執行猶予付き判決と有罪判決の違い!また前科はどうなるの?

スポンサーリンク




犯罪を犯すと逮捕され裁判が行われます。
しかし、判決に執行猶予が何年懲役何年をいう判決を良く聞きますね。
執行猶予とはそもそも何なのか謎に迫ります。

執行猶予とは?

執行猶予とは刑事裁判で一定の刑罰を言い渡されたものの、

その刑罰が直ちには執行されない事、およびその制度の事を言います。

執行猶予が付いた有罪判決の事を「執行猶予付き判決」と呼びます。

これに対して執行猶予が付かない判決を有罪判決を「実刑判決」と言います。

実刑判決の場合

懲役3年の有罪判決が言い渡されたケースでは、判決に執行猶予がついていない為、判決が確定された後は直ちに刑務所に収監され懲役3年の刑罰を受けなければなりません。

執行猶予付き判決の場合

例えば懲役3年執行猶予5年の有罪判決を言い渡されたケースでは、この場合判決に執行猶予が付いている為、判決が確定しても直ちには刑務所に入る必要はありません。

執行猶予の期間中は社会の中で普通に生活をする事が出来ます。

また、執行猶予の期間が終わった後は懲役3年という懲罰刑が消滅する為、その後は刑務所に入る必要はなくなります。

執行猶予の取り消し

執行猶予期間中に執行猶予が取り消された場合、当初刑事裁判で言い渡された期間収監されます。

執行猶予が取り消される条件は、執行猶予期間中に犯罪など一定の悪い事をした場合です。

交通違反で罰金になっただけでも検察官の取り消し請求によって執行猶予が取り消される可能性があります。

執行猶予が取り消された場合は、前回の裁判の懲役と今回の裁判の懲役刑と合わせた期間、刑務所に収監されます。

例えば、前回の裁判で懲役3年執行猶予5年の有罪判決を言い渡され、その執行猶予期間中に再び犯罪を犯して次の裁判で懲役2年の有罪判決が言い渡された場合、前回の裁判で言い渡された懲役3年と今回の裁判で言い渡された2年の懲役刑、この二つを合わせた5年間刑務所に収監される事になります。

スポンサーリンク



執行猶予と前科

執行猶予付き判決の場合でも判決が確定すれば、前科が付くことになります。

前科とは、刑事裁判で有罪判決を受けたことの事実を言うからです。

執行猶予付き判決も有罪判決の一種である為、執行猶予付き判決を受けた被告人には前科が付いてしまいます。

執行猶予期間が満了しても、前科は消えません。

執行猶予と逮捕の関係

執行猶予になる条件は、事件の内容次第です。

事件の内容が悪質であれば初犯でも実刑判決になる可能性があります。

執行猶予期間中に逮捕された場合は、その後の刑事処分・刑事裁判次第で執行猶予が取り消される可能性があります。

その為、執行猶予期間中は逮捕される様な刑事事件を起こさない様に特に注意して行動しなければなりません。

スポンサーリンク