【働き方改革】4月から有給休暇の義務化に罰金も!

スポンサーリンク




皆さん、有給休暇は消化していますか?

有休休暇とは名ばかりで、いざ取ろうとしても気が引けてしまう。

病の時に唯一有休を使うなんて人も多いと思いますが。

4月より有給休暇が義務化になります。

有休をとらせない企業は罰則まであるとか・・・たして本当に自由な日に有休休暇を使えるようになるのでしょうか?

【働き方改革】4月から有給休暇の義務化

年次有給休暇を社員に年5日は必ず取らせる!

出来ない企業には罰金を科す。

これは、働き方改革関連法の成立に伴い、2019年4月1日から「有休休暇の義務化」のルールが全ての企業に適用される事になります。

この法案には、中小企業や人手不足の会社からは職場が回らなくなると言った批判もある。

しかし、有給の取得は働き手の当然の権利です。

ルールをきちんと知った上で、あなたも堂々と休みを取りましょう。

ですが義務化がスタートする4月目前にしてなお、まだ理解が進んでいないのが現状です。

正直、この制度が本当に守られるのか疑問です。

社員が有休を申請しなければ有休取得を会社が「お願い」を義務になります。

会社員でもバイトでも雇われて働いている人はこの機会に知っておいて損はないです。

有休休暇のルール

有休のルールは労働基準法で定められている。

なので会社側が働き手にとって不利なルールを勝手に設ける事は出来ません。

同じ会社に6か月以上続けて勤務し、全労働日数の8割以上出勤すると、年に10日間の有休を取る権利を得ます。

その後は、勤続年数が増えるにつれ有休の日数も増えていく。

アルバイトやパートの場合、所定の労働時間、日数の短さに応じて割り引かれた日数の有休の権利を得る事が出来ます。

ですから、基本的には休みたい日を申請すれば希望に応じて有休を取る事が出来ます。

これは、基本原則です。

例外として、会社にとってどうしても都合が悪い時に申請があった場合、社員に有休取得の時期をずらしてもらう事が出来ます。

もちろん、いつまでもこの理由で有休をとらせないと言うのは今でも違法なのです。

しかし、厚生労働省の調査によると、日本の有休取得率は長らく50%前後になっています。

そりゃそうですよね!有休をきちんと消化する労働者の評価は下がる傾向にあるからです。

昇進に響くし、現に有休をとりずらい雰囲気がありますからね。

スポンサーリンク



2019年4月からの有休義務化によって何が変わるのか?

年に10日以上の有休が与えられている社員について、5日は必ず取らせるように会社に義務付けるというのが新ルール。

今までは、社員の方から申請をしてこなければ、会社側は無理に有休をとらせる必要はなかった。

しかし、4月以降は社員が社員から有給の申請が無い場合でも、会社の方から「有休をこの日にとって下さい」とお願いしなければならない。

その場合でも、いつ有休をとってもらうか「社員の意見を聴いて尊重しなければならない」とされています。

ですが、中小企業の4社に1社は新ルールを知らないが現状。

厚生労働省の2018年の就労条件総合調査によると、パートを除く正社員は平均で18.2日の権利があるにも関わらず、実際に取得したのはその51.1%にあたる9.3日しかありません。

有休日数と取得率は会社の規模が小さい程低くなる傾向があります。

ま、下請けは大手企業が休んでいても働かなくては仕事がもらえなくなるので当然と言えば当然ですよね。

ただでさえ人手不足なので、人が休んだだけでも仕事が回らなくなるなんて事はざらにありますからね。

社員が有休を取る事が前提にすらなっていないのです。

日本商工会議所が2019年1月までにまとめた全国の中小企業2881社を対象に調査したところ、有給義務化について対応済みか対応のめどがついていると答えた会社はわずか44%にとどまった。

そもそも法改正の内容を知らないと答えた企業は、24.3%にのぼった。

義務化がスタートした後、もし違法状態が放置されれば、社員は本来取れる有休を取れていないし、労基にバレて会社はペナルティを課せられる恐れがある。

まとめ

本来は好きな時に休める有給だが、現状を踏まえれば、「計画年休」を導入するのも良いでしょう。

これは、繁忙期をずらして比較的暇な時期に計画して有休を割り当てる事で会社も社員も気兼ねなく有休を取れる。

本来は好きな時に休めるのが有休だが、現状を踏まえれば初めの一歩としては悪くないと言える。

義務化されるのは年たったの5日。

それくらいはせめてきちんとルールを守ってもらいたい。

また、それをしない企業は今後生き残れないだろう。

しかし、本当にこの制度が機能するのかは始まってみないと分からないだろう。

やはり、休みずらい雰囲気が職場や会社全体にあるままでは成功しないだろう。

また、会社があえてこの制度を知らないふりをしてやり過ごすのか、誰かに言われるまで黙っているのかいささか疑問が残る。

働き方改革も良いが、大体最初にこの制度をきちんと出来るのは大手だけだろう。

いつの時代も弱い立場の会社は、これが出来ないのが現状と言える。

さっそく、明日会社に有休の義務化の件を上司に聞いてみよう。

たぶん、「そんなのあるの?」なんて答えが返ってくるのが落ちだろう!

 

 

スポンサーリンク