車内の暖房効率を上げる方法と冬場の燃対策とは

スポンサーリンク




車のカーエアコンの暖房の仕組みや正しい使い方をご存知でしょうか?

車の暖房の仕組みを知らないまま使用していると暖房の効果は勿論、燃費までも悪化させる場合があります。

冬の車の燃費、暖房効率を上げる方法を紹介致します。

【AC不要】冬の車の燃費

AUTOで車の暖房を使うとACスイッチが勝手に入ってしまいます。

車にあるこのACスイッチとはAir Conditinerの略です。

要するにエアコンのスイッチです。

エアコンと言っても、普段私たちが家庭で使うエアコンを連想しますが、

実は車のACスイッチには、暖房機能はなく、冷たい空気を排出す冷却機能と、除湿機能しか搭載されていません。

車においては、暖房とエアコンは別物なのです。

ACスイッチは、冷房の際に使われるコンプレッサーを動かす為の物です。

このスイッチを押す事で、コンプレッサーを動かし冷却、除湿を行うのです。

では、ACスイッチを使うと燃費は悪くなるのか?

冷房をかけたいときは、ACスイッチをONにしなければ冷風が出てきません。

ACスイッチを入れるとコンプレッサーが作動し冷媒が冷やされ空気をそこに通す事で車内に冷たい空気を送り込んでいるのです。

このコンプレッサーを動かす為には、大きな電力が必要になります。

電力は、エンジンの動力によって生み出されます。

当然、エンジンが余分に動く為より多くのガソリンを使う事になるのです。

特に冷房をよく使う夏場の燃費は目に見えて悪くなります。

*電気自動車などの場合は別です。

暖房の場合の燃費

実は車の暖房は、エンジンを冷却する為に循環されている冷却水の熱を利用しています。

暖房用として新たな熱エネルギーを作っているのではなく捨て熱を利用しているのです。

なので燃費には言うまでもなく影響しません。

なのでACスイッチを入れなくても暖房を使用する事が出来ます。

夏場の使い方の影響でACスイッチを入れて暖房を使用している人はいないでしょうか?

車のエアコンの暖房機能は、送風によりその熱を送り込む働きと、温風の温度を調節する働きがあります。

燃費を気にして暖房をつけない!なんて方もいますが、暖房の場合燃費に影響はないので大丈夫です。

この様な仕組みを理解すれば、暖房だけを使いたいときはACスイッチをOFFにして送風、強弱の調節や温度調節を行うだけで大丈夫です。

もし、ACスイッチをONにしながら暖房を使うと、暖房をしながら余計な除湿機能を使う事になり無駄な燃料を使う事になります。

さらに車内の暖房効率も悪くなる為、悪循環です。

窓ガラスがくもってしまった場合などを除き使用は避けた方が良いでしょう。

事故防止為にも、窓ガラスがくもった場合はACスイッチを入れましょう。

それに、冬場でもACスイッチを全く使わないと、コンプレッサーの故障の原因になります。

ここまでの説明は、あくまでもガソリン車としての説明です。

電気自動車やハイブリットカーなどは事情が違います。

電気自動車の場合、暖房は電気を使うので航続距離が下がるので注意が必要です。

ハイブリッド車も暖房を使うと燃費が悪くなります。

熱を蓄えない為エンジンを使わないといけないからです。

スポンサーリンク



冬に燃費が悪化する理由

実際冬の時期など、エンジンの始動時はエンジンが暖まっていない為、エンジンが適正温度になるまでガソリンを燃やして回転数が上がります。

冬場にエンジンをかけても直ぐに車内が暖まらないのは、エンジンが暖まっていないからです。

なので、エンジン始動時は、暖房の使用が少なからず燃費に影響すると言えます。

また、冬場はフロントガラスの凍結などにより暖気運転をしなければなりません。

アイドリングだけでも燃料は使うので、その分燃費は悪くなります。

冬は、空気の密度が違うため、寒いと酸素の量が増えその分ガソリンも消費が増えます。

冬場のスタットレスタイヤは、夏用のタイヤに比べ摩擦抵抗が大きい為その分燃費が悪くなります。

以上の要素がある為、冬に燃費が悪くなるのは仕方がないのです。

それを踏まえたうえ、走行時の燃費の悪化を防ぐ事が重要になってくるのです。

正しい暖房効率の使い方

ACスイッチをOFFにしたうえでの効率的な暖房の使い方について。

エンジンが暖まってからの方法となります。

・送風を稼働かつ外気導入にする

車の暖房効果を高める方法として「外気導入」の活用があります。

ACスイッチをOFFにして外気導入にすれば、送風だけで温風が出ます。

外気導入にする事が重要で、そうする事によってエンジンからの熱を車内に送り込む事が出来ます。

更に温かい空気は下から上へと流れる習性を利用し、送風口の幹は下向きにする事で車内にくまなく温かい空気を循環させ、より効率よく暖める事が可能です。

たたし、ACスイッチをOFFにしていると、窓ガラスがくもりやすいので、たまにACスイッチを入れて下さい。

また、窓を開けて換気するだけでも車内の湿度を調節する事が出来ます。

眠気覚ましにも良いでしょう。

以上が冬場に燃費を良くする方法でした。

Related Post

スポンサーリンク