【孤独死】葬儀までの流れから現場の清掃はどうすれば良いのか?

スポンサーリンク




【孤独死】日本が抱える問題の1つである。
孤独死は、高齢者が殆どだと思われがちだ。
しかし、最近では晩婚化や熟年離婚などによる一人住まいの増加から4、50代の中年層でも起こりうると言われている。
もし、身内で孤独死が起こったらどうすれば良いのか?

孤独死葬儀までの流れ

例えば一人暮らしの、お兄さんが亡くなって妹であるあなたに電話がかかってきます。

警察から電話が来て、「お兄さんが亡くなっていたようです!遺体は警察に収容しました。お話に来てください」といったかたちで呼ばれます。

とりあえず警察に飛んでいく形になります。

悲しい事にそういった状況のご遺体でも面倒しというか、ご本人かどうか確認をしなくてはいけません。

近しいご遺族の方が、腐敗したご遺体を見て「間違いありません」と確認した後の話になります。

警察の法で、一通り説明を受けたら「葬儀屋さんに何とかしてもらって下さい」と言われます。

直ぐに葬儀屋を決めなければなりません。

葬儀社が決まり、葬儀社が遺体の迎えにきます。

体はまず腐敗して可哀そうな状態になっているので、それをまず脱しないといけません。

具体的に言うと、まず火葬してお骨にしましょうって形で話を進めていきます。

お顔を見てお別れとかというよりも、なるべく早く火葬場の霊安室などに連れて行って、日を改めて火葬しましょうって話になります。

運ぶ時に、棺に入れたらお顔を見る事もしない方がいいでしょう。

匂いが出ないようドライアイスを沢山入れて冷やし、臭気を止めてテープで目張りをします。

その後、火葬の日取りが決まったら、みんな集めて棺の上に花束をおいて見送りをします。

まだまだ家族は、信じられない心境ですが、まずはお骨にして安らかにするのを目標にします。

お骨になってから、本人の勤め先や友人が多いという形であれば、お葬式なり、お別れ会を開いてあげる。

また、社会と関係性がない場合、親族のみで見送るようなら、そのままお寺の住職に事情を話し「先にお骨にさせて頂きました」と説明をする。
どうか、お戒名をつけて納骨させて下さいと頭を下げたら、お寺の方も事情を察し戒名をつけ本堂でお経をあげ納骨してくれます。

現場の清掃はどうすれば良いのか?

孤独死があった部屋を清掃しなければなりません。

アパートであれ、個人宅であれ孤独死の現場は清掃する必要がありますよね。

とりあえず、専門の特殊清掃業者に依頼しましょう。

特殊清掃作業とはどのように行われるのか?

室内に入る前には、供養のためにお香を焚きます。

中に入る作業員は、専用のマスクに清掃用のタイベックス(作業服)を身に着けます。

清掃には2種類あります。

一般清掃

ゴミや家具などの撤去

特殊清掃

自殺・孤独死・害虫駆除まで掃除のことなら【特殊清掃隊】

遺体から出た体液や臭いなどの除去

まずは、一般清掃から始めていく。

一般ゴミは、リサイクル出来るものと、体液で汚れているものとを分けて行われる。

家具などは、新品や古くても傷のない物はリサイクルゴミとなる。

ただし、家具に臭いが着いてしまった場合は廃棄となる。

作業中は、近隣に迷惑のかからない様に基本窓は閉めて行われる。

中にある汚染されている物理的な除去と家財にも臭いが染みついている為全て撤去して、その段階で内装はすべてクロスなども剥がしてフローリングも剥がして、物理的に臭いの元となるものが無くなった状態で、初めて消臭作業に入る。

