【エドワード・ティーチ】黒ひげ海賊と隠された財宝ワンピースの謎に迫る!

スポンサーリンク




ワンピースに出て来る、あの海賊のモデルとなったと言われている、過去に実在した最強最悪の海賊達とは?

実在した最悪の海賊「黒ひげ」エドワード・ティーチ

エドワード・ティーチ

海賊の黄金時代と言われている1700年に

カリブ海を荒らしまわった伝説の海賊。

そう、ワンピースに出て来る黒ひげ海賊団の船長。

身体中にナイフや銃を複数身に着け髭を生やした男。

世界的に黒ひげの愛称で広く知られている彼は、

髪の毛と見間違うほど、長いひげを生やしていた。

その髭の毛先に導火線を括り付けて煙を上げるという

異様な行動をしていた為、黒ひげと呼ばれる様になった。

彼はもともとジャマイカを拠点に活動していた海賊。

ベンジャミン・ホニーゴールドの部下として活躍し、

ホニーゴールドの引退を受けのちに、

自身の海賊船となる船の船長を任された。

1716年から1718年の間、黒ひげエドワード・ティーチは

40門の大砲を積んだ海賊船「クイーン・アンズ・リベンジ

「クイーン・アンズ・リベンジ」の画像検索結果

の船長としてカリブ海周辺の島々や商船を襲っては、

酒や食料などを奪い蛮行の限りを尽くしていた。

その際、少しでも抵抗する者には、見せしめとして

容赦なく殺害した。

しかし、おとなしく指示に従った者に対しては、

一切危害を加えずに解放していたという。

そうした至る所で略奪行為をしていた

スポンサーリンク



黒ひげ海賊と隠された財宝ワンピースの謎

エドワード・ティーチ海賊団は、

バハマ諸島に拠点を2ヵ所構える程

大きくなりました。

ですがその頃、海賊たちによる犯罪が激化

した事が原因で世界的に海賊を退治する

動きが強くなり、黒ひげもその対象になってしまいます。

黒ひげは、ノースカロナイナ州のオラコーク湾で、

イギリスの軍艦パールと死闘を繰り広げ

重傷を負うながらも破壊の限りを尽くしていました。

しかし、最後はパールの艦長によって

首を切り落とされ、海賊としての生涯に幕を閉じた。

その後、大海賊の首を取った事でますます力を

付けた海軍は、その後も多くの海賊達を破滅に追い込み

遂にはカリブ海から海賊という存在が一掃されてしまいます。

結果として、黒ひげの死は「海賊の黄金時代」を

終焉に導く引き金となってしまったのです。

ちなみに黒ひげは自分の死を悟っていたのか、

イギリス海軍との戦いの前に自身が所有している

財宝をカリブ海のどこかに隠したそうです。

漫画ワンピースでは、実在の多くの実話を取り入れている。

そう考えると、白髭が最後に放った言葉、

ワンピースは実在する」は本当の話しなのかもしれません。

未だに黒ひげが隠した財宝がこの広い海のどこかで眠っているのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク