宿題ロボットがネットで話題に!手頃な値段で買えるロボットの実力とは?

スポンサーリンク




子供にとっての悩みの一つに夏休みや冬休みの宿題の多さがあります。

しかし、現在その面倒な宿題をロボットが代わりにやってくれる時代になりました。

ネットで騒がれている「宿題ロボット」の実力とは?

宿題ロボットがネットで話題に!

子供たちにとって最も苦しい事は、何と言っても宿題。

夏休みや、冬休みに出された膨大な量の宿題を完成される為、

中国のある女子中学生がお年玉で、「宿題ロボット」を購入し

宿題を書かせました。

この事が中国では話題になりましたが、中国の教育体制に

対する批判の声も上がっています。

黒竜江省の趙さんは、中学3年生の娘に、2月24日までに、

冬休みの宿題を終わらせる様に求めました。

2月13日、娘はわずか二日間で国語の大量の書き写しを

完成させました。

誤字もなくきれいな字で書いているので、趙さんも

ほっとしました。

しかし、娘の部屋を掃除していた時、見た事の無い機会を

発見しました。

説明書には、この機械は各種に筆跡を模倣して指定した内容

を書き写す事が出来ると書いてあるのです。

娘に問い詰めたと書いてころ、お年玉から800元をだして

ネット通販でこの宿題ロボットを購入したと白状しました。

激怒した趙さんは、その場でロボットを叩き壊しました。

報道によると、中国のネット上ではこの種の字書きロボット

が数多く販売されています。

スポンサーリンク



手頃な値段で買えるロボットの実力とは?

価格は、400元から1200元など様々で、1分あたり40文字の

字が書けるとの事です。

あるネットショップのオーナーによると、旧暦新年の後、

字書きロボットに関する問い合わせは、小中学生からが

殆どで、問い合わせが最も多かったのは先生にバレない様に

筆跡の模倣が出来るかどうかの事だったそうです。

販売業者によると、字書きロボットは実は以前から

販売されていたが、殆ど知られる事がなかったそうです。

今回,メディアの報道によって一気に火が付き、

品切れ状態になっているとの事です。

一方、字書きロボットに対し否定的な意見も少なくありません。

あるネットユーザーは、素晴らしい発明だが、使い道が

間違っており、子供を害している。良心が痛まないのか?

と述べています。

今年大学を卒業する李さんも、この種の製品には賛同出来ない

と述べます。

理由は、ロボットで宿題を完成しても授業で習った内容が

全部理解できたとは限らない。

中学生の時期は多くの学科の勉強が必要だ。

数学と国語の宿題を交互に書くことで休息の代わりになる。

と述べています。

一方、中国の学校は宿題が多すぎて子供がこの種の、

ロボットを使ったとしても、どいうしようも無いとの声も聴かれます。

多くの親は、どうしょうもないと思っている。

学校で出された宿題が多すぎて、子供は宿題完成の為に

この種の機械を買う。

国の教育が詰め込みの教育なので、成績だけが重要視され

子供の生活品質は考慮してないのです。

中国では需要があるから、この種の製品が生み出されたのです。

手書きロボットの発明者は中国のこの種の教育市場を

狙っている。教師のプレッシャーも非常に重いのです。

特に中国の多くの教育内容は、子供に適さない内容

あるいは政治的な内容である為、子供も教師も興味がないのです。

たから単純に何度も繰り返すという方法を取る。

結果、保護者も子供がこの種の機械を使うのを

黙認するしかないのです。

一部の保護者は、中国では多くの教師が宿題のチェックを

しっかりしていないと指摘します。

子供が苦労して宿題を完成させも教師がまともに見てくれない

のならロボットを使う事に賛成すると言います。

一方、李さんはロボットを使う事は子供の成長に不利な

結果をもたらすと考えています。

目的達成の為には手段をあらばない人になってしまう。

中国では宿題が完成できないと数倍の懲罰を与えられる。

だから、子供達は貰ったお年玉で字書きロボットを買って

先生を騙すしかない。

結果的に子供は嘘つきに育つ。

李さんは,中国では共産党による洗脳教育は、幼児の

時から始まり、子供達は中国共産党が定めた

模範解答を目指して知識を学ぶ為、最終的には

ロボットになってしまうと私的します。

この様うな教育体制の下では子供は最終的に

良い成績が取れていても、実際の能力がない人に

なるかもししれない。自分の考えを持ち

イノベーションの意識を持つ事などは、教育の過程で

制圧されて失われてi行くのです。

あるネットユーザーは、、教育は生徒をロボットに養成

しようとしている。生徒がロボットを使って教師に

対処する事で時間の節約が出来、その節約した時間を

思考能力を培い、想像力を高める事に費やすのも

悪くないかもしれないと示していま。

しかし、本当にそうなのでしょうか?

いわゆる想像力を高める為に、中国人は今一体どこへ

向かっているのか一向に値する課題かもしれません。

 

スポンサーリンク