【バタフライエフェクトとは?】人生の価値観を変えたバタフライ効果の謎に迫る!

スポンサーリンク




人生を変えるかもしれないバタフライエフェクトという現象を紹介致します。

些細な出来事があなたの人生を劇的に変える!

バタフライエフェクトとは?

1960年に気象学者のエドワード・ローレンツが最初に探したものなのですが、

わずかな変化や原因が後々連鎖反応を起こして大きな結果や状態を生み出す事を言います。

「バタフライエフェクト 英語」の画像検索結果

良く使われる表現が、ブラジルの1匹の蝶の羽ばたきはテキサスで竜巻を引き起こすか?に由来すると考えられている。

極小さな変化が連鎖反応を起こして、予想もできない様な結果を生み出す事です。

元々は天気を予想する為に使われていた言葉です。

計算モデルから将来の状態を予測しようとしても、

短期間の内ならばある程度の精度で予測可能でも長期間後の状態の予測は近似的にも不可能となる。

このような性質は長期予測不能性予測不可能性などとも呼ばれる。

このような初期値鋭敏性の帰結である長期予測不能性の存在も、バタフライ効果が意味するものです。

スポンサーリンク



人生の価値観を変えたバタフライ効果

ある少年がウィーンで画家を目指して、

景色の水彩画を描いていそれを売っていました。

彼は1907年に美術学校を受験しましたが、

残念ながら不合格でした。

その翌年も、同じ美術学校を受験しましたが、

残念ながら不合格でした。

彼はその後、貧困なスラムで過ごすのですが、

その後、彼は軍隊に入り第一次世界大戦を経験し、

ユダヤ人を大虐殺した独裁者になってしまいました。

そう、アドルフ・ヒトラーの話です。

もし彼が、幼少期に美術学校に入る事が出来ていたら、

もしかしたら、あのホロコースト自体も起きなかったかもしれません。

そうしたら何百万人もの命が奪われずに済んだかもしれません。

そう考えると、完璧に未来が変わっていたと思います。

この様に、美術学校に入れなかったという小さな変化が

連鎖反応を起こして、何百万人もの大量虐殺を起こすと

いう大きな結果を引き起こしました。

もう一つ小さな変化が世界を大きく変えた話をします。

ジョン・F・ケネディの話なのですが、

彼は幼少期から身体が非常に弱く、背骨に障害を抱えていました。

彼は、大学に入ってフットボールをしていたのでが、

そこで大怪我をしてしまいます。

その時、腰痛が悪化してしまったらしいです。

その影響で、ケネディは背中にコルセットを付けて生活していたのですが、あの暗殺された日にもしコルセットをしていなかったら、彼は助かっていたのかもしれないのです。

彼は合計2発の銃弾に打たれましたが、1発目が肩に当たって本当だったらその時点で撃たれた衝撃で身体が前屈して倒れてしまうはずなのですが、なんとコルセットを付けていたせいで身体が直立したままになって、あの致命的な2発目を頭部に受けてしまいました。

これは実際に専門家も言っていて1発目の肩に当たった銃弾は致命傷ではなかったので、もしコルセットを付けていなければ身体が倒れて、あの2発目の銃弾を受けずに済み、彼は助かっていたのかもしれない。

ジョン・F・ケネディは宇宙人を公表しようとしたから殺されたと都市伝説では言われています。

なので、もし彼が暗殺されていなければ未来は変わっていたのかもしれません。

もし彼が大学時代にフットボールをしていなければ、コルセットを付ける事もなかったかもしれない。

そうしたらあの時、命は落とさずに済んだのかもしれない。

この様に世の中は、複雑すぎて未来の事を予測する事は出来ないのですが、考え方を変えるればアドバンテージとして使える事も出来るのです。

些細な事が大きな変化にかわるバタフライエフェクト

これらの事を日常的に意識する事が大切です。

小さい事でも世の中に大きな価値を与える事に気づけると、日常に転がっている小さなチャンスもつかめる様になります。

日々をもっと意識的に行動してみよう。

そうしたら、あなたの人生も全く変わったものになるでしょう。

 

 

スポンサーリンク