【世界組織】イルミナティの内通者からの告発に驚愕!

スポンサーリンク




 

世界の裏側で全てを操っているイルミナティ。

そのイルミナティの元中心的メンバーが衝撃の告発に驚愕の事実が・・・。

【世界組織】イルミナティの内通者からの告発

HAARP

陰謀好きの皆さんはHAARPをご存知だと思いますが、

HAARPとは米軍と国防高等研究局、アラスカ大学などが1980年代から2000年頃まで共同で開発された気象研究プログラムです。

ご存知の通り、これは表向きの話。

実際は、気象兵器として今もなお稼働しています。

元メンバー曰く、HAARPは2007年にアメリカ南東部を襲ったハリケーン・カトリーナや、2010年のハイチ地震を起こしたとの事。

HAARPは、イルミナティの兵器というわけでなく、数ある裏組織で共同管理されていると言われています。

今は、太平洋の水中施設で管理されているとされている様です。

過去にイルミナティカードとして、未来に起こるであろう気象災害など予告してました。

この気象兵器があれば、予告通りに現実にするのも可能なのです。

本当に恐ろしい話ですね。

また、元メンバーの告発によると、1969年のNASAの月面着陸は初めてでは無かった事も唱えています。

元メンバーによると、NASAの月面着陸は事実であるとの事です。

しかし、人類で初めてではないようです。

1962年にソ連が初めて月面着陸を成功させているのだとか。

では、なぜソ連は公表しなかったのか?

それは、月面で見てはいけないものを見てしまったのでしょうか?

「エイリアンは我々に伝えられるイメージと違う」と元メンバーは発言しています。

初めて月面着陸を行い、一般市民に公開できる状態に環境を整えた後、NASAが人類初の月面着陸として公表したと考えられます。

ちなみに、月面にミサイル発射施設の建設が行われており、イルミナティがそのすべてを掌握していると言います。

核ミサイルが月からいつでも発射できるとの事です。

敗戦国の日本では、UFOの目撃情報などは全て米国にて管理されています。

というのも、宇宙時のテクノロジーを日本に渡さないのが目的です。

日本ではUFOは存在しない事になっているのです。

日本の宇宙防衛が発表されましたが、これはもしかしたら宇宙人の存在を米国が日本に公表し、対エイリアン対策に乗り出したのではないかと噂される。

それは、宇宙大戦争が間もなく始まる事を予知しているのではないか!

スポンサーリンク



デンバー国際空港

元メンバーが告発した中の一つに、世界439の土地にイルミナティの地下施設があると言われています。

アメリカ・コロラド州のデンバー国際空港の地下にはイルミナティの本部があると言われています。

これらの地下施設には、マリファナやコカインなど、ドラック市場の拠点になっていて、とあるアメリカの投資家や経済学者がイルミナティのドラッグ担当であるそうです。

イルミナティの資金源にドラッグがある事は間違いないようですね。

また、これらの地下施設は来るべき日に備えた核シェルターの役割も果たしているのです。

これは、人類滅亡計画の一環なのかもしれませんね。

高須クリニックの社長もイルミナティの会員ですよね。

これらの情報を暴露してくれると面白いのですが・・・

真相は闇の中です。

 

 

 

 

Related Post

スポンサーリンク