【挑発行為】韓国は日本をナメ過ぎ!安倍総理は今怒っている!

スポンサーリンク




安倍総理が今、怒っている!

安倍総理は、日韓議員連盟と韓日議員連盟の合同総会への祝辞を拒否!

今年で41回目となる総会の中で、異例中の異例の事態が・・・

日本政府関係者も韓国との関係が冷え込む中、「何もいう事はない!」と怒っている。

【挑発行為】韓国は日本をナメ過ぎ!

怒りの原因は、徴用工問題!

50年以上も前に、完全かつ最終的に解決と日韓両政府で決めたはずが・・・

韓国の最高裁判所は、日本企業に対し次々に賠償金の支払いを命令。

これに応じない場合は、日本企業の韓国国内の資産差し押さえまでをも示唆している。

今年起きた主な日韓関係

 

・10月5日 韓国の済州島で行われる国際観艦式への自衛隊の参加を取りやめると発表。

・10月22日 竹島問題で李燦烈(イ・チャンヨル)議員ら13名が竹島上陸

・10月30日 徴用工問題 新日鉄住金に対し韓国の最高裁が元徴用工4人に対し賠償金の命令判決。

・11月21日 慰安婦問題、韓国が元慰安婦らを支援する和解・癒し財団の解散決定。

安倍総理は今怒っている!

これには、安倍総理も・・・

今般の判決は国際法に照らしても・・・あり得ない!」と怒っている。

更に徴用工問題などの協議の為、韓国外交部長官が訪日を持ち掛けたのに対し、

河野外務大臣は・・・

きちんとした答えを持って来ない限り来日されても困る!」と突っぱねて見せた。

この河野外務大臣んお発言に、何故か韓国側も怒っているようだ!

外交関係を管轄する外務大臣として非外交的で不適切な発言」と一国のトップとしての姿勢を非難した。

そんな中、三菱重工業に対する韓国の徴用工の請求裁判で韓国司法はまたも、賠償金の支払いを命令する判決を下した。

今週の日本列島の様にますます冷え込む日韓関係。

このまま喧嘩別れとなってしまうのだろうか?

日本政府は、元徴用工との訴訟で最高裁が日本企業に命じた判決への対応を示せない文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談しても無意味だと判断。

戦略的に放置に徹したようです。

 

 

 

スポンサーリンク