【行方不明者捜索】突然人がいなくなる現象「神隠し」の謎に迫る!

スポンサーリンク




「神隠し」ある日突然人が消える現象。

日本では、昔から神域ある山や街中で人が突然消える現象が起きています。

そんな「神隠し」の謎に迫ります!

突然人がいなくなる現象「神隠し」の謎に迫る!

神隠し」とは、神域ある山で消える現象から神の仕業だと言われていました。

昔の日本は、交通網がしっかり整備されていなかったので山でいなくなる事も仕方なかった。

数日消息を絶った人もいれば、帰らぬ人となった人までいます。

中では、天狗や鬼の仕業としても考えられていたので「鬼隠し」や「天狗隠し」とも呼ばれていました。

ただ、この神隠し今も続いているのです。

現代では、神隠しと言うより、普通に行方不明事件として扱われています。

時代進むつれて神の仕業と言うよりは、現実的に事件として解釈されるようになった。

日本では、年間なんと8万人が行方不明になっています。

この数字が多いか少ないかは分かりませんが、皆さんはどう思いますか?

年齢別の行方不明者は、圧倒的に十代が多いです。

そして大体6対4で男性の方が多いのです。

小さい子供や知的障害の子供や産後の女性に多いと言われています。

とは言え行方不明者の90%以上はその後所在が確認されています。

なので本当に見つかっていない行方不明者の数は年間1000人程度という事になります。

普通に未解決の行方不明事件が年間日本で1000件あるという事になります。

原因は、迷子、家出、誘拐、拉致などです。

この拉致ですが、特定失踪者問題調査会リストというものがありまして、どことは言いませんがある国が拉致したと思われる行方不明者のリストがあるのです。

しかも、突然人が消えるという場所のルートも特定されていて同じような手口を使って行方不明になる事が多いらしいです。

つまり、赤い国ですね。

そして原因の中で一番多いのが疾病関係です。

解離性障害と言うものがあります。

ストレスなどで、突然記憶喪失になってしまい行方不明になってしまうケースが多いのです。

これは、年輩の方だけと思いきや、20代も普通にあり得るのでストレスの溜め過ぎは注意が必要です。

嘗ては「神隠し」と言われていた事は今では殆ど事件として扱われます。

誰も見ていない所で何かかしらが起きていた事件が多いのです。

未解決の行方不明の事件って関係者の方からしたら風化させたくないのでもっと発信されて欲しいのです。

未解決のままって流石にモヤモヤしますよね。

ただ、勿論解決済みの事件もあって驚きの物があるのですが、

1990年に9歳の少女が行方不明になって9年後に発見されたのです。

その発見された場所と言うのが28歳の引きこもりの男性が9歳の少女を部屋で監禁していたらしいです。

母親はただ、食べ物を届けていただけなので気づかず9年が経ってしまったのです。

なので、こんな感じに身近に起きているのかもしれません。

解決事件、未解決事件、全部合わせて日本だけで年間8万件。

多いのか少ないのかわかりませんが、世界全体ではどうなのでしょう。

なんと年間、子供だけで800万人が行方不明になっているのです。

これらすべて何らかの事件に巻き込まれたのか、人によってはちょっと考えにくいかもしれませんが、宇宙人の拉致説もあるらしいのです。

まさに世界の闇の一つですよね。

スポンサーリンク



行方不明者を捜索する方法

・人探しの特異な探偵事務所に依頼する。

実は探偵業者は行方不明の者を探すプロなのです。

人探しの依頼で、家出や失走者だけだと思うかもしれないのですが、実はそうではないのです。

家族だけでもなくて、友人がいきなりいなくなったから探してほしい、お金を貸した相手がいきなりいなくなったから探してほしい、幼馴染に会いたい、生き別れの兄弟に会いたいなど依頼内容は多岐にわたります。

探偵は長年の経験やノウハウを生かして地道だけど確実な方法で対象者を探し出し、依頼者と引き合わせをします。

そして最初に言っておかなければいけないのがストーカーする為の依頼や、DV被害で逃げた妻の居所を知りたいからという依頼内容、犯罪につながる依頼に関しては探偵事務所と言うのは絶対に引き受けてはくれません。

詳しい内容な探偵事務所の概要欄に載っていますので、そちらから確認して下さい。

まずは、警察に相談して下さい。

事件性がないのであれば正直動いてくれないのですが、届け出するのとしなしのでは全然安心感が違います。なので念の為に警察に届け出をしてから、探偵に依頼するようにして下さい。

その間に警察の方で保護してくれる可能性もありますので。

ただし、探偵事務所を頼む場合はそれなりに金額がかかってきますので良く考えて下さい。

平均的な人探しの料金

・1~3日間 10万~80万

・3~7日間 80万~150万

・7日間~ 150万~

いや~ほんと高額ですよね。

警察に見つけてもらうのが一番ですね。

しかし、自殺の可能性がある場合などは一刻を争うので探偵の方が断然良いでしょう。

 

スポンサーリンク