銀行凍結は死亡届を出したらいつ凍結されるのか?

スポンサーリンク




親などが亡くなったら自動的に銀行口座が凍結されるのか?

葬儀代などを親の預金から葬儀代に当てたいのですが、亡くなると銀行口座は即凍結されてしまうのか?

この様なお悩みをお持ちの方が多くいらっしゃると思います。

そんな悩みを解決すべく、銀行が凍結されるまでの流れについて説明いたします。

銀行凍結は死亡届を出したらいつ凍結されるのか?

これは、結論から言うと銀行がその方が亡くなったと知った時に止まります。

では、銀行ではどの様にしてその方が亡くなった事を知るのか?

一般的には、相続人、ご遺族の方が銀行に亡くなりましたよ報告をした時が一般的となります。

ただし、一部の金融機関では新聞の死亡欄や葬儀の看板などを見て止めるという金融機関もあるのも事実です。

結構勘違いされているのが、役所の方に死亡届を出したら自動的に銀行に連絡が行って止まると勘違いしている人が多くいます。

これは、実際には口座は止まる事はありません。

しかし今後、銀行口座とマイナンバーが紐づけされると言われていますので、これが本格的に活用される様になれば死亡届を出した時に銀行に連絡が行き自動的に止まると言う事も将来的にはあると思います。

今現在では、無いので安心してください。

ただし、窓口を使うと銀行から根ほり葉ほり聞かれます。

キャッシュカードがあれば、問題はありません。

葬儀代の為に必要でお金をおろす場合

お葬式の費用や香典返しの為にお金が必要になった時に、ご自身の手持ちのお金があればっそこから出せばなんの問題もありませんが、特にそういった事が場合やはり亡くなった故人の預金から出したい事もありますよね。

これは、銀行に聞くと絶対に出してもらえないのでこれはアウトです。

正し、これが法律上問題になるかというと個人的にはあまりお勧めはしません。

何故かと言うと、相続人同士でお金をおろせる立場の相続人と、お金に触れない相続人に分かれますよね。

一緒に住んでいて最後まで面倒を見ていた相続人と、嫁ぎ先にいる相続人がいると思いますが皆さんが納得されて、葬儀代に使うなど明確な用途がある場合は問題ないかと思いますが、基本的には相続財産とは預金も不動産も全て遺言書がない場合は、全部の財産が相続人全員の共有財産になります。

なので、1人の勝手な判断でお金をおろしてしまうと、後々揉める原因になるので注意が必要です。

スポンサーリンク



遺言書がある場合

私のケースでは遺言書があり、その中に葬儀代も含まれるという内容だったので銀行にきちんと死亡した事を話ました。

銀行から用意してくれと頼まれたのは、故人との関係が分かる書類、戸籍謄本と遺言書に死亡診断書と葬儀代の見積もり書が必要でした。

銀行によっても同じ対応をしてくれるか分かりませんが・・・

普通に300万円はおろせました。

他に相続人はいましたが、全財産を私に渡すと書かれた遺言書の内容だったので簡単でした。

ちなみに、銀行で何百万も一度におろすと声を掛けられるので注意です。

1日50万~100万くらいで、3日間かけて300万円おろしました。

これでも、最終的には声をかけられて、上記の手続きをして納得してもらいました。

この後、銀行口座凍結となりました。

後日、家庭裁判所に遺言書を提出し相続人全てが集まり皆で遺言書を全員で確認しました。

筆跡鑑定などもありました。

財産と不動産がいくらあるのかも明確になるので、貰えない相続人は不満げでした。

貰いえない相続人と故人の仲が非常に悪かったのにも関わらず、お金の問題になると「私も貰う権利がある!」なんて言い出しますからね。

全く音信不通で、入院中も看病の一つもしてないにも関わらず。

ま、最終的には渋々少し財産を分け印鑑をもらいましたけどね。

凍結解除に必要な書類

凍結解除は、財産分与が家庭裁判所で終われば解除されます。

ちなみに、匿名で他の銀行に聞いたら死亡届を市に提出しても

銀行は分からないので凍結される事はないですよ!と教えてくれました。

他に相続人がいる場合は、遺産分与が終わるまでは皆で財産管理をして

葬儀代などに充てると後々揉めないで済むと思います。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク