【寿命図鑑】この世に存命する陸上生物の中で最も長く生きている動物とは?

スポンサーリンク




生きとし生けるものは、いつしか必ず死が訪れます。

しかし、不思議な事に与えられた命の長さにはそれぞれ違いがあります。

今回は、この世に存在するあらゆる命の寿命をご紹介致します。

寿命図鑑

カゲロウの寿命

カゲロウの寿命は、幼虫の期間を入れると1年ほどです

しかし成虫は口が退化する為、餌を食べる事が出来ず繁殖の為だけに残された時間を費やします。

成虫になってしまうとわずか24時間しか生きる事が出来ません。

成虫は口が退化する為、餌を食べる事が出来ず繁殖の為だけに残された時間を費やします。

そして繁殖を終えると、その儚い一生を終えます

セミの寿命

成虫になると、7日間しか生きられないというセミ。

しかし、実際はもっと長く生きています。

7日間の命と言うのは飼育過程の話で、野外の場合は1か月から長くて2か月生きるセミもいます。

セミは幼虫期間が非常に長く、3年から種類によっては17年もあるので昆虫界の中では、

セミは短命ではなく長寿の部類に入ります。

蚊の寿命

家中を飛び回り、人を煩わしい思いにする蚊の寿命もおよそ1か月です。

蚊は長い針で人間を刺し血を吸いますが、実は血を吸うのはメスだけなのです。

蚊のメスは自分の栄養ではなく産卵の為だけに危険を冒しても動物の血を吸います。

ちなみに、地球で人間を最も殺している昆虫は蚊です。

世界では蚊による感染症で、毎年70万人もの人が亡くなっています。

人間の皮膚の寿命

私たちの身体を守ってくれている皮膚は日々細胞分裂を繰り返し、

およそ1か月で全て新たな皮膚に入れ替わります。

古くなった皮膚は、角質となってやが外に剥がれて落ちます。

皮膚を構成する細胞の数は、1兆3千億個といわれており、

全ての皮膚を広げると、およそ畳1枚分に相当し、重さは3kgになります。

人の体毛の寿命

人の細胞で特に寿命が短いのがまつげです。

個人差はありますが、まつげは大体3か月~5か月に1回のサイクルで完全に生え変わります。

髪の毛の場合、男性で約2年~5年、女性で約4年から5年で生え変わります。

ハツカネズミの寿命

身体の小さなネズミは哺乳類の中でと特に短命です。

中でもハツカネズミの寿命は短く飼育下でおよそ1年から2年ほどの命です。

野生の場合は外敵が多い為に更に寿命は短く平均約4か月程度の命と言われています。

牛の寿命

今や人間の食生活に欠かせない食材である牛肉。

牛肉は世界中で食され、数多くの肉牛が飼育されていますが、

実は牛の本来の寿命は、20年近くもあります。

しかし、食肉用に飼育された牛は、およそ2年半で出荷され、

その一生を終えます。

人間の骨の寿命

皮膚や体毛と同じく人間の骨も、一定のサイクルで新しい骨に入れかわっています。

人間の骨は、毎日新陳代謝を繰り返し絶えず新しい骨入れ替わっています。

年齢によって多少差はありますが、およそ3年で全身の骨が全く新しい物に作り替えられます。

古くなったお札は回収されて固形燃料やトイレットペーパーなどにリサイクルされます。

犬の寿命

犬の寿命は犬種によって異なりますが、平均して10年から15年ほどです。

犬の平均寿命は30年前と比べて、およそ2倍近くも伸びています。

そして、過去最も長く生きた犬は2016年に亡くなったオーストラリアン・ケルビー

の犬種でマギーです。

マギーはオーストラリアで農場を経営すルマクラーレンさんの元で育てられ、

なんと亡くなった時の年齢は30歳でした

これは、人間の年齢に換算すると164歳という驚くべき長寿犬です

猫の寿命

猫の平均寿命は、家猫と野良ネコでは差があります。

家で育てられた猫の平均寿命は、12歳から15歳ほどです。

一方、野良猫は病気やケガになりやすく平均寿命は約3年から5年ほどしかありません。

家猫のおよそ3分の1の寿命です。

そして、過去世界で最も長く生きた猫は、2005年に亡くなった

クリームパブという名前が付けられた猫です。

クリームパブが亡くなった時の年齢はなんと38歳

人間の168歳に相当する超長寿猫です

クリームパブは過去、世界で最も長く生きた猫としてギネス世界記録にも認定されています。

平安時代の日本人の平均寿命

平安時代の日本人の平均寿命は、男性が33歳、女性が27歳だったと推定されています。

これは、記録の残っている貴族だけの記録なので庶民の寿命は更に短いと考えられます。

寿命がこんなに短かった原因は、結核、皮膚病などの病気や栄養失調が原因だと考えられています。

更に、乳児死亡率が高かった為、平均寿命が短かったと考えられます。

当時は40歳を超えると既に老人扱いされたそうです。

スポンサーリンク



ゴリラの寿命

野生のゴリラの平均寿命は、およそ35年です。

チンパンジー、カバ、、サイの平均寿命は約45年です。

3位:ゾウの寿命

陸上で生きる哺乳類で人間に次いで長生きなのはゾウですゾウです。

ゾウの寿命は種類によって多少異なりますが、野生でおよそ70年と言われています

2位:日本人の寿命

日本人の平均寿命は、2017年時点で男性81歳、女性が87歳です。

そして、人類史上最も長生きをした人物は、1997年に亡くなった、

フランス人女性のジャンヌ・カルマンさんです。

ジャンヌさんが亡くなった時の年齢は、なんと122歳

確実な証拠がある中で120歳の大還暦を超えた史上唯一の人物です。

1位:カメの寿命

長寿の代名詞であるカメ。

その寿命は種類によって差がありますが、中でもゾウガメ類の寿命は長く、

100歳を超える個体も多い事で知られています。

現在、最高齢と見られているカメは、イギリスのセントヘルナ島に住む、

セーシェルセマルゾウガメのジョナサンです。

その年齢なんと186歳

ジョナサンが生まれたのは西暦1832年と推測されており、

これは、日本の江戸時代から生きている事になります

ジョナサンは、現時点で存命中の陸上動物の中で最も長く生きている動物です。

まとめ

やはり、予想通りカメが一番の長寿みたいですね。

江戸時代生まれとは凄すぎる!

しかし、人類はいずれ科学の進歩や医療の進歩により、

いずれ不老不死の身体を手にする事になるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク