衝撃告白【絶対見てはいけない】ヒューマンミートロッカーの謎に迫る!

スポンサーリンク




アンドロメダ星人とコンタクトを続けてきたアレックス・コリアー氏の証言。

衝撃的な内容に驚愕!その内容とは・・・・

ここに衝撃的なインタビューのやり取りを紹介しよう。

内容が過激なので、心臓の弱い方は閲覧に注意してください!

衝撃告白

I:彼らの文明がどんなものか彼らから聞きましたか?

A:はい。

I:彼らの文明のなかで最も衝撃を受けた事柄について詳しく教えてくれますか?

A:基本的に彼らがどこに居ようとたった一つの政府から成り立っている。

彼らの社会は大体4700年スピリチュアルのレベルで私たちよりも先へ行っている。

テクノロジーのレベルで言うと50000年進んでいる。

テクノロジーとスピリチュアルの間にはバランスが保たれていて、

彼らのテクノロジーはスピリチュアル面での進化の必要性に応じて発展するんだ。

だからテクノロジーは、彼らの身を守る為に発展する訳じゃない。

その事に使用される事はあるけれどね。

I:あなたはスピリチュアル面で彼らが4700年進んでいると言ったけど、どうやってそのスピリチュアルレベルでの進化を年数で計るのですか?

A:僕にはわからないよ。それが彼らが僕に表現し伝えたものだから。

彼らはそもそも時間という概念を使わないんだ。

彼らの世界にはそんなものはないんだ。

彼らは僕たちに配慮して僕たちが理解できるようにそういった年数を使って僕に伝えたんだ。

I:彼らは彼らの世界を彼ら自身の言葉でなんて呼んでいるんですか?

A:彼らは言葉を話さないよ。

すべてはシンボルで表現されて、種全体がテレパシーを使っている。

I:アンドロメダ人によるとアルファ・ドラコニアンが今地球にいるという事なんですが、一体どこに?

A:全部で1833人が地下に住んでいます。地表から160~320km下です。

彼らの中には相当昔から住んでいる者もいます。

彼らの寿命は何千年にもなります。

肉食で、人間にたいして非友好的です。

少なくともここにいる連中は。

I:肉食と言いましたが、人間も食べるんですか?

A:はい。

死んだ人間ではなく、殺して食べる時に生きていないと駄目なんです。

子供を好みます。

周りはこう言うのです。「それは話すべきじゃない」と。

他の人は「レプティリアンについては話すべきじゃないよ」って言ってますが、

I:ちょっとまって!なんでいけないですか?

A:アンドロメダ人によると、彼らが31712人の行方不明になっている子供に関与しているです。

過去25年の間ここアメリカ合衆国において。

この子供達は食べ物になっているんですよ。

他の人が聞きたくないからといって、その事に関しては何もしゃべるなと言うんですか?

それは惨いですよ。

むごすぎる。

ウェストチェスター郡(ニューヨーク州)では過去5年の間に3千人の子供が足跡を残さず消えているんです。

子供たちは何処へ行った。なんでこんな事を許しているんですか?

何で人々はこの事に対し拒否声明を述べないんですか?

I:彼らはどうやって地表から出来着て子供達をさらっているんですか?

A:地下のトンネルは至る所にありますし、グレイの協力もあります。

更に、軍上層部の人間も子供の誘拐に関与してます。

I:という事は、人間が子供を誘拐し、グレイを通じてレプティリアンの手に渡しているんですか?

A:そういう事です。

それが取引の一部なんです。

私たちが食事を与えない限り、彼らが地表に出てくる事はありません。

これが、人間が人間を売り飛ばしているという事なのです。

軍上層部は、彼らが必要な事は人間にとっても必要であると思っている節がありますが、それは単純に間違っている。

しかし、人間自身で立ち上がりはっきりと反対姿勢を示さないといけないのです。

テレビを消して、ワシントンDCへ行きそこにいるこの事を知っていて何もしない連中と戦わなければなりません。

そして行動を起こさないといけない。

この「無関心」を終わりにしないと私達の生活そのものが終わってしまうのです。

それが事の核心です。

僕は恐れを与えようとしているのではなく、その無関心に対して怒っているのです。

こういった事に関する講義をすると、人は僕たちに対して立ち上がって戦おうとしてくる。

周りを見て下さい。

事を示唆する物はそこら中にある。

事実は覆い隠され、偽りが当たり前。

「一体どうなってんだ?」ってなりますよ。

すいません、気を取り乱してしまって。

I:いいえ、フラストレーションを表現しているだけだと思いますよ。

スポンサーリンク



肉食であるという点を除いて、他にアルファ・ドラコニアン達が人間にとって危険である理由は何ですか?

A:彼らは・・・人間が嫌いなんですよ。

I:人間に対して何をしたがってるんでしょうか?

A:私達を食べる事です

それ程、私達は必要ないんです。

つまり、今の私達の文明社会を見てみてください。

彼らに必要な物は何もないんです。

彼らが必要なテクノロジーは既に持っているし、私達が彼らに提供できる事は少ないのです。

あっても彼らの為の労働力になるくらいですが。

私達全員は必要ないでしょう。

彼らは人間をまるっきり尊敬していません。

絶対見てはいけないヒューマンミートロッカー

人間を食べるレプティリアン。

アレックス・コリアー氏によれば、1994年の時点で、過去25年間の間に31712人の子供が犠牲になった。

それから24年が経過した。

ならば単純計算で約6万人の同胞が殺された事になる。

この事実を知った上で絶対に検索しても、見てもいけない動画。

それこそが「ヒューマン・ミート・ロッカー

【閲覧注意】


何かの映画のワンシーンなのか?

それならば問題ない。

それとも、レプティリアンの人間冷凍倉庫なのか?

もし、そうならば「人間の死体が映っている」として、

一刻も早く削除されなけらばならないし、と同時に

人類全体が高い政治レベルで、この映像を問題にしなけれなならない。

とにかく「ヒューマン・ミート・ロッカー」は、

心臓の弱い方には絶対に見てはいけない。

また、霊的に弱い方も絶対に見てはいけない。

最も狂った映像である事は間違いない。

この映像は果たして何なのか?

スポンサーリンク