位に選ばれた実績を持つ青木ヶ原樹海は、昼間でも薄暗く目印になるものがありません。

遊歩道から外れて木々の中に一歩足を踏み入れれば、たちまち方向感覚を失い、不本意であったとしても樹海から出る事は困難です。

また、サバイバル訓練中の自衛隊が道中に数多く見られる積み石を崩した事で、不慮の交通事故にあったという噂もあり、「決して積み石を崩してはいけない」という都市伝説も浮上しています。

八幡の藪知らず

千葉県市川市にそっとたたずむ「八幡の藪知らず」。

20m四方の小さな藪ですが、遅くとも江戸時代には「禁足地」として有名な場所で、「足を踏み入れると二度と出てくることは出来ない」という神隠しの言い伝えが受け継がれています。

20136年の7月には付近に住む女子高生が失踪し、78日後に失踪当時の服装で発見されるという事件も起きています。

この事件で不可解な点は多く見られ、神隠し伝説が更に世に広まるきっかけとなりました。

現在は、不知森神社の一角以外は、立ち入り禁止とされています。

平和な日本でも、いわくつきのスポットは数多く存在されています。

遊び半分などで生半可な気持ちで訪れることで、一生不幸を背負う事になるかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク