20XX年、「南海トラフ」でM9クラスの地震発生!被害想定の全体像に迫る!

スポンサーリンク




南海トラフ地震は、駿河湾から日向灘へ伸びる「南海トラフ」沿っで発生する地震です。

南海トラフ沿いの地域では、これまで概ね100年から150年周期でマグニチュード8クラスの巨大地震が繰り返されてきました。

今後も、30年以内に70%の確率で発生するとされています。

最悪の場合、死者32万3千人にも達すると考えられています。

その時私たちは、何を経験するのでしょうか?

南海トラフ地震対策ワーキンググループの報告を元にシュミレーションをしてまいります。

20XX年、ある日冬の夕方「南海トラフ」でM9クラスの地震発生!

・各地で液状化の被害が発生

・途絶するライフライン

・交通不能になる道路・鉄道

・巨大津波が次々と沿岸に到達

志摩:最大波高23m

下田:最大波高31m

大阪:最大波高4m

宮崎:最大波高12m

南海トラフ巨大地震では、震度6弱から震度7の強い揺れが広範囲に及び数分に渡って続きます。

この激しい揺れにより、家屋の倒壊や、家具の転倒などによる死傷者が多く発生する事。

また、家屋の倒壊などにより閉じ込められてしまい、早期の避難が困難になる事が想定されています。

南海トラフが特質な点それは

津波被害の脅威

津波による死者だけでも23万人に達すると予測されています。

高波が海面付近だけが動く現象なのに対して、津波は海底から海面までの膨大な量の海水が動くため、

そのエネルギーは、比較にならない程大きなものになります。

南海トラフ巨大地震では、震源域が陸に近い為、津波発生から到達までに時間が短い事も特徴です。

東北地方太平洋沖地震では、津波の到達時間が最短で25分だったのに対し、

南海トラフ巨大地震の場合、数分での到達が想定されます。

津波から生き延びる方法はただ1つ津波が来る前に高台や、津波避難ビルへ逃げる事なのです。

防災グッズなら楽天1位獲得の【ディフェンドフューチャー】

南海トラフ長周期地震動

南海トラフ巨大地震の様に、規模の大きな地震で小刻みに揺れる周期の短い揺れに加えて、

ゆらゆらと大きく長い時間揺れ続ける長周期地震動が発生します。

長周期地震動に共振した高いビルや断ち物は、長時間委渡って大きく揺れます。

特に高速階になるほど、揺れは大きく例え建物自体が持ちこたえても、家具の転倒移動などにより実内では大きな被害が発生します。

東日本大震災では、震源からおよそ300km離れた、東京新宿の超高層ビルの最上階で、振れ幅が最大2m近くにも達する大きな揺れが10分以上続いたと言われます。

南海トラフ巨大地震では、震源域に近い中部や近畿、更には離れた首都圏でも長周期地震動が強く発生すると予測されています。

超高層ビルの最上階では、固定されていない多くの家具が転倒し、キャスター付きの家具が大きく移動するなど、危険な凶器となる事が想定されます。

超広域にわたる被害

南海トラフ巨大地震では、被害の規模も広がりも東日本大震災以上と想定されます。

超広域にわたる被害の為に、従来の国や自治体、公共団体などによる、救援・支援のシステムが機能しない恐れがあります。

けが人や、病人などが同時に多数発生する一方、医療機関での対応力が低下し十分な医療が期待できなくなります。

避難所のキャパシティーを超える避難者が発生する為に、避難スペースや仮設トイレなどの確保が困難になる事など劣悪な環境下での生活が続くと想定されます。

これらの課題に対して国は、建築物の耐震化や津波に対する避難計画の策定など、ハード対策とソフト対策を総動員した総合的な対策を推進しています。

更に、公序に頼らない、一人一人の対策も不可欠です。

求められるのは、次女共助の精神にもとずく心構えの取り組みです。

日頃から、防災教育や訓練に取り組むほか、発災に備えて備蓄をするなど対策が必要です。



.南海トラフ地震の被害想定の全体像

死者数は最大・・・最大で32万3千人これは東日本大震災の17倍。

倒壊・焼失棟数・・・最大で238万6千棟、東日本大震災の18倍。

上水道・・・3,440万人が断水により使用不可それに対して給水車は日本全国から集めてもおよそ1000台。

下水道・・・最大3,210万人が利用困難

停電・・・最大2,710万軒が停電。東海近畿・四国ではおよそ9割が停電すると予測されています。

都市ガス・・・最大180戸の供給が停止

固定電話回線・・・最大930万回線が通話不能に

携帯電話・・・大部分の通話が困難にインターネット基地局の破壊でインターネットも不可

交通施設被害・・・4万か所、消化活動、救命救助活動、ライフラインの応急復旧、物資輸送などに著しい支障が出る可能性がある。

鉄道・・・1万9千ヵ所

港湾・・・5千か所で被害

空港・・・中部国際、関西国際、高知、大分、宮城空港は津波で浸水

帰宅困難者・・・京阪都市圏660万人、中京都市圏400万人

避難者・・・1週間に最大950万人

この様な状況下での避難所生活は大変過酷なものとなります。

発災後3日間、合後計で最大3,200万食不足

発災後3日間で最大4,800万ℓ不足

医療機能

被災都道府県で対応が厳しくなる患者数は最大で入院15万人、外来14万人

避難所では、空腹に狭いスペース、プライバシーもなく、特にトイレは不衛生状態になります。

深々共に非常に苦しい生活になります。

経済被害

南海トラフ巨大地震で、日本が被る経済被害は、最大で約215兆円

これは、東日本大震災の被害の10倍以上です。

日本の国家予算の2倍以上にもなります。

少しでも減災する為に、建物の耐震強化、家具の固定、家庭での食料の備蓄、避難想定の訓練などを行う事で、少しでも被害を抑える事が出来ます。

地震はいつ来るか予測できません。

備える事が大切なのです。

Related Post

スポンサーリンク