【都市伝説】iPhoneslowって新作が発売される前に検索需要が伸びるって知ってますか?

スポンサーリンク




皆さん新しいiPhoneXは、購入しましたか?
新機能も追加され、話題をよびました。
そんなiPhoneに関する都市伝説を紹介します。

【都市伝説】iPhoneslow

新作が出る前に、アップル社がiPhoneの動作が遅くなったと感じた事はありませんか?

私も、正直本当に操作が遅くなってiPhoneXSの発売初日に予約購入しました。

色々アプリ入れているから遅くなったのかな~なんて考えてましたが・・・

なんと、アップル社がiPhoneやIOSを出す度びに、わざと古いiPhoneの動作を遅くさせて、

皆に新しいiPhoneを買わせようとしているという噂があるのです。

新作が発売される前に検索需要が伸びる

この話を聞いたハーバードが調査して、GoogleトレンドでiPhoneSlow(アイフォンスロー)という単語が、どのタイミングで検索数が多いのか調べた所、何と毎年新作が発売される度に検索数のアクセスが跳ね上がっている事が分かりました

グッドキーワードなどでも調べると、同じ様な現象になっています。

検索数と、新作の出るタイミングが一致しているのです。

勿論、アップルはそんな事はしていないと証言しています。

ある企業が、実際に年代別のiPhoneに別々のIOSを入れて1000回テストした結果、遅くなるといったデータは得られなかったのです。

確かに少し遅くなるのかもしれないですけど、むしろアップルは古い世代でもうまく動作する様にサポートしていますね。

なので、新作が出る度にみんな、自分の携帯が古く感じて「遅くなったな~」と感じさせられているのかもしれませんね。

実際、購入前のiPhoneヤバい位バッテリーの持ちも悪く電波障害もやたら多かった気がする。

スポンサーリンク



iPhoneXのフェイスID

フェイスIDは、顔の3D情報を読み取ってiPhoneXをアンロックする、かなり近未来的な機能です。

タダ、このフェイスIDは、皆の顔の情報を手に入れようとして、皆の個人情報を管理しようとしているのかもしれないのです。

ある企業が政府にiPhone乗っ取れる、ソフトウェアを売っていたと言う記事なんかも出回っています。

ソ連に亡命した、エドワード・スノーデンのNSAの話なんかと同じですね。

皆を監視しているという点では。

写真のアプリに人の顔を認識して、フォルダ別に管理されているのです。

そもそも、世界中に何個の監視カメラがあるかご存知ですか?

2014年の時点で、2億5千万個!もの監視カメラが世界中についているらしいのです。

いまいち多いのか少ないのか分かりませんが。

ただこれは、普通に買い物に出かけるとしたら75~300個もの監視カメラに写るらしいです。

ま、移動距離や地域によって差はありますが。

怖いですよね。

町中を歩いているだけで100個ものカメラに見られているのです。

しかも、最新の技術では監視カメラに顔認識機能なんかもついているので、

皆が何処で何をしているのか?完全に分かってしまうのです。

例えば、マックに良く行く人だったらiPhoneなどにマックのクーポンの広告が出てきたりするのです。

今でもAIが、検索した情報をもとに広告とを出してくるので不思議な出来事ではないですが・・・

iPhoneは会話も聞いている?

あるユーチューバーが試していたのですが、普通にiPhoneをスタンバイ状態でテーブルとか目の前に置いて、奥さんと一緒に「キャットフードが欲しいね!」と声を出してしゃべっていたんですね、そしたらなんと二日後にFacebookにキャットフードの広告が出て来たらしいいです。

勿論その方は、猫を飼っていないので猫に関する情報とかを検索したことも無いのに、普通に奥さんとしゃべっていたらキャットフードの広告が出て来たと言うのはおかしいです。ま、偶然かもしれませんが!

何気なくしている会話もiPhoneは全部盗み聞きしているのかもしれません。

勿論、フェイスIDに関してはその携帯のみの保存されていて、何処にも送られる事はないとアップルは言っていますが、そんなの建前に決まってますよね。

前の世代では、皆の指紋を入手し、今回は皆の顔の情報を入手しているのです。

恐ろしいですね。

便利な世の中になる反面、この様にプライバシーがどんどん無くなっているのは事実ですね。

テロ対策や、犯罪対策には必要なのかもしれませんが。

これが実際に良いのか悪いのか分からないですよね。

 

 

Related Post

スポンサーリンク