トンネルからどの様にして都市伝説が生まれるのか解き明かしていく

スポンサーリンク




トンネルは怪談話を特集する雑誌やインターネットで最も恐ろしい場所として取り上げられる。

現在、日本全国60ヶ所以上のトンネルで恐ろしい怪奇現象の噂が絶えない。

それぞれのトンネルにまつわる因縁話と共に語られている。

東京都西部のFトンネル

夜な夜な現れるのは「白い服を着た少女」の霊。

これはトンネル近くで起きた殺人事件の被害者で、目撃した人には不幸が襲うという。

原因不明の事故が多発すると噂の、群馬県東部のSトンネルに現れるのは、

落武者」の亡霊。

このトンネルは古戦場近くにある討ち死にした武士たちの怨霊が事故を引き起こしているという。

東京都、墓地の下を通ると言われるトンネルでは、「車を追いかけてくる老婆」の怨霊。

神奈川県の小坪トンネル

関連画像

ここは人気タレントや日本を代表する作家も関わった有名な場所。

60年以上様々な怪奇現象に変化し語られ続けている場所。

今回はここを例に・・・・

どの様にして都市伝説が生まれるのか?

まずは現在語られているこのトンネルの恐怖は次の様な衝撃的な話である。

夜トンネルにやって来た若者たち。

トンネルに入ってしばらくすると、突然車が停車。

フロントガラスに血の塊が・・・

更に車めがけて屋根に「バラバラ死体」が落ちてくるのだ。

余りに現実離れした都市伝説。

しかし実は、この話に似た事件を実際に体験したという証言があるのだ。

今から40程前、ある女性タレントが次の様な恐怖体験を雑誌やテレビで語り話題となった。

昭和50年、この女性タレントはトンネルに幽霊が出ると噂話を聞いて

霧雨の夜、仲間と肝試しに訪れた。

突然・・・・

フロントガラスに「青白い手のひら」が浮かびあがった。

「小坪トンネル 心霊」の画像検索結果

さらに、車の屋根に何かが落ちてきた衝撃。

この体験談に尾ひれがついて、バラバラ死体が降って来たと言う、

現在の話になったと考えられる。

その元々の幽霊話に関わっていたのが、

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」

ノーベル文学賞作家、文豪:川端康成である。

昭和28年に発表された短編小説「無言

川端が地元のトンネルにまつわる噂話を小説に反映させたという。

「トンネルの手前に火葬場があって、近頃は幽霊が出るという噂もある。

夜中に火葬場の下を通る車に若い女の幽霊が乗ってくると言うのだ」

そして実際に夜、主人公がタクシーに乗りトンネルを超えると、

幽霊の女性が後部座席の客の隣居に目撃されるという。

スポンサーリンク



都市伝説が生まれるのか解き明かしていく

車には座席があり、空の座席というものに霊が乗り込んでくるという

考え方が日本には古くからある。

お盆の供え物の精霊馬も「空の馬にご先祖様の霊がが乗る」

その様な考えから空の座席には霊がいる様に思うのであある。

タクシー幽霊の都市伝説は、日本に自動車が普及し始めた

昭和初期から、全国的に語られる様になったと言われる。

タクシー幽霊と現在のトンネルのグロテスク怪談。

そこにはどの様な繋がりがあるのだろうか?

ここで噂されて語られている怪奇現象の話は3つ

・最初は昭和20年代、川端康成も描いたタクシーに乗り込む女の幽霊。

・昭和50年、幽霊話を確かめようとトンネルに訪れ謎の落下物に襲われた女性タレントの証言。

・その話に尾ひれがついてバラバラ死体が落ちてくるという現在の話。

しかし、疑問は残る。

いつの間にか車の中に現れる危害を加えずに消える幽霊話が、

車の外から何者かが物理的に襲うグロテスクな物語に変化している。

一体なぜだろうか?

この謎に挑むのが、作家の広朋信さん。

20年以上に渡りミステリースポットの現場検証を行い

解明し続けてきた怪奇現象探偵だ。

広阪さんはこのトンネルに関する恐怖話の変化は

実はトンネル自体が変化した事に関係していると指摘する。

川端康成が小説で取り上げた昭和20年代、

現場周辺には2本のトンネルがあり、タクシーの幽霊の噂話は

火葬場近くのトンネルが舞台だと思われる。

ところが昭和41年2つのトンネルの間を繋ぐ新たなトンネルが開通。

連続する3つのトンネルが直接結ばれた。

その後、女性タレントが謎の落下物に襲われるケースが発生。

その謎を解くヒントは2本目と3本目のトンネルにあると広阪さんは推測する。

タレントさんの体験というのは、雨の夜だったそうです。

雨の日になれば、トンネル入り口に生えた草を伝わって

泥水などが下に垂れることも十分考えられてくる。

3本目のトンネルの入り口はかなり古いトンネルで明治時代に出来た物。

レンガ作りの為、レンガが落ちた後が残っている。

現場を夜、実際に走ってみると、1本目のトンネルと2本目のトンネルのつなぎ目、

昼間は明るいつなぎ目部分も夜になるとトンネル内と区別がつきにくい。

特に開通当初は、トンネルの照明も少なく暗い1つのトンネルが

永遠続いたとしても不思議ではない。

霧雨の夜、トンネルを走る車。

1本目と2本目の間で、水滴か油が落下。

手のひら状に広がった。

しかしそれが、トンネルの外だと気づかず驚いたまま2本目のトンネルを通過。

そして3本目の入り口でもトンネル内だと思っているところに

レンガなどが落ちて来たとしたら、その驚きは並み大抵のものではない。

このトンネルに落ちてくるものの恐怖を語ったのが、

実は当時の若いタレントさんだったというのが影響がでかい。

また、その頃のテレビのタレントさんの発言は影響力が大きい時代。

新しいトンネルによって新しい怪談が生まれ、

テレビによって更に普及していく。

そうした歴史的条件、社会的条件の変化が

トンネルの怪談を変えて来たのだろうと思います。

現在全国各地のトンネルで噂となっている都市伝説。

トンネルに車で乗り付ける若者を標的に

過激で攻撃的な恐怖が語り継がれている。

都市伝説は変わる。

しかし、人がトンネルを恐れる気持ちは永遠に変わる事はない!

 

 

スポンサーリンク