部屋の外では、次々とトラックにゴミが積まれていく。

マンションなどの場合では、エレベーターなどは使わない。

階段から冷蔵庫などを運ばなければならない。

それは、エレベーター内に臭いを残さない為である。

遺品はゴミとは別に詰めて行く。

ご遺族の方が最終的には部屋に入って頂き、その段階で引き渡す形になる。

遠方で来られないご遺族とは、郵送などでやり取りをする。

一般清掃が終わると、特殊清掃にうつる

まず、表面にある体液を除去して、フローリングを剥がして床下の状況を確認する。

次亜塩素酸ナトリウムなど、殺菌効果と洗浄効果があるものを使う。

あとは、安定化二酸化塩素など使用する。

基本的には、科学反応でご遺体由来の脂肪であったり、血液であったりを効率よく除去する為に使われる。

体液の除去が終わっると、フローリングなど綱ぎ目の隙間から浸透してしまう事もあるので、すべて剥がして確認する。

この段階でやっと窓を開けられる。

そして、ベランダの清掃を行う。

次に発電機と噴霧器を使い特殊な消臭剤をかけていく。

ここまで来ると、先ほどまでの状態を感じさせない程、綺麗になる。

しかし、清掃業者によっては表面的な部分だけを綺麗にする場合もあると言う。

遺族の方や管理会社さん、大家さんは特殊清掃をどこまでの作業をやるのか、きちんと見積もりに来た段階で確認しとくべきである。

これをやらないと、後々臭いが出て着るので。

様々な案件に対応するという清掃業者。

一体どのようなケースがあるのだろうか?

病死もあれば、自殺の現場もある。

ペットの死骸や糞尿の臭い。

ゴミ屋敷の臭い。

火事の現場なら火災の消臭。

スポンサーリンク



孤独死はどのように発見される事が多いのか?

水道代など自動引き落としにしている方だと亡くなっていても家賃や電気代などが口座から引き落とされていると、管理会社や大家さんは気が付かない。

何が異常で気付くケースで言うと、郵便受けに郵便物でいっぱいになっていたりだとか、臭いなどで近隣が気づくケースである。

体液も性別であったり年齢であったり、体型によって全然違う。

身体が大きいいという事は、脂肪がついているので、結局、脂肪は油なので亡くなると油分が広がる。

車のオイル交換をした古く汚れたオイルをこぼした様になる。

もし自分が大家だとして、所有物件で孤独死が発生した場合どうする?

まずは、一番に警察を呼ぶ。

警察に通報し、警察と立ち合いの元一緒に部屋に入る事になる。

後は、保証人や連絡がとれるご遺族がいれば、ご遺族に連絡を取ってもらって部屋に入る事が最初。

孤独死対策はあるのだろうか?

おそらくそれは今、各自治体であったり行政が頭を悩ませている事です。

「見守り」と言われる部分で、例えばお弁当屋さん「見守り弁当」などを利用し、お弁当の配達員が確認をとるなどの対策がある。

ご家族でしたら、こまめに連絡をとる。

しかし、亡くなる方はやはり孤独な方が多いので発見が遅れるケースが少なくない。

なので、大家さん側としては、この様な事があった時の為に損害保険に加入するなどが必要となる。

また、生活保護者の場合、行政の出せる金額は決まっているので、出せる上限を超えた部分のお金は大家さんに降りかかる。

費用はどれくらいかかるのか?

最初に連絡をし、業者が現場を見た状況で見積もりという形になる。

ただリフォームが必要になると、場合によっては判断できない事もある。

まずは、特殊清掃作業の見積もり終了後、再度リフォーム代は見積もりが必要となる。

ゴミに関しては、基本的には行政の証認可を持っている業者を呼んで、直接相談して値段を決める。

費用を抑える場合だと、直接親族や大家さんがクリーンセンターにゴミを運ぶ事で費用を抑える事が出来る。

特殊清掃作業の費用は?

部屋に誰かが入れるまでの状態にするのが、安くて8万円程度。

それにプラス、床を切る、壁紙を剥がすなどになるとプラス1~2万円。

壁紙剥がし、オゾン脱臭3日間で5万円。

特殊清掃だけなら平均して20万円ほど。

会社によって金額は様々。

ゴミの多さや、住んでいる階などによっても金額は変動する。

リフォームまで入れると約50万円は必要となる。

Related Post

スポンサーリンク